2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年最後に買ったCD

 あと数時間で大晦日。でも、歳末に昔のようなワクワク感はない。
 子供の頃、お正月は一年の中でも特別なイベントだった。大晦日と元旦、わずか一日しか変わらないのに、少し世界が変わった気がした。そして、北海道に来る前は大晦日から友人たちとキャンプに行って、元旦はテントで迎えることが多かった。しかし、近頃では年末を慌しく過ごして、やれやれと家で一息つくのがお正月だ。

 そもそも、今は昔のように店が4日あたりからぽつぽつと開き始めるといった時代ではない。日本の東外れの街の網走でも、多くの店が2日から開店するし、元旦から営業する店も珍しくはない。つまり、保存食であるおせち料理も今や形だけのものだし、お年玉を握りしめて、2日に数時間だけ営業するおもちゃ屋やレコード屋の開店を心待ちにする必要もない。
 お正月のマジック、それは街が数日間ほど機能を停止することにあったのではないか。一年に一度くらいは、みんな揃って休めばいいのになあ。あの時代にもう戻ることはできないだろうけれど、ぼくが子供の頃のお正月は今よりも豊かで楽しい時間だったと思う。

SONGS 30th Anniversary EditionSONGS 30th Anniversary Edition
シュガー・ベイブ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 今年最後に買ったCDはシュガー・ベイブの「SONGS-30th Anniversary Edition」。
 これまで、ずっとテープを聴いていたけれど、レコード・コレクターズ 1月号を読んでいて、急に欲しくなった。最近では街のCD屋でCDを買うことはほとんどなくなり、アマゾンの通販を利用することが多いのだけれど、これは買い物の途中で久しぶりにCD屋で買った。

 何度か再発されている「SONGS」だが、今回の30周年記念盤はプロデューサーだった大滝詠一によるリマスター。以前のCDに比べると、クリアで生々しいサウンドになり、かなり印象が違う。でも、このリマスターは正解だろう。「SONGS」の素の魅力が分かるようになった気がする。
 今回もボーナストラックが9曲も追加されているが、あくまでもおまけ。聴くべきは1曲目の「SHOW」から11曲目の「SUGAR」のオリジナルトラックの素晴らしさ。つまらない曲はひとつもないけれど、ぼくは大貫妙子の唄う「いつも通り」とフィル・スペクターのウオール・オブ・サウンドのような音作りの「雨は手のひらにいっぱい」が大好きだ。
 今から30年前、極めてアナログに録音されていただろう「SONGS」の音には、今でも錆び付かない不思議な音のマジックを感じる。

 近頃、盛んにリリースされる記念盤のようにDVDや豪華なブックレットは付いていないけれど、レコード時代の紙質とデザインを再現したジャケットと歌詞カードをさり気に添付して、2100円というリーズナブルな価格でリリースされた「SONGS」は、今年最後のCDにふさわしい名盤だ。

 これが今年最後のBlogの更新になります。
 ポツポツとしか更新しないこのBlogを訪れてくれた人、そしてコメントやトラックバックをしてくれた方々、どうもありがとうございました。来年も、どうぞよろしくお願いします。
 それでは、良いお年を!
スポンサーサイト

| ロックの名盤 | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌ドームは?

 我が家は新聞をとっていないので、実際に見たわけではないのだが、今日の朝刊でローリング・ストーンズの来日公演の詳細が広告という形で発表されたらしい。ネット上の情報をいくつか探して、確かなところをまとめてみると・・・・。

 2006年3月22日(水) 東京ドーム 開場17:00 開演19:00
 2006年3月24日(金) 東京ドーム 開場17:00 開演19:00
 S席 18,000円 A席 15,000円 B席 13,000円 C席 9,000円

 発表されたのは東京ドームの2日間のみ。チケットは来年の頭に先行予約開始らしい。
 でも、ちょっと待てよ。札幌ドームは?そして、名古屋は仙台は?
 
