2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

カーペンターズの心の闇

GoldGold
The Carpenters


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ぼくの洋楽初体験は「ビートルズだった」といくつかのエントリーで書いてきた。でも、正直に白状すると、ホントの洋楽初体験はカーペンターズである。
 カーペンターズは1972年、1974年、1976年と3度来日しているが、確か1974年の武道館でのコンサートはTV放送され、それを見て「うわー、きれいな唄だなあ」と、まだ小学生だったぼくは感激したのだ。
 それまで、野口五郎の「オレンジの雨」が大好きだった少年にとって、ロックはまだうるさい音楽で不良の聴くものだった。でも、カーペンターズの音楽は分かりやすかったし、メロディもきれいだった。
 しかし、レコードを買うほどのおこずかいはなく、AMラジオから流れてくるカーペンターズの唄に必死に耳を傾けた。英語の唄を意識的に聴こうと思ったのは、カーペンターズが初めてだった。

 そういえば、中学生の時、転校していく同級生の女の子から「イエスタデイ・ワンス・モア」のシングルレコードをもらったこともあった。
 ぼくはその女の子に、密かに好意を持っていた。でも、告白するまでには至らず、転校してもう会えなくなる日にカーペンターズのレコードをもらったことで「オレのこと、嫌いじゃなかったんだなあ」と分かって、うれしくも悲しいセンチメンタルな気持ちになった。だから、今でも不意に「イエスタデイ・ワンス・モア」を聴くと、胸がキュンとなる。

 ちょうど1週間前の金曜日、風呂上りにテレビをつけると、カーペンターズの特集番組が放送されていた。そして、ぼくは偶然つけたテレビの画面に心を奪われた。「カーペンターズ-スーパースターの栄光と孤独」と題されたNHKの番組では、数々の裏話と共に、彼らの悩みや心の闇の部分も描かれていて、清潔で無害だと思っていたカーペンターズの音楽に、意外にもホンネの発露や心の闇が潜んでいたことが分かったからだ。

 例えば「We've Only Just Begun」はもともと銀行のCMソングで、「Top of the World」はスパースターに登りつめた彼らが、プライベートジェットで世界をツアーできるようなったときの高揚感を表現した唄だったらしい。
 しかし、過酷なコンサートツアーや様々なプレッシャーから、兄のリチャードが睡眠薬依存症(「眠るために飲んだもので、コカインなどのドラックは使わなかった」とインタビューで言い切っていたところが、実に彼らしい)になり、1979年から約2年間の活動停止。
 その後に妹のカレンが摂食障害、拒食症になり1983年に32歳の若さで死去したことは、未だに記憶に新しい。

 生前にカレンがもっと気に入っていた曲は、1995年にテレビドラマの主題歌になり、日本でのカーペンターズのリバイバルブームのきっかけになった「I Need To Be In Love」(邦題は「青春の輝き」)だったいう。
 サビの歌詞は「私は恋をすべきなのかも、でも時間を無駄にしていた、不完全な世界で完璧を求めたしまったの」といったような意味で、ここに自分たちらしい音楽を真剣にクリエイトしながらも、普通の結婚と普通の暮らしを切望していたカレンのホンネがある。それゆえに、彼女はこの唄が好きだったのだろう。

 時に過酷で、ダーティーな部分もあるアメリカの音楽業界の中で生き抜いていくには、カーペンターズはあまりに繊細で清潔だった。そして、スパースターに君臨し続ける体力にも欠けていたのかもしれない。
 しかし、彼らの音楽は、今でもぼくの心を打つ。それは、音楽を真摯に考え、ロックにはない表現方法で、さりげなくホンネを唄っていたからだと思う。
スポンサーサイト

| ロックの名盤 | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューアルバム「COYOTE」に寄せる期待

 中学生の時にビートルズにめざめて以来、ロックを聴き続けているけれど、デビューからリアルタイムでアルバムを追いかけているアーチストというのは、ホントに少ない。佐野元春はその数少ないアーチストのひとりだ。
 ぼくは佐野元春のニューアルバムが出ると発売日に買い、その後のツアーもできる限り行くようにしている。数えたことはないけれど、参加したライブの数でいうとダントツで佐野元春が多いと思う。

