2004年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

「LIVE AID」のDVD-ディスク2

ライヴ・エイド★初回生産限定スペシャル・プライス★
USA for AFRICA
B00061QV7O

 再生を開始して、いきなり登場するのがアメリカのフィラデルフィアのステージにおけるビーチボーイズのライブ。彼ららしいの明るさ全開のライブで、ブライアン・ウイルソンも、とても元気。一気にお祭り気分が盛り上がる。

 ディスク2ではイギリスとアメリカのステージが交互に映し出される。次はダイアー・ストレイツ。スティングとの「Money for Nothing」に続いて演奏されるのが「Sultans of Swing 」。本来は地味な曲のはずなのに、強引にドラマチックな方向に持っていくマーク・ノプラー。これほど盛り上がる曲になるとは驚きだ。
 超満員のウェンブリースタジアムの観客が一番盛り上がったように見えるのがクイーン。「クイーンはイギリスの国民的バンドだったんだな」と再認識する。動く姿を見たのは久しぶりだが、かっこいい。やっぱり、フレディー・マーキュリーの立ち振る舞いには華がある。あれだけ盛り上がれば、次に出たデビット・ボーイはやりにくかっただろうなと思う。

 ジョーン・バエズの次にプリテンダーズのクリッシーが出てくるのは、女性シンガー今昔(85年の時点で。今ではクリッシーも立派なおばさんである)のようで皮肉な編集か。でも、プリテンダーズの映像は貴重で、今でも好きなバンドである。
 テレビ中継の時には見落としたのがTHE・WHO。期待しながら見たが、彼らの過去の爆発的パフォーマンスから考えれば、少々不発気味。ピート・タウンジェントの動きにも全盛期の勢いが感じられず、残念。続くエルトン・ジョンはキキ・ディー、ジョージ・マイケルとの競演を余裕でこなし、さすがといったところ。
 ディスク2の最後で仕事人フィル・コリンズはコンコルドに乗り、アメリカのフィラデルフィアに旅立つ。

 ぼくが買った「LIVE AID」のDVDは輸入盤。日本語字幕も表示できるので、フリーリージョンのプレイヤーを持っているなら、こちらがお得。

 「LIVE AID」に関してはこちらのサイト(但し英語)が非常に詳しい。当日のセットリスト、アーチストの一覧などで、DVDだけでは分からない「LIVE AID」の全貌を知ることができる。バッジやTシャツノベルティグッズの写真なども掲載されている。
スポンサーサイト

| 音楽のDVD | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「LIVE AID」のDVD-ディスク1

ライヴ・エイド★初回生産限定スペシャル・プライス★
USA for AFRICA
B00061QV7O

 19年前に開催されてた世界規模のチャリティーコンサート「LIVE AID」のDVDがこのほど発売された。
 1985年7月このコンサートがテレビ放送された時、ぼくは22歳だった。世界同時中継といいながら、実は一時間遅れの放送で、司会はロックをよく知らない故逸見アナウンサー。CMやニュースで曲はズタズタされ、今思うとかなり劣悪な中継だったが、それでも次々に登場する豪華な顔ぶれに興奮した。

 長い間「LIVE AID」の映像が商品化されなかったのには、色々な理由があるようだが、開催から20年後にようやくDVD化されたことを素直に喜びたい。
 同時に、DVDの中に入っていたライナーの表紙には「THIS DVD SAVES LIVES」と書かれていて、アフリカの飢餓が今も続いていることを思い知らされる。このDVDの収益の一部はチャリティーに寄付されるのだろう。
 四枚組、合計十時間近くに及ぶ「LIVE AID」。見所をディスクごとに紹介しようと思う。今日はディスク1の感想を書く。

 長時間のDVDはBBCニュースの映像から始まる。エチオピアの飢餓の状況をリアルに映し出したショッキングな映像である。
 このニュースを見たボブ・ゲルドフがイギリスのアーチストに呼びかけ、「BAND AID」による「Do They Know It's Christmas?」を発表。翌年、アメリカでもこの動きに呼応して「We Are the World」(このビデオも収録されているが、今見ると曲、映像共に少々うさん臭い。当時はえらく感動したのだが・・・・)がリリースされ、「LIVE AID」の開催につながっていく。

 「LIVE AID」はイギリスとアメリカの二ヶ所で同時開催され、全世界に中継された。コンサートは時差の関係でイギリスから始まる。超満員のウェンブリースタジアム。ステイタス・クオーに続いて出てくるスタイル・カウンシルがかっこいい。
 赤いシャツと白いパンツ、青筋立て歌う細身のポール・ウェラー。20年前ということでヘアスタイル、服装など古臭さを感じさせるアーチストも多いなか、スタイル・カウンシルの今でも通用するかっこよさはずば抜けている。
 赤いストラト一本でビートルズの「All You Need Is Love」を歌うエルビス・コステロの姿もディスク1のハイライトである。

