| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キング、伝説のデモテープ

 唄のうまさは、声量や何オクターブの声域、音程の正確さといった類のもので計るものじゃないと、ぼくは思っている。
 よく「私はこんなに声がでるのよ。私の上手な唄を聴いて」と得意げに歌い上げる歌手がいるけれど、その手の歌声に心が震えることは、ほとんどない。むしろ、少し頼りなげで、揺れる動く気持ちを表現できる歌声に魅力を感じる。

 数年前、大阪で観たキャロル・キングのコンサートは、今でも鮮明に覚えている。
 ホールに彼女の声とピアノの音が響いた瞬間に涙がこぼれてきた。あれほどまでに、ぼくの心を強く揺さぶった声は、これまで聴いたことがなかった。

 最近のキャロル・キングの声は昔に比べると、少しかすれやすい。ギターでいえば、クランチ気味の声になることも多いのだが、それが彼女の魅惑のトーンでもある。そして、クランチ気味の声を巧みにコントロールしながら唄う姿は、まさにプロフェッショナルだった。
 声量や声域、音程とは別の次元にキャロル・キングの唄のうまさはあるのだ。

 そんなキャロル・キングのデモテープ音源がリリースされた。

B007EM6FTWLegendary Demos
Carole King
Hear Music 2012-04-24

by G-Tools

 ファンの方なら知っていると思うが、彼女はシンガーとしてデビューする前に、ゴーフィ&キングの名義でソングライターとして多くのヒット曲を書いてきた。
 そして、その曲を売るため、著作権登録するために、多くのデモテープを作った。そのデモテープの出来があまりに良いので、業界の人々に密かに愛聴されていたというのは、今では伝説に類する話になっている。
 その伝説のデモテープを収めたアルバムが、これだ。

 1961年から1970年に録音されたというデモ音源の音質は、お世辞にも良いとはいえない。しかし、若々しい彼女のすっぴんの歌声には、やはり心を揺さぶられた。

 そして、13曲ありデモ音源の中で、ぼくが一番驚いたのが「It's Too Late」の素晴らしさだ。
 シンプルなアレンジの「It's Too Late」は「タペストリー」に収録されているバージョンよりも、この曲が本来持っている凛とした別れの場面に漂う瑞々しい切なさが感じられて、あまりに美しい。



 上に挿入した最近のジェームス・ティラーとのライブの「It's Too Late」も好きだが、本来この曲は彼女のピアノだけでしっとりと唄われるべきなのかもしれない。

 デモ音源ということもあり、すべての人におすすめできるアルバムではないけれど、キャロル・キングの歌声を聴き続けてきた人ほど、このアルバムの良さが分かるのではないかだろうか。
スポンサーサイト

| キャロル・キング | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キングのニューアルバム「Holiday Carole」

 キャロル・キングのニューアルバムが、先ごろリリースされた。タイトルは「Holiday Carole」。

B005DJ62M8Holiday Carole
Carole King
Hear Music 2011-11-01

by G-Tools

 前のスタジオ・アルバムが「Love Makes the World」だったので、ライブ・アルバムを除けば、約10年ぶりの彼女の新作となる。

B00005O56VLove Makes the World
Carole King
Koch Records 2002-03-12

by G-Tools

 「Love Makes the World」はキャロル・キングの魅力を再認識させてくれた名盤だっただけに、ここは新たな名曲に期待したいところだが、タイトルからも分かるように「Holiday Carole」はクリスマス・アルバムだ。

キャロル・キングのインタビューを含む「Holiday Carole」の製作風景

アルバムのラスト・ソング「New Years Day」

 このアルバム、彼女の公式サイトでも「Holiday Carole」となっているが、日本版はなぜか「クリスマス・キャロル」というそのまんまなタイトル。中身は一緒なので「ホリディ・キャロルじゃ売りにくい」ってことなのなかもしれない。