 そんな佐野元春の3年ぶりのニューアルバムが6月13日にリリースされる。タイトルは「COYOTE」。動物のコヨーテに由来するタイトルはシンプルなのに、どこか鋭さを感じる。今からリリースが楽しみだ。アマゾンで初回限定のDVD付を予約すると、なぜか通常盤より安いので、早速予約をしてしまった。
 佐野元春の公式サイトでは特集サイトが公開されていて、コンテンツも今後充実していくはずだ。

COYOTE(通常盤)COYOTE(通常盤)
佐野元春


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「昔は佐野元春を聴いたけれど、今でもやっているの?」って人も多いかもしれないが、前作の「THE SUN」は、未だによく聴く傑作。大人になった、かつての佐野ファンこそ、ぜひ聴いてもらいたい1枚だ。

THE SUN (通常盤)THE SUN (通常盤)
佐野元春


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ついでに「コヨーテ」と聞いて、すぐに思い出したのが、ジョニ・ミッチェル。ザ・バンドの解散コンサート「ラスト・ワルツ」でも歌われた「コヨーテ」は大好きな1曲だ。
 アルバム「Hejira(逃避行)」の1曲目に収録されていて、ジョニの唄に寄り添うように絡みつく、ジャコ・パストリアルのベースが実に素晴らしい。
 佐野元春がこの曲の存在を知らないわけがなく、おそらく何かインスパイされた部分があるのではないかと想像している。

HejiraHejira
Joni Mitchell


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 佐野元春 | 18:24 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

付録につられて

Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2007年 05月号 [雑誌]
B000OLHHTW

 先月に日本版が創刊になった「Rolling Stone」。
 創刊号は本屋でパラパラと見たが、音楽誌というよりファッション誌といった印象があって、買うまでには至らなかった。
 2号になっても、その傾向は変わらず、ファッション中心の誌面構成に音楽とカルチャーが少し混じるといった感じだ。ぼくに「Rolling Stoneはアメリカの硬派な音楽雑誌」という思い込みがあるせいかもしれないが、どうにも雑誌の方向性が見えにくいのだ。

 今回もパスしようかなと思ったが、結局レジに持っていってしまった。巻末にミックとキースのポスターが付録として付いていたからだ。
 1975年の「Rolling Stone」の表紙をポスターにしたもので、2人とも上半身がハダカなのだが、さわやかで健康そうなミックの横のキースはけだるそうでジャンキーまるだし。この対比が当時のストーンズの状況を見事に表現していて、素晴らしいワンショットになっていると思う。
 ちなみ、巻頭にも付録が付いている。ヒステリックグラマーのデザインのステッカーで、これもなかなかポップでかっこいいです。

| BEATな読書 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

至福の7分間

 近ごろの夜のお楽しみのひとつが、youtubeでのレアなライブ映像探し。
 この前もボブ・ディランのローリング・サンダー・レビューの珍しい映像の数々を見て「こりゃあ、すげえ!」と夜中に、ひとり興奮してしまった。

 その時、ついでに見つけたのが、ストーンズとボブが「Like a Rolling Stone」を競演するビデオ。1998年、ブラジルのリオにおけるライブ映像だ。
 南米らしく、異常なまで盛り上がっている観客の前に登場するボブ・ディラン。ボブのためにマイクをセッティングしてあげるミック。そして、始まる「Like a Rolling Stone」。



 ボブの横で歌いだしのタイミングをはかるミックからは、彼へのリスペクトや心遣いってのが感じられるし、「Like a Rolling Stone」を唄いながら微笑むボブ(まあ、笑うこと自体が珍しいことではあるが)ってのも記憶にない。キースとロンに挟まれて、ギターをかき鳴らす姿も素敵だ。
 こりゃあ、もう至福の7分間といっていいだろう。

| ローリング・ストーンズ | 10:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これ、ホントに良く出来てます

 テレキャスター2台とジャズベースを買っちゃいました!
 なーんて書くと「あのバカ、またか」と思われそうだが、ホントのお話。でも、大きさは八分の一、いわゆる食玩のミニュチュアギターだ。

 土曜日にいつもの楽器屋に行くと、レジの横に見慣れない箱が並んでいた。「フェンダー・ギター・コレクション」という食玩だ。
 パッケージによると、ラインアップはストラトキャスター(3モデル・6バージョン)テレキャスター(3モデル・4バージョン)ジャズベース(2モデル・3バージョン)の13種類。さらにシークレットバージョンが1種類(楽器店の店員さんによると「ゴールドのストラトです」とのこと)あるらしい。箱を見る限り、なかなか精巧そうなので、とりあえず3箱を買ってみた。