 「この人のこと忘れてた。好きだったなあ」と思い出したのがシャーデー。美人だし、ステージでもクールで、曲も良い。急に「スムース・オペレーター」が聞きたくなって、今日近くのレコード店でベスト盤を購入してしまった。
 続いてスティングとフィル・コリンズの競演。当時、飛ぶ鳥も落とす勢いだった二人に、ジャズ界では有名なブランフォード・マルサリスがからんでいたとは知らなかった。やっぱり「ロクサーヌ」は名曲だなと思う。
 ディスク1の最後はU2。彼らも若くて最も勢いがあった時期だけに圧巻のライブ。特に「バット」は曲の最後に「ルビー・チューズディ」「悪魔を憐れむ歌」「ワイルドサイドを歩け」が挿入されて、熱い展開。

 ぼくが買った「LIVE AID」のDVDは輸入盤。日本語字幕も表示できるので、フリーリージョンのプレイヤーを持っているなら、こちらがお得。

 「LIVE AID」に関してはこちらのサイト(但し英語)が非常に詳しい。当日のセットリスト、アーチストの一覧などで、DVDだけでは分からない「LIVE AID」の全貌を知ることができる。バッジやTシャツノベルティグッズの写真なども掲載されている。

| 音楽のDVD | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンプを売りに

 先日、新しいアンプを買った話を書いた。DENONのPMA-390Ⅳから出る音は、とても瑞々しくて気に入っている。もう、20年前のSANSUIのアンプには戻れない。
 でも、SANSUIは高校生の時にあこがれたアンプである。ホントはこのまま家に置いておきたいが、使わない大型アンプは邪魔者でしかない。部屋の片隅でほこりをかぶってしまわないうちに、近くのハードオフに売りに行った。

 簡単な検査の後、手渡されたのは五百円玉一枚。ひょっとしたら二千円ぐらいにはなるかなと思っていたが、ハードオフの査定はシビアである。基本的に古いものには値段が付かないらしいのだ。大型ごみが五百円になった思えば、儲けものだが、心中は少々複雑である。

 その後、五百円はTUTAYAで借りたマイルス・ディビスのライブとビートルズのアニメ映画「イエローサブマリン」のDVD、子供が見たがった「ウルトラマンA」のビデオ二本のレンタル代になった。 

| オーディオのお話 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まったりクラプトン

461 Ocean Boulevard461 Ocean Boulevard
Eric Clapton


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 エリック・クラプトンがカリブ海に建設したアルコール中毒や薬物中毒の治療施設「クロスロードセンター」を設立した理由。それは彼自身がかつて強度の麻薬中毒で命を落としかけ、その後もアル中だったからだ。
 現在のエリック・クラプトンの立派な姿からは、そんな過去は想像できないが、ぼくは彼の本質は「ダメ人間」だと思っている。もちろん、ただの「ダメ人間」ではなく、その前に「とてつもなく音楽の才能がある」が付くのだが・・・・。

 エリック・クラプトンは1970年から数年間ほとんど家を出ることもなく、レコーディングもせず、ドラッグの世界に浸っていた。ジャンキーである。
 そんな堕落したギタリストを家から連れ出したのがTHE・WHOのピート・タウンジェントで、復帰の場として「レインボー・コンサート」を用意する。1973年1月のことだ。ここで復活の足がかりをつかんだエリック・クラプトンだが、本格的に音楽シーンに戻るのは翌年になる。その時にリリースしたアルバムが「461オーシャン・ブールヴァード」だ。
 「461オーシャン・ブールヴァード」をひと言で表現すると「まったり」(2ch風ならマターリか)。このまったり感は当時「レイドバック」といわれ、ロック界の流行語にもなった。

「ずっと暗ーいロンドンの部屋にこもっていたんだから、どこか明るくてあったかいとこでレコーディングするべ」
「なら、マイアミでしょ。フロリダの太陽でしょ」
「ついでにバンドのメンバーも、明るいアメリカ人にしよっか」

 おそらく、こんな感じでマイアミでのレコーディングは始まった。エリック・クラプトンはレコーディングの様子を「スタジオの中で曲を作り、思い付く限りの曲を全部プレイした。多分百曲近い曲をレコーディングしたね。そのテープをプロデューサーのトム・ダウドに『君が良いと思うものを選んで、アルバムにしてよ』と渡した」といっている。