 全12曲のうち、8曲がスタンダードなクリスマス・ソング、3曲が娘のルイーズ・ゴーフィンが共作で書いたもの。そして、1曲目の「My Favorite Things」が映画「サウンド・オブ・ミュージック」の中の挿入歌 となっている。
 ただし、ルイーズ・ゴーフィンの書いた曲もキャロル・キングとの共作ではないので、残念ながら今回のアルバムに彼女のオリジナルは1曲も入ってはいない。

 でも、決して退屈なアルバムではなく、彼女の唄うクリスマス・ソングの数々は、ぼくをとても幸せな気分にさせてくれる。
 「Holiday Carole」は石油ストーブや電気ストーブではなく、体の芯まで熱の届く薪ストーブの柔らかな暖かさを感じるアルバムである。

| キャロル・キング | 15:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の収穫-CD編

 一昨日から大掃除をしている。ここ数年、年またぎの仕事を抱えていたので、まともに大掃除をやらなかった。しかし、今年は幸か不幸かそのような仕事もなく、久しぶりに気合を入れて、ほこりを払い、雑巾がけをした。

 ついでに、乱雑に積み重ねたり、テキトーに並べたりしていたCDも整理した。すると、まだ聴いていないCDが何枚も出てきた。しかも、自分で買ったことを忘れていたCDもある。
 それらはブックオフの割引コーナーで「これ、安い!」とまとめ買いしたものだったが、ホントは音楽に値段など関係ないはず。来年はCDがほこりをかぶらないようにしたいものだ。

 そんな反省をしつつ、今年の1枚を選んでてみた。
 ぼくの場合、今年のベストワンはキャロル・キングとジェイムス・テイラーのライブ・アルバム「トルバドール・リユニオン」になるだろうか。

B003AL7PJUトルバドール・リユニオン(DVD付)
キャロル・キング&ジェイムス・テイラー
ユニバーサルクラシック 2010-05-19

by G-Tools

 2人が久しぶりに再会したライブ。しかも、場所がLAの小さなライブ・ハウス「トルバドール」で、バックを固めるのがダニー・コーチマー、リーランド・スカラー、ラス・カンケルとくれば、ぼくにとっては聴く前から名盤決定である。
 ちなみに、イーグルスの「The Sad Cafe」は「トルバドール」周辺のことを唄っているらしい。彼らはリンダ・ロンシュタットのバック・バンドをつとめていた頃、このライブ・ハウスのステージでプレイしていたそうだ。

 肝心の中身は「素晴らしい」の一言。
 キャロル・キングとジェイムス・テイラー、そしてバックのメンバーもしっかりと歳をとってしまったけれど「音楽はいとも簡単に時間を越える」ことを感じさせてくれる。
 ライブの様子を収めたDVDからも、小さな会場に満たされていく幸福感が伝わってくるようだ。

 今年最後の一曲はそんな2人の「トルバドール」での「Up On the Roof」

 映像のサイズが大きくて、ブログには埋め込めないけれど、1年を締め括るのにふさわしい名曲、名演だと思う。
 ぼくはこの曲を聴くたびに、胸の奥がキュンとするし、何か勇気づけられたような気分になる。

 最後になりましたが、今年も「BEATな日々」におつきあいいただまして、ありがとうございました。
 それでは、よいお年を!

| キャロル・キング | 17:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来春、キャロル・キングが再来日、しかも!