 とりあえず、今回は東京ドームのみ発表で、あとは追加公演という形で後日発表になるのか。それとも残りの日程は流れてしまったのか。
 当初は詳細の発表が今月中旬といわれていて、それがここまでずれこんだ。ホントのところが分かるのはこれからだろうけど、なんだか不安だ。まさか、幻の札幌ドームってことはないよなあ。
 
 ちなみに招へいもとのJECインターナショナルのHPは今のところストーンズ関連の更新はなし。このネットの時代に新聞広告のみで発表って、おいおい大丈夫かあ?

(追記)昼前にJECインターナショナルのHPを見てみると、バナー広告のみがアップされていた。そこに載っているのは、最初の情報と変わりなし。
 「日本列島を震撼する」と書きながら(そのまま引用したけど、文法がおかしくないか?『震撼させる』だろう)ホントに東京ドーム2日間だけ?追加公演の発表はないのかなあ。
 さらにネット上にアップされていた新聞広告のスキャン画像も見たけれど、協賛やスポンサー、主催者が明記されていない。繰り返しになるけれど、大丈夫かなあ。

| ローリング・ストーンズ | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オールタイム・ベスト100(その1・高校時代)

 今年もあとわずかである。年末進行の仕事もようやく終わり、昨日はクリスマスプレゼントを子供たちにあげた。あとは年賀状を書いて、大掃除だな。
 年内にあと1回くらいはBlogを書くだろうけど、今回は年末特別企画ってことで、ぼくの「オールタイム・ベスト100」のその1を紹介する。

 これは前から少しずつ書いていたもので、現時点のベスト100ではなく、過去によく聴いたアルバムをずらりと並べてみたもの。だから、頭についている数字は順位ではなく、通し番号。もちろん、今でもよく聴くものが多いけれど、ほとんど手にすることのなくなったアルバム、手元にはないアルバムもある。
 今回は高校時代によく聴いていたアルバムを25枚並べてみた。ぼくはこんなのを聴きながら、あの3年間を過ごしていました。

≫ 続きを読む

| ロックの名盤 | 14:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりに「サージェント・ペパーズ~」を聴いた

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
ザ・ビートルズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ぼくが一番最初に買ったビートルズのレコードは「アビイ・ロード」だった。その時の話は10月に書いた。そして、2枚目に選んだ「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」は、翌年のお正月にお年玉を握りしめてレコード屋に買いに行った。
 当時の「サージェント・ペパーズ~」はロックの名盤の筆頭格、ビートルズの金字塔と評価されるアルバムで「これはきっと特別な音楽だ」とロックの初心者に思わせるだけの重みがあった。
 ワクワクしながら手にした「サージェント・ペパーズ~」だったが、有名人のコラージュで構成されたジャケットは派手なのに、ちょっとおどろおどろしい。そして、見開きの写真のビートルズのポートレートも、目つきがかなり怪しい。今なら「クスリで目がぶっとんでる。サイケだなあ」で済ませられるが、中学生の頃はそんなことは知らない。
 レコードの見かけからして、かなり異質なものを感じた「サージェント・ペパーズ~」は、レコードから出てきた音も、今まで聴いてきたビートルズとは違う印象があった。きらびやかなサウンドなのに、何だか少し怖かったのだ。

 昨日、25年以上前の第一印象を思い出しながら、久しぶりに「サージェント・ペパーズ~」を聴いた。ビートルズのアルバムには1枚、1枚に違った肌触りがあるけれど、やっぱり「サージェント・ペパーズ~」には特別な何かがある。
 発売日が1967年6月で、ヒッピーの全盛期、サマー・オブ・ラブとも呼ばれる時代の直前のリリース。サイケデリックもヒッピーも今では過去の特殊な風俗かもしれないが「サージェント・ペパーズ~」は、そんな時代を象徴するアルバムだった。ぼくはリアルタイムで「サージェント・ペパーズ~」を聴いたわけではないが、きっと67年初夏の空気感の中で聴くこのアルバムは、今とは違った特別な音がしただろう。
 さらに、無視できないのはドラックの存在。ビートルズはデビュー前からドラッグを試していたらしいが「サージェント・ペパーズ~」にはLSDの幻覚による影響も感じられる。
 「サージェント・ペパーズ~」はこれ以外に考えられない順番で曲が並べられているが、出だしの2曲が強烈。「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band~With a Little Help from My Friends」のメドレーでアルバムの世界に引きずり込まれ、「Lucy in the Sky With Diamonds」で空を飛ぶ。
 レコードの場合はA面の終わりで一息つけたが、CDの場合はいつの間にか「A Day in the Life」の最後のジャーンという音が鳴り響いている。丁寧に作り上げられているのに、スピード感のある不思議な音の世界が「サージェント・ペパーズ~」だ。