 完全復帰への足慣らし、体調も気分も完全ではなく、おそらく麻薬とも縁が切れていない中のレコーディングだった推測されるが、エリック・クラプトンは強運な男である。
 あまり気はすすまかったが、サイドギタリストのジョージ・テリーの強い勧めでレコーディングした「アイ・ショット・ザ・シェリフ」が全米ナンバーワンヒットになったのだ。このボブ・マーリーのレゲェのカバーによって、エリック・クラプトンはロックのメインストリームに復帰に成功する。

 以上が「461オーシャン・ブールヴァード」にまつわる話だが、このアルバムはぼくが25年以上聴き続けている愛聴盤である。特に夏に聞くことが多く、このアルバムが放つリラックスしたムードは素晴らしいのひと言。エリック・クラプトンのソロアルバムの最高傑作だ。
 今回は三十周年記念の「デラックス・エディション」として、ボーナストラックを加え、デジタルリミックスを施されて、1974年12月のロンドンのハマースミス・オデオンでのライブ盤との二枚組みで発売された。

 デジタルリミックスされても「461オーシャン・ブールヴァード」のまったり感は変わらず、エリック・クラプトンの少しか細い声やドブロ・ギターの哀愁のある響きも深い。やはり名盤だ。
 もう一枚のライブアルバムも、かなりまったりである。今のハイパーなエリック・クラプトンからは想像できないようなルーズでリラックスしたライブ。決して適当にやっているわけではないが、隙間の多い音だ。決めの「レイラ」も後半のメロウなピアノのパートはなしである。
 最近ファンになった人は「何じゃ、こりゃ」と感じるライブかもしれないが、これがエリック・クラプトンの本質である。ぼくはまったりとレイドバックしたエリック・クラプトンが好きだ。

 ちなみに、このアバルムはボーナストラックなし、ライブ盤なしの輸入盤なら千円程度で買える。

| エリック・クラプトン | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Crossroads Guitar Festival

クロスロード・ギター・フェスティヴァル
エリック・クラプトン
B0003JKMHY

 エリック・クラプトンがカリブ海に建設したアルコール中毒や薬物中毒の治療施設「クロスロードセンター」のためのチャリティーコンサートの模様を収めた二枚組みのDVD。多くのギタリストが登場し、ギター好きにはたまらない内容、素晴らしい!
 と、素直に書きたいところだが、大問題がひとつ。アマゾンの商品紹介ページの曲目紹介に書かれているディスク2のジェフ・ベックとクラプトンが競演する「哀しみの恋人たち」が入っていなかったのだ!
 DVDに添付されていたライナーにも、この曲の記載はないし、シークレットトラックとして隠されているのかと探したが見当たらず。どうやら発売直前になって、いくつかの曲が外されたようだ。ジェフ・ベックの最新の姿を見るのが楽しみで、このDVDをオーダーしただけに落胆は大きい。

 アマンゾンはいつも利用しているし、値段も安くて重宝している。田舎に暮らしている音楽好きの強い見方だ。ついでに、このBlogではアソシエイト・プログラムにも参加させてもらっている。しかし、未だに曲目の変更がされていないのは大きな落ち度としかいいようがない。その他にもアマゾンのページで紹介されいる曲目の中に欠けているものが数曲あるので、購入する方はご注意を。

 ジェフ・ベックのシーンがなかったのは残念だが、このDVDはクラプトンがらみで見所は多い。B.Bキングやサンタナ、そしてJ.Jケールとの競演が目玉だろう。特に「アフターミッドナイト」「コケイン」の作者であるJ.Jケールとのからみは、マニアにはたまらない映像である。
 しかし、全体を見ると四時間近い作品なのにギタリストが入れ替わり立ち代り登場し、散漫な印象はぬぐえない。やはり、クラプトン一本にしぼって、他のギタリストとの競演を挟みながら編集したほうが良かったのではないだろうか。
 このDVDはクラプトン目当てで買うと、絶対にこける。最初に買うなら、クラプトンの代表曲を網羅し、シェリル・クロウ、ボブ・ディランなどが登場するこちらの「クロスロード・コンサート」だ。

追記:当然のことながらアマゾンの曲名はその後に正規のものに訂正された。また、ジェフ・ベックの「哀しみの恋人たち」は隠しトラックとして密かに収録されている。でも、どうしてこんなに面倒くさいことするんだろう?

