| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

追悼”ザ・ビッグ・マン”クラレンス・クレモンズ

Born To Run

 ブルース・スプリングスティーンが率いるEストリートバンドのサックス、”ザ・ビッグ・マン”の愛称で知られるクラレンス・クレモンズが今月18日にお亡くなりになったそうだ。

Eストリートバンドのサックス奏者クラレンス・クレモンズさんが死去

 クラレンス・クレモンズはブルース・スプリングスティーンの音楽にはなくてはならない存在で、デビュー以来彼を支えてきた。

B003NHX53Qロンドン・コーリング:ライヴ・イン・ハイド・パーク [DVD]
SMJ(SME)(D) 2010-07-21

by G-Tools

 昨年にリリースされたDVDでの中でも、ブルース・スプリングスティーンは還暦前とは思えない驚異的なパフォーマンスを見せていた。
 そして、若干の衰えを感じられたもののクラレンス・クレモンズもしっかりとボスをサポートしていたのだが・・・・。

 ぼくの中ではクラレンス・クレモンズのサックス抜きのEストリートバンドは考え難く、ブルース・スプリングスティーンにとっても、この訃報は大きな節目にあたるような気がする。


 クラレンス・クレモンズが、いかに大きな存在であり、どうして”ザ・ビッグ・マン”と呼ばれていたのかは下の「Rosalita」を見れば、よく分かる。
 1978年に記録された白黒の映像はブルース・スプリングスティーンとEストリート・バンドのベストパフォーマンスのひとつだと思う。



 ブルース・スプリングスティーンはすでに名盤「Born To Run」をリリースした後で、充分にメジャーな存在だったが、隣の兄ちゃん的というか、ロックンロール好きの街のチンピラという感じを漂わせているあたりが、実に彼らしい。

 とにかく、10分以上に渡るパフォーマンスは圧巻で、いつ見ても「これぞロックンロールだ!」と思う。そして、クラレンス・クレモンズのサックスはブルース・スプリングスティーンの曲に疾走感を与えるために不可欠だったのだ。

 Eストリートバンド以外で、クラレンス・クレモンズの曲として最も記憶に残っていて、未だに大好きなのが、ジャクソン・ブラウンとの「Youre A Friend Of Mine」。



 これも2人の良さが詰め込まれた名曲だと思う。

 偉大なロックンロール・サックス・プレイヤーだったクラレンス・クレモンズさんのご冥福を心よりお祈りします。
スポンサーサイト

| ブルース・スプリングスティーン | 10:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルース・スプリングスティーンに惚れなおす

 このお正月、年末にWOWWOWで放送された「ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート」を見た。

 ロックンロール博物館の25周年、マジソンスクエアガーデンでのコンサートということで、出演アーチストは豪華のひとこと。放送されたのは短縮版らしく、アレサ・フランクリンの出演シーンやジェフ・ベックとスティービー・ワンダーの「迷信」などがカットされていたが、それでもお腹いっぱいになってしまった。

 そんな豪華なコンサートの大トリに出てきたのが、ブルース・スプリングスティーンだ。見所はたくさんあったが、その中からビリー・ジョエルと競演した「Born To Run」を。



 スプリングスティーンは1949年9月生まれだから、もう60歳。還暦である。
 それなのに、相変わらず頭の血管が切れんばかりのシャウトをして、力強い手の振りでテレキャスターをかき鳴らす。悲しいかな、ビリー・ジョエルがイタリアの街角にいそうな普通のおじさんというルックスになってしまったのに比べると、ボスの若々しさは驚異的だ。

 このコンサートにはミック・ジャガーも出演していて、例の若々しさでステージをヒラヒラと舞った。でも、ミックの場合はストイックな摂生によってキープしている若さである。
 それに対して、スプリングスティーンからは自然体の若さを感じる。もちろん、何もしないで、あの声や腕のハリが維持できるわけはないだろう。でも「オレの若さの秘訣はロックーロール。ステージに立って、いつものように唄っているだけさ」という印象を受けるのだ。

 相変わらずの男くさいマッチョなロックといえなくもないけれど「ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート」でのスプリングスティーンのパフォーマンスはあまりに素晴らしくって、彼に惚れなおしてしまった。

 パティ・スミス、U2と競演した「Because the Night」も涙モノの1曲だった。



 スプリングスティーンとパティ・スミスの競作による「Because the Night」は昔から大好きな曲で、ぼくにとってのキラーチューンだ。互いに還暦を過ぎた2人が一緒に唄う姿が見られると思わなかった。


 ってなわけで、近ごろは夜な夜なボスの映像を求めて、Youtubeを徘徊しているのだが、昨晩はこんなを見つけた。



 ピンクポップとはオランダで開催されている歴史のある野外フェスティバルらしい。そのフェスティバルが40周年を向かえ、目玉アーチストして出演したスプリングスティーンだが、1曲目の「Badlands」から、このテンションである。

 「徐々に盛り上がるってことを知らんのか、このオヤジは!」とつっこみのひとつも入れたくなるほどの全力疾走ぶりだが、こんなのいきなり見せられると、その後にシャウトされる「Born To Run」の説得力が違うってものだろう。
 とにかく、還暦を過ぎたというのに、自然体でかつての勢いを完全に取り戻しているブルース・スプリングスティーンは驚異的である。

B001L5SXQGWorking on a Dream
Bruce Springsteen
Smi Col 2009-01-27

by G-Tools

 今頃になって、現時点で一番新しいアルバムの「Working on a Dream」も聴いたけれど、愚直なまでの真っ直ぐさを感じて、実に良かった。
 やっぱり、ボスはEストリートバンドと一緒じゃなくっちゃね。

| ブルース・スプリングスティーン | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。