 ぼくは「サージェント・ペパーズ~」がビートルズの最高傑作だとは思わない。曲のクオリティーでいうと、これより上のアルバムはある。それでも「サージェント・ペパーズ~」は特別だ。ヒッピーの全盛期、サイケデリックな時代を象徴するアルバムだからこそ、未だに不思議な浮遊感があるのだろう。でも、ホントの音の感触はこれを1967年夏に聴いた人にしか分からない気がする。
 今でも確かに言えるのは、デビュー曲の「Love Me Do」からわずか5年弱で、こんなところまで来てしまったビートルズの成長がとんでもなかったこと。そして、ぶっとんだアルバムの中で常に覚醒しているポールのベースラインの凄さである。つまり「サージェント・ペパーズ~」の土台を支えているのはポールで、このアルバムからビートルズの主導権がジョンからポールに移り変わったことを象徴している。
 「サージェント・ペパーズ~」はある種の頂点であると同時に、ビートルズの無邪気な時代の終わりを告げたアルバムでもあった。ここから彼らは少しずつ解散への道を歩み始めるのだ。

| ビートルズとその周辺 | 14:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビートルズとシングルレコード

 普段はあまりテレビを見ないが、先週は「建築耐震強度偽装問題」の国会証人喚問の生中継をすべて見て、さらにニュース番組も追いかけた。ある種、今の日本を象徴する事件だと感じるからだ。
 コストをギリギリまで削減して、少しでも儲けをだす。資本主義の当たり前のルールかもしれないけれど、やり過ぎると悪に変わる。きっと「分かっちゃいるけど、やめらなかった」のだろう。
 最近、起こった企業がらみの様々な不祥事から分かる教訓は「不誠実な商売は短期的には利益を上げることができても、長い目で見ると大損をする」だと思う。でも、この手の事件は今後も続くんだろうなあ。

Past Masters, Vol. 1Past Masters, Vol. 1
The Beatles


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 話は急に変わるけれど、ビートルズは原則としてシングルで発表した曲をアルバムには収録しなかった。ファンに同じ曲を二度買わせたくなかったからだ。ただし、この誠実な商売はイギリス国内のみの話。アメリカや日本などでは独自にアルバムを編集し、勝手にシングルをリリースした。だから、ぼくがレコードでビートルズを聴き始めたころは、オリジナル、アメリカ盤、日本編集盤がレコード店のラックに入り混じっていた。
 しかし、アルバムのCD化の時に収録曲がイギリスでリリースされたオリジナル盤に統一され、シングルでしか聴けない曲は「パスト・マスターズVol.1」と「パスト・マスターズVol.2」の2枚に分けて収録された。

 シングル曲の寄せ集めた「パスト・マスターズ」は、意外にも散漫な印象がない。
 ヒットした曲のオンパレード、これをB面するかという名曲「Thank You Girl」「I Call Your Name」「Rain」などに加えて、「オールディーズ」という編集盤でしか聴けなかったジョンのシャウトが素晴らしい「Bad Boy」、インド音楽に傾倒したジョージのラガーロックの傑作「The Inner Light」、鳥が羽ばたく音が入っているのでバードバージョンと呼ばれる「Across the Universe」など、曲のクオリティが高いからだ。「パスト・マスターズ」は単なる編集盤ではない。オリジナルアルバムではないけれど、ぼくの密かな愛聴盤だ。