 ちょっと前、不意打ち的にリリースされたボブ・ディランのクリスマス・アルバムについて書いたけれど、今回はさらに不意をつかれた。来年の4月、キャロル・キングが再来日して、コンサートをすることが決まっていたのだ。
 去年に2年連続で来日したから、もうしばらくは見られないだろうと思い込んでいただけに、これには驚いた。

 しかも、ジェームス・テイラーとのジョイント!
 さらに、バックのメンバーもギターにダニー・コーチマー、ドラムスがラス・カンケル、そしてベースにリーランド・スカラーと、あの頃の空気感をいとも簡単に再現しちゃいそうな顔ぶれが揃っている。

 招聘元はウドー、コンサートの詳細は発表済みで、既にインターネット先行予約が始まっている


 ジェームス・テイラーについては、いまさら書くまでもないけれど「Tapestry」など、キャロル・キングのアルバムに何度も参加。

B0000258CKTapestry
Carole King
Sony Japan 1998-12-31

by G-Tools

 ダニー・コーチマーとラス・カンケルもキャロル・キングの全盛期をバックで支えてきたメンバーだ。

 そんな4人の残したライブアルバムが「Carnegie Hall Concert: June 18, 1971」。

B0012GMXU6Carnegie Hall Concert: June 18, 1971
Carole King
Sony Japan 2008-02-01

by G-Tools

 キャロル・キングの声、バックのプレイともに最上級のライブだ。最後にサプライズ・ゲストとして登場するジェームス・テイラーも素晴らしい。
 
 ちなみに、ベースにリーランド・スカラーはどちらかというとジェームス・テイラーに近い人脈のプレイヤーだと思うが、キャロル・キングのアルバムでは「Thoroughbred」に参加している。

B0001N1OWEサラブレッド
キャロル・キング
Sony Music Direct 2004-05-19

by G-Tools

 このアルバム、なかなかムードのある一枚で、バックのプレイのまとまりも最高。あえていうなら、キャロル・キング自身の曲に地味なものが多いように感じるあたりが欠点かも。

 いずれにせよ、来年の春に武道館で「 You've Got a Friend」が本来の姿で再現されることになりそうだ。



 この曲が最大の見せ場になるのは見る前から分かっちゃいるけれど、実際に見たら震えちゃうだろうな。



 さらに、去年のライブで聴いて、涙ボロボロになってしまった「So Far Away」も、2人で唄われるはず。
 この頃に比べるとジェームス・テイラーの頭はずいぶんと寂しくなってしまったけれど、これも心に染みる曲になると思うなあ。
 さて、どうしよう、チケット代と飛行機代・・・・。

| キャロル・キング | 19:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キング、1973年のライブDVD

『つづれおり』ライヴ 1973 [DVD]『つづれおり』ライヴ 1973 [DVD]
キャロル・キング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 昨年末のステージで、ぼくをウルウルさせまくったキャロル・キングの新しいライブDVDが5月27日にリリースされる。
 新しいといっても、内容は1973年のモントルー(スイスにある都市でジャズ・フェスティバルで有名。ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」の歌詞にも登場するレマン湖畔のリゾート地)のライブを収録したDVDだ。

 来日をきっかけに再燃したキャロル・キングの人気に便乗して、発掘されたライブ・フィルムって感じがするけど、若い頃の彼女の映像はほとんどが見たことがないだけに、この手のものがリリースされることはファンとしてはうれしい限りである。

 今のところアマゾンのショッピングページに詳しい内容は掲載されていないが「bounce.com」をよると、収録曲は19曲らしい
 「Tapestry」から9曲、当時の最新アルバムだった「Fantasy」からも9曲。2枚のアルバムから以外の唯一の曲は「Up On The Roof」のみで、現在のライブで聴けるようなヒットパレード的な選曲ではないあたりが、逆に楽しみだ。

 しかし、いくら有名だからといって、何でもかんでも「つづれおり」って名前をタイトルに付けるってのは、どうなんだろう。単純に「ライブ・アット・モントルー・1973」でいいと思うんだけど。

 この機会に70年代のキャロル・キングの映像をいくつか紹介してみたい。

 まずは、ジェームス・ティラーがゲスト参加する「So Far Away」。キャロル・キングの横で椅子に腰をかかえてベースを弾いているのは、当時の夫でもあったチャーリー・ラーキーだ。



