2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

「シルク・ディグリーズ」は大人のロック?

シルク・ディグリーズ(エクスパンディッド・エディション)シルク・ディグリーズ
ボズ・スキャッグス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 かつて、AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)なる言葉があった。今でいうところの「大人のロック」ってやつである。基本的にキッズ・ミュージックだったロックが、1970年代に入って大人も聴ける音楽に進化(退化かも?)したものが、AORと考えれば分かり易いだろうか。
 ちなみ、AORというのは日本だけで通用する用語で、アメリカではそんな呼び方やジャンルはなかったらしい。

 そんなAORの代表的なアルバムのひとつが、ボズ・スキャッグスの「シルク・ディグリーズ」だ。
 ぼくがこれを初めて聴いたのは、二十歳の時だった。それまで、ビートルズやストーンズ、ツェッペリン、イーグルスなどの王道的なロック(パンクにはそれほど夢中になれなかった)を聴いてきたが、二十歳にになって「そろそろ大人っぽいものを聴くべきやなあ」ってことで「シルク・ディグリーズ」を買ったと思う。

 まず「シルク・ディグリーズ」はジャケットからして大人である。夕暮れの港のベンチ。赤いマニキュアをした手が見える女性に背を向けて座るボズ。裏を返すとボズはベンチから居なくなり、水平線の上にヨットが見える。どこか意味深なジャケットは、お金と時間はかかっていないだろうけれど、とてもよく出来ている。
 肝心の中身だが、意外にもアップテンポな曲が多く、中には少々泥臭いサウンドの曲だってある。ジェフ・ポーカロ、デヴィッド・ペイチ、デヴィッド・ハンゲイドという数年後にTOTO(ボズのバックバンドとして来日したメンバーがトイレでいつも目にする文字が気に入り、自らのバンドに「TOTO」と名付けたのは有名な話)を結成するメンバーを中心にしたバックバンドの音はタイトで、特にアルバム全編をリードするジェフ・ポーカロのドラムは心地良いのひと言。「シルク・ディグリーズ」はAORとは名ばかりで、正統的で上質なウエストコーストロックだと思う。

 「シルク・ディグリーズ」をAORの代表的なアルバムに押し上げたのは、ラストの「We're All Alone」の存在が大きいかもしれない。確かに名曲だと思うけれど、甘ったるすぎて、ぼくは毎回聴くにはなれない。メロディーも歌詞も、これ以上はないくらいに激甘。その甘さはポール・マッカートニーの「My Love」以上で、カロリー高過ぎ。
 同じバラードでも、レコードではA面ラストだった「Harbor Lights」は名曲中の名曲。「おかあちゃんは東京ローズ。だから、ぼくは生まれついての放浪者」で始まる曲はスパイスが効いたラブソングだ。こっちのほうが、よっぽど大人のバラードではないだろうか。ぼくはバイクでフラフラとあてのない旅をしているころ、夕暮れに「オゥ、オオゥ、ハーバライトォ」と、この歌のサビをよく口ずさんだものだ。
 
 ボズ・スキャッグスは今でも好きでよく聴くけれど、どう見てもハンサムではない鼻声で歌う馬面のおっさんが、かつて「都会的」とか「洗練されたサウンド」と言われていたのは、どうにも理解に苦しむ。むしろ、おしゃれじゃないところがボズ・スキャッグスの魅力ではないだろうか。スタンダード・ソングをアンプラグドなジャズカルテットをバックに歌う最近のアルバム「バット・ビューティフル」も、どこか土の匂いのするとても渋いアルバムだ。
スポンサーサイト

| ロックの名盤 | 19:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひさしぶりにリーバイスを買ったので

 その昔はGパンなどと呼ばれていたジーンズを、小学生の頃から愛用してきた。最初に買ってもらったジーンズは、確かビック・ジョンだったと思う。その後も家の近くのニチイや長崎屋で売っていたラングラーやリーあたりをはいてきた。
 中学生の頃まではファッションなんかには無頓着で、親が買ってくるものを適当に着ていたが、高校に入ってから「POPEYE」という雑誌を読み出して意識が変わった。そこに紹介されていた「ヘビーデューティー・ファッション」に強く興味をひかれたのだ。ヘビーデューティーとは耐久性があることで「過酷な自然や労働条件に耐えうる実用性のある服を日常生活で着よう」というような提案だった。