 よくよく考えれば、ビートルズが「She Loves You」や「I Want to Hold Your Hand」をアルバムに入れなかったのは、すごいことだ。リリースした当時は人気の絶頂期、出せばなんでも売れただろう。シングル曲をアルバムに再収録しても、誰からも文句はでなかったはずなのに、あえて誠実な商売を貫いたのは、ホントにえらいと思う。
 デビューからの40年以上が過ぎても、未だに聴き続けられ、新たなファンを増やしているビートルズ。その理由は曲の魅力だと思う。そして、曲のクオリティを支えていたのは、彼らの溢れ出る才能と「音楽に対しては手抜きをしない、できる限りのことをする」という職人的な姿勢ではなかっただろうか。
 やっぱり「誠実な商売は長続きする」のである。今でもビートルズから学ぶことは多い。

Past Masters, Vol. 2Past Masters, Vol. 2
The Beatles


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ビートルズとその周辺 | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再びロックンロールに戻った佐野元春

星の下 路の上星の下 路の上
佐野元春


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 佐野元春の新作はフルアルバムではなく、3曲入りのシングル。レギュラーバンドのホーボキングバンドではなく、「エンプティ・ハンズ」で競演した深沼元昭を始めとした佐野元春より若い世代のミュージシャンとレコーディングされた。
 サウンドは3曲ともにシンプルなロックンロール。前のアルバム「The Sun」で打ち出した成長するロック、大人も聴けるロックという手法をあえて継承せず、ザラザラとしたロックンロールに立ち返ったところが実に佐野元春らしいと思う。そのための若いミュージシャンの起用なのだろう。
 ぼくは佐野元春に関しては「出たものすべて買っちゃいます、ライブにも必ず行きます」状態のファンのうえに、まだ数回しか聴いていないので評価は難しいけれど、このシングルCDの肌触り、かなり気に入っている。

 佐野元春の公式サイトでソースが公開されていたブログプレイヤーを取り付けてみたので、試聴はこちらから。










 また同時に「THE SUN STUDIO EDITION」「THE SUN LIVE AT NHK HALL」が発売された。これらは既に「iTunes Music Store」に発売済み。つまり、インターネットで発売されたもののCD化だ。
 しかし、今回のやり方には疑問がある。ぼくは「iTunes Music Store」を利用していないので、すんなりCDを買ったが、ファンの中には「やっぱり形として残したい」と二重買いするも大勢いるのではないか。確か「iTunes Music Store」で華々しく売り出された当初は、後にCDとしてリリースされるというアナウンスはなかったと思う。
 「iTunes Music Store」による音楽配信は始まったばかりで混乱はあるだろうが、リリース時にどちらかを選べるような情報を流す正直な商売をしてもらいたいと思う。

| 佐野元春 | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれから25年

 ジョンが亡くなってから25年が経つ。今でもあの日の記憶は鮮烈に残っている。
 ぼくは高校三年生で、二階にある部屋で期末テストの勉強をしていると、母親が「あんたの好きなジョンなんとかが死んだらしいで。テレビで言うてるわ」と階段の下から声をかけてきた。たちの悪いジョーク、ありえない話だと思ったが、あわてて階段を下りると、確かに画面ではニュース速報のテロップが流れている。
 テレビを通じて次第に分かってくる状況。ロックなんてまともに聴いたことはないくせ訳知り顔で的外れのコメントをするワイドショーのキャスター。ジョンの追悼番組と称して「イエスタディ」を流すラジオ。すべてに腹が立った。
 ぼくは悲し過ぎてジョンの曲を聴く気にもならなかった。今なら「ロックスターらしい死」とも思えるが、家族が寝静まってから布団にくるまって一人で泣いた。他人の死であれだけ涙を流したことはない、今後もあんなことはないと思う。