 家に帰って、箱を開けてみると・・・・。
 中から出てきたのは、72年のテレキャスター・シンライン、60年代のテレキャスター・カスタムのサンバースト、62年のジャズペースのオリンピックホワイトだった。
 3箱買えば、6種類もあるストラトが1本くらい混じっていてもよさそうなものだが、テレキャスを2台も引いてしまった。まあ、テレキャス好きの自分らしいが、できればブラッキーがオリンピックホワイトのストラトが欲しかったなあ。

テレキャスター・シンライン

 シンラインをパッケージから取り出し、組み立ててみると、再現度がすごく高い。細いテグスが弦として張られているし、ボディシェイプもオリジナルに忠実。さすがにFホールは穴あきではなく、黒の塗りつぶしだが、ペグはこの時代の特徴のFキー、ネックのジョイントプレートも3点止めで、マイクロチルト用の穴まであるという芸の細かさ。木目の感じも自然である。

テレキャスター・カスタム

 カスタムの方は、まだパッケージの中だが、セルバインディングはもちろんこと、ピックガードがシンラインとは異なり、少し黄ばんだ色になっているのも、なかなかにくい。当然、こちらはシャーラーの6連ペグに4点止めのジョイントプレートだ。

 ギター好き、フェンダー好きにはたまらない食玩は、楽器屋以外でもコンビニやスーパーにも並んでいるらしい。もし、見かければ大人買いは必至でしょう、これは。
 1個400円弱だが、そのクオリティーを考えると、決して高くはないと思う。

| エレキギター、再び | 09:56 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

ビートルズ1のZIPPO

ビートルズ1のZIPPO

 新カテゴリーの「ロックなZIPPO」の2回目はビートルズ。
 デザインは2000年に発売されたベストアルバムの「The Beatles 1」をそのまま流用したもので、何のひねりもないが、真っ赤なZIPPOってのは、なかなか珍しい。このZIPPOは買ったのではなく、パチンコの景品として手に入れたもので、確か2000個と交換だったと思う。

 ビートルズモノのZIPPOは、イエローサブマリンやヘルプのロゴをあしらったものなど色々とあるが、ぼくが持っているのはこれだけ。でも、このデザインはネット上でもあまり見かけたことがないから、結構貴重かもしれない。

 このZIPPOのデザインの元になった「The Beatles 1」は27曲入りのベストアルバムで、通称赤盤、青盤に比べるとお得感がいっぱいの1枚だ。

The Beatles 1The Beatles 1
The Beatles


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 でも、チャートで1位になった曲を集めましたというコンセプトは、ちょっと強引で「Eight Days a Week」や「Yesterday」などは、アメリカだけでシングルとしてリリースされた曲だ。つまり「アルバムに収録する曲は、できるだけシングルとしてリリースしない」というビートルズのポリシーを無視して発売された曲である。
 さらに、最強のシングル曲を集めたといいながら「Paperback Writer」のB面の隠れた名曲「Rain」と「Penny Lane」と両A面扱いでカップリングされたジョンの問答無用の名曲「Strawberry Fields Forever」が収録されていないのは、どういう訳だ! 

 という文句もあるが、名曲目白押しのビートルズの場合は誰もが納得するベストアルバムを作るのは無理な話で、このアルバムの疾走感はなかなか捨てがたい。特に2曲目の「From Me to You」から10曲目の「Help!」までのアップテンポなロックチューンの連発は、初期のビートルズの勢いを見事に再現していると思う。
 実は「ちょっと、ビートルズが聴きたいな」と思った時に、CDプレイヤーのトレイにのせやすい1枚だったりもする。

 でも、このアルバムはあくまでも寄せ集めのゴッタ煮的1枚であって、ホントに聴くべきはオリジナルアルバムであることに変わりはない。ファンが待望しているのは「The Beatles 1」のような企画モノのアルバムではなく、マスターテープにできるだけ忠実な音質のオリジナルアルバムのリマスターだと思うのだが・・・・。

| ロックなZIPPO | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

追悼 成毛滋さん

 3月29日、ギタリストの成毛滋さんがお亡くなりになった。
 毎日新聞の記事はこちら。 

 成毛滋と聞いても、今の若い人たちにはピンとこないだろう。でも、ぼくたちの年代、つまり40~50代のギター好きには忘れられない名前だと思う。
 1970年代、グレコのギターを買うと「グレコ・ロックギター・メソッド」という赤い教則本とカセットテープが付いてきた。このテープでグレコのレスポールモデルを弾き、先生役として登場していたのが、成毛滋さんだ。