 おそらく「Tapestry」をリリースした直後と思われるが、なかなか貴重な映像ではないだろうか。

 もうひとつはジェームス・ティラーがメインの「You've Got a Friend」。



 キャロル・キングは後ろでしっかりとピアノを弾いているけれど、なぜかハモらないのが不思議。でも、ジェームス・ティラーの歌声の素晴らしさがよく伝わってくる映像だと思う。


 この先はキャロル・キングの話から脱線しちゃうけど、ジェームス・ティラーがらみで、もう1本。
 当時の妻だったカーリー・サイモンとデュエットする「Mockingbird」。



 シャウトするジェームス・ティラーも良いけれど、何といってもカーリー・サイモンが素晴らしい。裸足で一緒にステップを踏むところあたりは、ホントにかっこよくって、ロック界最高のおしどり夫婦(この後に離婚しちゃったけど)を感じさせますなあ。


 ぼくはカーリー・サイモンも好きだが、この人のアルバム・ジャケットには、ちょっとセクシーでステキなものが多い。

No SecretsNo Secrets
Carly Simon


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まず、デビューアルバムの「No Secrets」。ミック・ジャガーのコーラスで有名な「You're So Vain」が入っているアルバムで、小さい写真だとジャケットは何の変哲もないポートレートに見えるけれど、実はノーブラで、胸ポッチが・・・・。
 ジャケットの大きなレコードの時代、この写真のインパクトは大きかった。

Boys in the TreesBoys in the Trees
Carly Simon


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 もう一枚は、ぼくが高校生の頃にリリースされた「Boys in the Trees」。これも、大人の色香が漂うジャケットだったなあ。

| キャロル・キング | 16:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キング-ライブレポート、11月14日大阪厚生年金会館2

The Living Room TourThe Living Room Tour
Carole King


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今日は12月2日に書いたエントリーの続き。
 キャロル・キングのライブレポート後編、休憩明けの第二部についてです。

≫ 続きを読む

| キャロル・キング | 12:41 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キング-ライブレポート、11月14日大阪厚生年金会館1

ベスト・ヒッツ・ライヴ~ウェルカム・トゥ・マイ・リヴィング・ルームベスト・ヒッツ・ライヴ~ウェルカム・トゥ・マイ・リヴィング・ルーム
キャロル・キング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 大阪でのダブルメインイベントの二戦目。THE・WHOのライブの翌日に行われたキャロル・キングのライブレポートをどうぞ。
 ご迷惑かもしれませんが、今回も思い入れたっぷりの長文、前編と後編の2回です。

≫ 続きを読む

| キャロル・キング | 11:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キングの大阪公演のチケット

 ライブの日まであと2ヶ月ちょっとなのに、なぜか未だに発売されないキャロル・キングの大阪と神戸のチケット。
 東京、名古屋の分はすでに先行予約が始まり、一般発売も近いというのに、主催者と思われるキョードー大阪のHPでは、今日現在でも11月の公演カレンダーにキャロル・キングの名前すらない状態が続いている。

 さらに、ネットの情報だけでは心もとないと、近くにローソンで「月刊ローソンチケット」をもらってきたが、大阪と神戸のみ「決定次第、HP上で発表」となっていた。

 ぼくが行くつもりなのは大阪なので、ヤキモキしながら発表を待っていたのだが、ひょんなところからとある情報を知り、大阪公演のチケットを手に入れることができた。
 たまたま見つけた2ちゃんねるのキャロル・キングのスレッドに「チケットJCBなら、大阪、神戸も予約できる」という書き込みがあって「ほんまかいな」とチケットJCBのHPに行ってみると、ホントに先行予約が始まっていたのだ。

 なぜ、ここだけでいち早く大阪と神戸のチケットが買えるのかはよく分からないが、とにかくこれを利用しない手はない。早速、無料会員に登録(但し、その名前からも分かるようにJCBカードを持っていないと会員になれない)して、11月14日の大阪厚生年金会館分チケットを予約してみた。
 ちなみに、予約はHP上で完了し、チケットの受け取りはローソンのロッピー、または郵送。チケット代とは別に、ロッピーで受け取りの場合は300円、郵送の場合は600円の手数料がかかり、支払いにはJCBカードを使う。