 今、振り返れば「ヘビーデューティー・ファッション」はアメカジとアウトドアウエアを組み合わせものだったけれど、よく紹介されていたシェラ・デザインのマウンテンパーカーとレッド・ウイングのワークブーツ、そしてリーバイスの501の3点にはあこがれた。とにかく欲しかったが、どこに売っているのか見当もつかなかったし、当時の値段で3万円以上もしたマウンテンパーカーやワークブーツは、高校生にはとても手が届かない。なんとか買えそうなリーバイスですら、家の近くでは取り扱っている店がなかった。

≫ 続きを読む

| BEATな話題 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャクソン・ブラウンの最新ライブ盤

Solo Acoustic, Vol. 1
Jackson Browne
B000B5XSXU

 ピーター・バラカンが「ぼくが愛するロック名盤240」という本の中で「ジャクソン・ブラウンの良さは、好きな人には説明する必要はないし、好きではない人にはどう説明しても無駄だろう」と書いていて「なるほど、その通り!」と強く共感したことがある。ぼくはジャクソン・ブラウンを高校生の頃から聴いているけれど、その頃から友人たちも「すごく好き」か「まったく聴かない」かの二つに分かれていた。
 ジャクソン・ブラウンはアメリカでアルバムをチャートのナンバーワンに送り込んだこともあるし、日本でも絶大な人気を誇っていたことがあるから、決してマイナーなアーチストではない。別に癖の強い音楽をやっているわけでもないのに、これは不思議な現象だ。おそらく、歌声や彼の描く少しナイーブな詩の世界が、ある種の人間の心の琴線には激しく触れるのだろう。 

 現在も、ジャクソン・ブラウンは活動中で、主にソロでアコースティックライブを展開している。一人でピアノと十本以上のアコースティックギターが並んだステージに立つライブには、基本的に最初から決まったセットリストがないらしい。
 では、どうやって曲が決まるというと、客からのリクエストだ。場内のあちこちで、聴きたい曲名を叫ぶ客がいて、ジャクソン・ブラウンがそれに応える形でステージを進める。もちろん、ジャクソン・ブラウンの意思によって唄われる曲もあるが、実にセットリストの七割程度が客のリクエストによって、プレイされる曲らしい。
 ソロだからできるスタイル、持ち歌の中からという制限はあるものの、客と作り上げるステージは究極のライブスタイルといっていいかもしれない。

 そんなジャクソン・ブラウンの今のステージを収録したのが「Solo Acoustic, Vol.1」だ。
 余計な音のないソロライブを聴いて、まず驚いたのが、ジャクソン・ブラウンの声。今年で58歳になるというのに、若々しくて張りがあり、全盛期とほとんど変わらないのだ。
 さらに、ギターとピアノがうまさが歌声に華を添える。ギターの6弦すべてを鳴らしきるテクニックは相当なものだし、原曲のスケール感を損なわずに「The Pretender」をサラリと弾き語りしてしまうピアノの表現力もすごい。
 そして、曲間には最初に書いたように、客とのリクエストのやり取りの様子も収録されている。英語のヒアリングがイマイチなので、細かいニュアンスまでは理解できないが、笑わしたり、すかしたりしながら、客のリクエストに応えてステージを進めていく様子がよく分かる。

 今も変わらない歌声、意外にもテクニシャンだったギターとピアノ、そして上手な喋り。プロ中のプロのミュージシャン、芸人ジャクソン・ブラウンを満喫できるライブアルバムは現在の愛聴盤のひとつ。今年中には「Solo Acoustic, Vol.2」も発売されるらしいから、そちらも楽しみだ。

| ロックの名盤 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウドー・ミュージック・フェステバル

 北海道に住んでいると、世間の季節感と最も違和感を感じるのが、この時期。
 東京では、もうお花見が終わり、春真っ盛りだろうけれど、網走はまだ冬。窓の外には雪が残り、今夜も雪がちらついている。ちなみに北海道で桜が咲くのは、ゴールデンウイーク明けから。ホント、春が待ち遠しい。