 しかし、心の痛みは時間が解決してくれる。ぼくは二十代から三十代にかけて、ビートルズやジョンの曲をあまり聴かない時間を過ごした。十代の頃はロックンロールが先生だったが、バイクや旅、アウトドアでの遊びがそれに取って代わったのである。
 そして、再びジョンのことをよく思い出すようになったのは、子供が産まれて主夫として生活するようになってからだ。おむつを替えながら「子育て中の5年間、ジョンは何を考えていたのかな」と思ったし、ショーンにロックンローラーでもある自分の背中を見せたくて再起した時の気持ちも分かるようになった。
 ジョンが背中を後押ししてくれたので始められた主夫生活の中に、音楽は再び深く入り込むようになり、子供をあやしながら聞くビートルズはとても新鮮だった。

 ジョンがぼくに教えてくれたことは「愛と平和」の大切さではない。簡単に書くと「キミはキミらしく好きなように生きろ。そして、不良であれ」ということだ。あれから25年、ぼくはジョンより年上になってしまったけれど、彼の背中は大きくなるばかりだ。
SIGHT (サイト) 01月号 [雑誌]SIGHT (サイト) 01月号 [雑誌]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 最後にジョンに関する雑誌の紹介を。
 「SIGHT」の最新号の特集はアメリカの「ローリング・ストーン」誌が選ぶ「究極のロック100曲」。この中で「イマジン」が3位に選ばれている。曲は割と無難な線で選ばれ、翻訳された記事にも目新しいものは少ないが、20位までの曲に追加された渋谷陽一とピーター・バラカンのコメントが面白い。
 「イマジン」についてのコメントでは渋谷陽一は「他にもっといい曲がある」と言い切るが、ピーター・バラカンは「これは共産主義というか理想主義を唄った曲。詩の中の言葉がとっても好き。若い頃は誰でも理想主義的な考えをするけれど、年をとるにつれ妥協を覚えて、シニカルになっていく。ぼくは未だにこうだけど、最近はこれでいいんだと思うようになった」というようなことを言っている。
 どちらの意見にも納得できるけど、ピーター・バラカンの話は「それがロックンロールだよな」と思う。
 「SIGHT」には没後25年ということで、死の3日前にダコタアパートでおこなわれたインタビューも掲載されて、こちらもなかなか興味深い内容だ。

| ビートルズとその周辺 | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また、ストーンズがやってくる!

 年末進行の仕事が忙しく、Blogの更新までなかなか手が回らないのだが、遂にローリング・ストーンズの来日が決まった。
 日程は3/22(水)と3/24(金)が東京ドーム、3/28(火)札幌ドーム、3/30(木)仙台グランデ21、4/5(水) ナゴヤドームの5公演。騒音問題か、はたまた客が入らないからか大阪ドームの予定は今のところなし。

 ぼくとしてストーンズが北海道に初上陸し、近場で見られるのがうれしい。まあ、近いといっても網走から札幌はまでは350キロもあるけれど、飛行機に乗らなくてもストーンズが見られるのは画期的なこと。少々チケットが高くても、交通費が安上がりな分、気が楽だなあ。でも、今回のツアーに参加するのは札幌の1回だけなりそう。セットリストにあまり変化のないツアーだし、1回見とけば充分なような気がする。

 しかし、ライブがあるのは見事なまでに平日。年度末で忙しい人もいるだろうから、この日程はファン泣かせだ。また、招へい元がおなじみのウドーからJECインターナショナルに変わったので、チケットの買い方も今までと違うかもしれない。個人的には大人のコネが使えなくなるかもしれないのが、少々心配。
 チケットの発売日、料金などは今月中旬に発表予定。毎度のことながらクソ忙しい12月に、ストーンズ求めて右往左往する日が始まった。
Rarities 1971-2003Rarities 1971-2003
The Rolling Stones


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今日のストーンズの1枚は最近発売されたばかりの「Rarities 1971-2003」。ジャケットがかっちょいいです。マニアにはたまらんレアな曲もチラホラと入ってますといった感じの編集盤。

| ローリング・ストーンズ | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。