 ぼくはローソンで受け取りを選択して予約後、すぐに近くのお店のロッピーへ行ってみた。
 タッチパネルで受付番号などを入力し、出てきたレシートのような紙をレジに持っていくとチケットが発券されるロッピーは何度か利用したことがある。でも、日本の北のはずれの小さな街に住んでいても、いとも簡単に全国各地のチケットを手に入れることができる事実には、いつも驚いてしまう。まったく、便利な世の中になったものだ。

 肝心の座席の方は、大阪厚生年金会館の座席表とチケットを照らし合わせてみると、1階の真ん中あたりの列で、位置は少し左寄り。おそらく、キャロル・キングのピアノはステージの左側に置かれるはずだし、大阪厚生年金会館の大きさを考えると、最高とはいえなくても、なかなかの良席だと思う。


 こうして、ぼくはチケットJCBでキャロル・キングの大阪公演のチケットを手に入れることができた。でも、最初にも書いたけれど、この方法のネックは無料会員になるためにJCBカードが必要なことだろう。
 たままた手持ちのカードの中にJCBカードがあったから良かったものの、なければ会員にもなれなかったし、今からカードの発行手続きをしても、手元にカードが来る頃には他のチケットサイトでの予約も始まっているかもしれない。また、東京公演の先行予約を受け付け中のローソンチケットやチケットぴあでも、大阪公演の予約が始まれば、そちらの方が良い席を押さえられる可能性だってある。

 ホントに悩ましい選択になるけれど、もしJCBカードを持っていて、とりあえずチケットを手に入れて安心したいのなら、チケットJCBを利用するのは悪くない方法だと思います。

(追記)これを書いた直後にネットを見ていたら、来年2月にジェフ・ベックの来日が決定したとのこと。
 2月6日の東京国際フォーラムから2月19日の大阪厚生年金会館まで全9公演。ありゃ、今回は札幌には来ないのね、残念・・・・。
 ネット上の先行予約は9月9日から。詳細はこちらのUDOのページで。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| キャロル・キング | 15:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1月の来日ラッシュ、キャロル・キングとWHO、さらに

 7月末から続いた慌しさにも、ようやく出口が見えてきた。
 と思ったら、お盆の過ぎた北海道では、早くも涼やかな秋風が吹き始めた。仕事、仕事と言っているうちに、夏が終わろうしているのだ、トホホ。

 でも、今年は11月の大阪行き、コンサート3連戦があるので、夏を捨ててしまってもあきらめはつく。キャロル・キングの大阪公演が13日にあるTHE・WHOのライブの後ろに見事にはまったのだ。
 キャロル・キングの日本ツアーの公演予定は下記の通り。

11月10日(月) Bunkamuraオーチャードホール
11月11日(火) Bunkamuraオーチャードホール

11月14日(金) 大阪厚生年金会館
11月15日(土) 大阪厚生年金会館

11月17日(月) 名古屋国際会議場センチュリーホール

11月21日(金) 東京国際フォーラム
11月22日(土) 東京国際フォーラム

11月24日(月) 神戸国際会館

 この日程はキャロル・キングの公式サイト(英語)のニュースにも掲載されているので、まちがいないと思う。さらに、東京、名古屋では既に先行予約が始まっている。
 大阪に関しては、まだチケット発売の正式なアナウンスがないので気がかりだが、近いうちに何らかの発表があるだろう。


 今年の11月は時ならぬ来日ラッシュのようで、ジャクソン・ブラウンも20日は大阪、22日と24日が東京でライブをする。こちらも、久しぶりに見たいところだが、20日まで大阪に滞在するのはちょっと難しそうだ。