 音楽の場合、この時期になるとそろそろ夏フェスの話題がでてくる。北海道に引っ越してきてから、夏フェスが盛んになりだしたので、ぼくはひとつも行ったことはないけれど、話を聞く限りでは、フジロックなんかは楽しそうだなあと思う。
 各夏フェスではアーチストのラインナップなどがぼちぼち発表されているが、面白そうなのが「ウドー・ミュージック・フェステバル」。2年前にTHE・WHOを日本で初めてステージに立たせた「ロック・オデッセイ」に続くウドーの夏フェス第二弾である。関東は「富士スピードウエイ」関西は「泉大津フェニックス」で2日間開催される

 「もーちょっと、洒落た名前はつけられんかい」と思うけれど、アーチストのラインナップはなかなかすごい。「泉大津フェニックス」の場合、7月22日のメインがKISS。野外のKISSは爆薬全開だろうから楽しそうだけど、翌日の23日はギター好きにはたまらないラインアップだ。
 なんと、サンタナ、ジェフ・ベック、チャーが揃い踏み。ひょっとしら、3人のセッションも見られるかも。さらに、ドゥービー・ブラザースとプリテンダーズまでおまけで付いてくるんだろうか、これは見てみたい。
 北海道に住んでいると、真夏のクソ暑い大阪には、とても行く気になれないけれど、里帰りついでにと密かに考えている。

 ところで「泉大津フェニックス」って、初めて聞いたけれど、ネットで検索すると「泉大津フェニックス=泉大津沖埋立処分場」とある。なにやら「大阪湾フェニックス計画」の一環として造成中の広大な埋立地らしい。
 昨年も何度か1万人規模のコンサートが開催された実績があるし、周りは海だから意外に快適な会場かもしれないな。

| BEATな話題 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クレヨンしんちゃんに涙する

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ぼくは1962年生まれなので、大阪万博が開催された時、小学2年生だった。地元大阪での万博だったので、何度も会場に行ったし、断片的な記憶も残っている。
 今、振り返れば子供だましの21世紀の未来都市だったかもしれないけれど、竹やぶだった千里丘陵に突如出現した万博会場は「人類の進歩と調和」を感じさせるのに充分なスケールを持ち、会期中に6千万人もの人を集めた。少なくとも、高度成長期のなごりのあった1970年には、21世紀は明るい未来で、さらに生活は豊かになり、今のような時代が来ると想像できた人は皆無だったのはまちがいない。

 この前の日曜日、近頃「クレヨンしんちゃん」がお気に入りの子供たち(どこの家でもそうだと思うけれど、子供はシモネタがホントに好きだ)のために、何気にレンタルしてきたDVDを、セットしたついでにながめていたら、オープニングからグイグイとその世界に引き込まれてしまった。幼い頃の甘い記憶が残る万博会場から映画が始まったからだ。
 詳しいストーリーを書くことは差し控えるけれど、過去にこだわる大人たちと未来を生きていく子供たちの対決というテーマが、まず秀逸。悪役のボスがビル・ゲイツとジョン・レノンを足して2で割ったような顔をしているのも、実に意味深である。
 ストーリはとても練りこまれていて、笑いながら、最後は嗚咽に近い涙を流してしまった。話の流れが理解しきれない子供たちは「お父さん、どうして泣いているの」と不思議がっていたが、ラストシーンの後に、追い討ちをかえるように流れる吉田拓郎の「今日までそして明日から」が、さらに胸を突く。これは大人を泣かせるために作られたアニメだ。

 泣かせるだけではなく、大人たちが過去にこだわり、子供たちには未来が見えない、今の日本を痛烈に批判しているとすら感じる映画版クレヨンしんちゃん。少々説教臭いところのある宮崎駿のアニメより、素晴らしい出来だと思う。
 特にぼくと同年代の人には「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」をだまされたと思って、ぜひ一度見てほしい。これはホント、おすすめの映画だ。

| BEATな映画 | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローリングストーンズ、名古屋ドーム

 昨晩の名古屋ドームで、ストーンズの日本ツアーも最終公演。
 セットリストは以下の通りで、札幌、さいたまとほぼ同じ流れ。しかし、最終日ってことで、いつもより1曲多い全21曲。前半の日替わりメニューでは「Ruby Tuesday」と「You Got Me Rocking」がプレイされ、Bステージでは「Get Off Of My Cloud」が再び登場した。