 昔のギターキッズはこの教則セットで8ビートピッキングやチョーキングを覚え、ZEPの「Whole Lotta Love」やバニラファッジの「You Keep Me Hanging On」のリフが弾けるようになって、エレキギターの面白さにどっぷりはまっていった。
 まだ、情報が少なく、ギターの教則本といっても「ドレミの弾き方を覚えましょう」なんて調子で始まるものが多かった時代に、カセットテープ付きの「グレコ・ロックギター・メソッド」は実に画期的なエレキギターの教科書だった。
 
 ただ、成毛滋さんはメジャーな音楽生活を歩んだとは言い難く、正式にレコーディングされた音源は数少ない。ぼくたちも成毛滋さんがどんなバンドで活動しているのかは、よく知らなかったが、「グレコ・ロックギター・メソッド」はみんなが持っていた。だから、親しみと尊敬を込めて「成毛先生」と呼んでいたと思う。
 あの「グレコ・ロックギター・メソッド」は、エレキギターを始めた友人にあげてしまったので、今はもう手元にはない。でも、ぼくのエレキギターの第一歩は、まちがいなくあの1本のカセットテープから始まった。

 さらに、成毛滋さんのすごいところは、1969年のウッドストックコンサートを現場で体験しているということ。
 おそらく、あの大観衆の中に日本人はいたとしても数人だっただろう。そんな本場のコンサートを体験し、実際にミュージシャンの技を目で見て学び、日本に持ち帰って、いち早く紹介していたのが成毛滋さんだったのだ。

 このページを見れば、成毛滋さんというミュージシャンがいかに凄かったのか、よく分かると思うが、あまりに先鋭的過ぎて、日本のロック史の中では正当な評価をされていなかった気がするのが、実に悔やまれる。
 享年60歳、あまり早過ぎる死だった、合掌。

 youtubeを検索してみると、こんな動画を発見した。成毛滋さんというギタリストのすごさの一端がうかがえるムービーだと思う。

| BEATな話題 | 17:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しいカテゴリー、ロックなZIPPO

 何かと慌しかった年度末も終わって、早くも4月。
 ようやく仕事も一段落して、春休み中の息子と一緒にボーッとお昼寝なんかしていると、今ごろになって風邪をひいてしまった。幸い、インフルエンザではなく、熱も微熱で終わりそう。でも、風邪ってやつは気を抜いた途端に、体の中に入ってくるものだなあ。

 新年度ということで、このブログにも新しいカテゴリーを作ろうかなと思い付いたのが「ロックなZIPPO」。
 ぼくは未だにタバコが手放せないオールドウエーブな奴で、節煙は考えことはあっても、禁煙なんかしようと思ったことがない。そして、使っているライターは25年以上もZIPPOのみだ。
 この無骨で、考えようによってはとても不便なライターは、常にぼくのポケットの中や机の上にあった。だから、今さら他のライターに変える気にはなれない。

 今でもコレクションしているつもりはないのだが、20個以上のZIPPOが手元にある。それほど高いものではないので、気に入ったデザインのZIPPOを見かけるたびに買っていたら、かなりの数になってしまったのだ。その中から、なんとなくロックなモノを紹介していきたい。

ウッドストックのZIPPO


 最初の「ロックなZIPPO」は、ぼくのハンドルネームの由来でもあるウッドストックのコンサートのZIPPOだ。
 10数年前、アメリカに行った時、ロサンジェルスのお土産物屋で、2個セットで売られていたのを見つけて購入。おそらくウッドストックの25周年に開催されたコンサートの記念に作られたものだろう。
 黒のマット仕上げで、ポスターの図柄からのデザインだが、69年のものはアコースティックギターにハトが1羽、それに対して94年のものはストラトのヘッドにハトが2羽というのが面白い。ぼくのお気に入りのZIPPOだ。

| ロックなZIPPO | 17:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。