 そのジャクソン・ブラウンのニューアルバム「Time the Conqueror」が9月末にリリースされる。

Time the ConquerorTime the Conqueror
Jackson Browne


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 でも、ジャケットを見て、びっくり。
 永遠の好青年(アメリカの布施明という声も)のはずのジャクソン・ブラウンがヒゲ面になって、サングラスまでかけている。こりゃあ、CDショップでジャケットを見つけても、ジャクソン・ブラウンのニューアルバムとは思えんぞ。逆にどんな中身なのか、とても楽しみですが・・・・。

 さらに、ボブ・ディランも11月に来日するというウワサがあって、実現すればこりゃもう大騒ぎだ。公演日と場所さえあえば、ボブの姿はぜひとも拝んでおきたいところなんだけどなあ。

 ちなみに、ボブ・ディランも10月にブートレッグの第8集をリリースする。

Tell Tale Signs: Bootleg Series, Vol. 8Tell Tale Signs: Bootleg Series, Vol. 8
Bob Dylan


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今回は1989年以降にレコーディングされた未発表曲と、1992~2004年のライブをまとめた3枚組になるらしい。ボブの未発表曲には「どうして、この曲がボツに?」と思えるものがあるだけに、こちらも期待できそうだ。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| キャロル・キング | 18:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キングの単独の来日公演が決定!

 願い続けていれば、いつか想いは届く。
 なんと、キャロル・キングの単独の来日公演が決定したのだ!

 すでに、今日からキョードー東京でのHPでは先行予約が始まっている。
 ライブの日程は11月10日、11日が渋谷のオーチャード・ホール。11月21日、22日が有楽町の国際フォーラムと、現在発表されているのは東京での4公演だ。

 今回のツアーのタイトルは「Wellcome To My Living Room Tour Japan2008」。
 おそらく、ライブの構成はCDで何度も聴いて、DVDを何回も見た「The Living Room Tour」と同じような流れになるだろう。

The Living Room TourThe Living Room Tour
Carole King


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ベスト・ヒッツ・ライヴ~ウェルカム・トゥ・マイ・リヴィング・ルームベスト・ヒッツ・ライヴ~ウェルカム・トゥ・マイ・リヴィング・ルーム
キャロル・キング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 去年の来日はジョイント・コンサートだったが、今回は単独公演。
 「あの『The Living Room Tour』が短縮バージョーンではなく、そのまま目の前で楽しめるんだ」と考えるだけで、もう鳥肌ものですなあ。

 ぼくはキョードー東京のHPを見て「できるなら、こじんまりとしていて音響も良さそうなオーチャード・ホールで見てみたい」と、勢いで先行予約しそうになったが、公演の間が空きすぎているのが気になる。これは他の都市でもライブがあるのではないだろうか。

 実はもうひとつ気になっているライブがある。THE・WHOだ。
 このところのぼくは「行く、行きます」とブログに書いたライブに行けなくて、ライブ狼少年状態だった。だから、あえて書かなかったのだが、THE・WHOの日本初の単独公演も11月に実現する。彼らも一度は見たかったバンドのひとつだ。

 THE・WHOの大阪でのライブが11月13日。そして、キャロル・キングのライブがその週末の14日から16日あたりに大阪であれば、1回飛行機に乗るだけで、二度おいしいことになる。
 大阪はぼくが生れた街だけど、2003年のストーンズのリックスツアーで大阪ドームに行ってから、5年も帰っていない。懐かしい友達に久しぶりに会って、キャロル・キングとTHE・WHOのライブが連続して見られたら、最高だろうなあ。

 ここは冷静になって他の都市の公演の発表を待ちますが、今回はたとえ東京だけのライブでも行きますよ。

 最後になりましたが、ブログへのコメントで、いち早くキャロル・キングの単独公演のニュースを知らせていただいたはらやんさん、どうもありがとうございました。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| キャロル・キング | 18:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。