2006年4月5日 名古屋ドーム

1.Jumping Jack Flash
2.It's Only Rock'n Roll
3.She's So Cold
4.Oh No Not You Again
5.Ruby Tuesday
6.Rain Fall Down
7.You Got Me Rocking
8.Gimme Shelter
9.Tumbling Dice
10.This Place Is Empty (キース)
11.Happy (キース)
12.Miss You (Bステージへ)
13.Rough Justice
14.Get Off Of My Cloud
15.Honky Tonk Women (メインステージへ)
16.Sympathy For The Devil
17.Paint It Black
18.Start Me Up
19.Brown Sugar
20.You Can't Always Get What You Want (encore)
21.Satisfaction (encore)

 今回のツアー、ぼくは一度も会場に足を運ばなかったので、ライブについては何も書けない。ただ、ネット上の感想を見ていると、賛否両論があるようだ。
 もっとも多いパターンが「ストーンズを近くで見られて、感激!」という感じの書き込み。その気持ちよーく分かる。ぼくも前回のツアーを最前列で見た時は舞い上がった。前に何も邪魔するものがなく、わずか数メートル先にミックやキースがいる。それは、夢のような時間だった。
 でも、彼らは世界最高のライブバンドである。バンドがその日にどんな音を出したのか、どんなグルーブで会場を包み込んだのか。そのあたりは、熱くなりつつも、しっかり聴くべきだと思う。
 
 ぼくはコパカバーナのフリーコンサートを見て、キースに元気がないんじゃないかと思った。そして「コパカバーナのストーンズはミック・ジャガーとバックバンドという感じがした」と書いた。
 その他にもいくつか今回のライブ音源を聴いたけれど、やっぱりキースの手数が少ない。ミックとキースが張り合ってこそ、ストーンズはずなんだけれど・・・・。

 「日本のライブでキースはどうだったんだろう」と思っていると、今回のツアーを至近距離で3回見たhiromerさんが、こんな感想をアップされていた。
 至近距離の真実とストーンズへの深い愛情を感じるレポートである。ぼくもストーンズの存続は、キースのギタープレイにかかっていると思う。

| ローリング・ストーンズ | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ローリングストーンズ、さいたまスーパーアリーナ

 昨晩、ストーンズは今回のツアーで唯一アリナークラスの会場、さいたまスーパーアリーナでライブを行った。
 キャパ1万6千人程度、ドーム会場とは違うセットリスト、レア曲を期待したのだが・・・・。

2006年4月2日 さいたまスーパーアリーナ

1.Jumping Jack Flash
2.It's Only Rock'n Roll
3.Let's Spend The Night Together
4.Oh No Not You Again
5.Sway
6.Wild Horses
7.Rain Fall Down
8.Midnight Rambler
9.Tumbling Dice
10.This Place Is Empty (キース)
11.Happy (キース)
12.Miss You (Bステージへ)
13.Rough Justice
14.Start Me Up
15.Honky Tonk Women (メインステージへ)
16.Sympathy For The Devil
17.Paint It Black
18.Brown Sugar
19.You Can't Always Get What You Want (encore)
20.Satisfaction (encore)

 セットリストはこんな感じで、札幌とよく似ている。
 具体的には5曲目から7曲目が変わり、札幌では「Angie」→「Rain Fall Down」→「Bitch」とプレイされたところが「Sway」→「Wild Horses」→「Rain Fall Down」に。 
 アリーナクラスの会場なのに、王道的な選曲はWOWWOWの収録が入ったせいもあるのだろうけど、日替わりメニューだった前回のツアーに比べると、ちょっと物足りない感じがする。

 ところで今回のツアー、会場のセキュリティーが随分と甘いらしい。コンサート始まると、すぐにステージへの突進が始まるようだ。逆にBステージが始まると、前の席からアリーナーの後方に逆突進もあって、とにかく観客が動き回れるらしいのだ。
 このあたりは賛否両論あるようだが、事故さえ起こらなければラフな雰囲気の会場はストーンズらしいと思う。でも、高額のGC席を買った人には不満があるだろうなあ。

| ローリング・ストーンズ | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。