| 音楽のDVD | 08:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンプを新しくしてみると

 このBlogでは初めてのオーディオネタである。
 数年前から中古のオーディオにはまっている。といっても、格安の古びたオーディオ機器を揃え「やっぱ、ミニコンとは違うわ」と自己満足している程度なので、マニアには程遠い。しかし、格安の中古オーディオ機器でも、これまで聴きなれたCDがまったく違う音に聞こえるから、とても面白い。

 数ヶ月前から約一年使ったSANSUIのアンプから断続的に「ジー、ジー」と雑音が出るようになった。雑音が出るのは右チャンネルのみ、それほど大きい音ではないので実用に支障はない。しかし、静かなピアノソロなどの時に「ジー、ジー」と鳴り出すと耳障りだ。その音と重厚なスタイル(15キロもある)は気に入っているが、20年以上前のアンプである。一万円で買ったものなので寿命と思えば、あきらめもつく。

 と考えていたら、パチンコの新装開店で二日続けて勝利して、小金持ちになった。程よい値段の新品のアンプはないかとネットを検索していたら、DENONのPMA-390Ⅳが良さそうな気がしてきた。定価は安いが値段以上の音がするコストパフォーマンスの良いアンプらしいのだ。
 オーディオに関しては人の評価はあまりあてにならないのだが、近くに試聴できる店などない。ネット上の評判では、あまり悪評も見当たらず、現在使っているスピーカーのBOSEとの相性も良いらしいので、最安値の店をネットで探して、PMA-390Ⅳをオーダーした。
 
 昨日届いたPMA-390Ⅳをこれまで使っていたSANSUIと入れ替え、鳴らしてみて驚いた。とても元気な音がスピーカーから出てくるのだ。ベースの音はキリと引き締まり、シンバルはシャーンと弾ける。ボーカルだってど真ん中にしっかりと立って歌っている感じがする。特に初期のビートルズを聴いた時の疾走感が素晴らしい。
 これまで使っていたSANSUIは落ち着いた五十代の大人の音だったが、PMA-390Ⅳはティーンエージャーのように瑞々しく、若々しいのだ。低音と高音が強く、少しドンシャリ音かなとも思うが悪くはない。音の解像度も良いのか、SANSUIでは聞こえなかった音も耳に入ってくる。

 このあたりの音の味付けはおそらく20年という時間の差だろうし、中古と新品の違いもあるだろう。どちらが良い音なのか、評価は下しづらい。
 でも「若々しい音としばらく付き合うのも悪くないな」と、スピーカーの前の四十過ぎのオヤジは思う。年のつりあわない若い恋人を手にいれる。現実ではやっかいなことのほうが多そうだが、音楽再生の世界ではそれもありだろう。

 PMA-390Ⅳがコストパフォーマンスの高いアンプなのは、ホントの話だ。

| オーディオのお話 | 08:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キングの「つづれおり」

TapestryTapestry
Carole King


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「Tapestry-つづれおり」は言わずと知れた歴史的名盤で、キャロル・キングの出世作にして代表作。1971年にリリースされた「つづれおり」は全世界で二千万枚以上のセールスを記録し、ビルボードで連続302週に渡って(つまり6年間)チャートインを続けた。

 ぼくは「売れたからすごい、売れているのだから良い音楽」という数による評価は大嫌いだが、このアルバムには爆発的に売れた理由がある。
 まず「つづれおり」には、最初から最後の一曲までつまらない曲がない。普通は一枚のアルバムの中には1、2曲の捨て曲(シングルヒット以外、ほとんどの場合も)があるものだが、「つづれおり」にはそれらが見当たらない。力強いタッチのピアノのイントロの「I Feel The Earth Move」で始まり、しっとりとした「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」で終わる「つづれおり」の流れはこの曲順しかないという構成で、何度聴き返しても飽きることがない。

 余計な音の装飾がないアレンジはシンプルで、曲の調子だってほとんどが穏やかなものだが、アルバム全体に漂うテンションは非常に高い。
 しかし、それは緊張感を伴う尖がったものではない。アルバムを通して、穏やかながら高いテンションを保ったままのキャロル・キングの声とピアノには癒しがあるのだ。この癒しの感覚が激動の60年を生きた人々の耳に染み入るように響いたから、あれほどの大ヒットになったのではないだろうか。

 現在、店頭に並んでいるリマスター盤にはボーナストラックが二曲入っているが、はっきりいって邪魔である。「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」で終わるべき「つづれおり」の完結した世界を壊してしまう気がする。さらに、デジタルリマスターされて、音の分離も良くなったが、以前の少し古ぼけた音のほうが「つづれおり」らしかった。これはレコードの時代から愛聴しているからこそ感じる違和感かもしれないけれど・・・・。

| キャロル・キング | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2004年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。