2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キングの単独の来日公演が決定!

 願い続けていれば、いつか想いは届く。
 なんと、キャロル・キングの単独の来日公演が決定したのだ!

 すでに、今日からキョードー東京でのHPでは先行予約が始まっている。
 ライブの日程は11月10日、11日が渋谷のオーチャード・ホール。11月21日、22日が有楽町の国際フォーラムと、現在発表されているのは東京での4公演だ。

 今回のツアーのタイトルは「Wellcome To My Living Room Tour Japan2008」。
 おそらく、ライブの構成はCDで何度も聴いて、DVDを何回も見た「The Living Room Tour」と同じような流れになるだろう。

The Living Room TourThe Living Room Tour
Carole King


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ベスト・ヒッツ・ライヴ~ウェルカム・トゥ・マイ・リヴィング・ルームベスト・ヒッツ・ライヴ~ウェルカム・トゥ・マイ・リヴィング・ルーム
キャロル・キング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 去年の来日はジョイント・コンサートだったが、今回は単独公演。
 「あの『The Living Room Tour』が短縮バージョーンではなく、そのまま目の前で楽しめるんだ」と考えるだけで、もう鳥肌ものですなあ。

 ぼくはキョードー東京のHPを見て「できるなら、こじんまりとしていて音響も良さそうなオーチャード・ホールで見てみたい」と、勢いで先行予約しそうになったが、公演の間が空きすぎているのが気になる。これは他の都市でもライブがあるのではないだろうか。

 実はもうひとつ気になっているライブがある。THE・WHOだ。
 このところのぼくは「行く、行きます」とブログに書いたライブに行けなくて、ライブ狼少年状態だった。だから、あえて書かなかったのだが、THE・WHOの日本初の単独公演も11月に実現する。彼らも一度は見たかったバンドのひとつだ。

 THE・WHOの大阪でのライブが11月13日。そして、キャロル・キングのライブがその週末の14日から16日あたりに大阪であれば、1回飛行機に乗るだけで、二度おいしいことになる。
 大阪はぼくが生れた街だけど、2003年のストーンズのリックスツアーで大阪ドームに行ってから、5年も帰っていない。懐かしい友達に久しぶりに会って、キャロル・キングとTHE・WHOのライブが連続して見られたら、最高だろうなあ。

 ここは冷静になって他の都市の公演の発表を待ちますが、今回はたとえ東京だけのライブでも行きますよ。

 最後になりましたが、ブログへのコメントで、いち早くキャロル・キングの単独公演のニュースを知らせていただいたはらやんさん、どうもありがとうございました。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ
スポンサーサイト

| キャロル・キング | 18:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アナログと地デジと真空管アンプ

 数日前の夕方、教育テレビの子供向けの番組を見ていた長男が「おとうさん、テレビに『アナグロ』って文字がずっと出ているよ」といってきた。「なんじゃ、そりゃ」と見に行くと、確かに画面の右上の隅に「アナログ」という文字が出ている。
 ちなみに、ウチの長男は「地デジ」のことを「ジデジ」と読むので、ホントは「アナグロ」では「アナログ」が正解なのだが、画面の隅の文字に気が付くと、これが実に目障りなのだ。

 気になって、ネットで調べてみると、この文字が入り始めたのは24日からで、ちょうど3年後の地上波アナログ停波に向けての対応らしい。ということは、停波ギリギリまで地デジにするつもりのない我が家は、この文字をこれから3年間も見続けることになるわけで「言われなくても、ウチのテレビがアナログのなのは分かってるわい」と、なんだが腹が立ってくる。

 「そもそも、地デジのメリットって何だ?」と調べてみると、まず画質が良くなるそうだ。でも、これって当然ハイビジョン対応のテレビでないと意味がないわけで、我が家にある旧式のブラウン管のテレビではあまり意味がないだろう。
 さらに、双方向のコミュニケーションが可能らしいが、別にクイズ番組に参加する気はないし、テレビで買い物もできるらしいけれど、それはネット通販でも充分な気がする。
 
 いずれにせよ、3年後には地デジ対応のテレビかチューナーを買わないと、壊れてもいないのにテレビが見られなくなるなんて、納得いかない部分があるぞ。何もかも、デジタルにするなよなあ。

真空管、6L6と12AX7

 そんなことを考えながら、昨日はフェンダー・ジャパンのツイード・チャンプの真空管を交換した。
 このアンプ、15年ほど前に作られたものだが、おそらく真空管は一度も換えられていない。近ごろ、少し夏バテ気味でノイズものるようになったので、パワー管とプリ管をロシア製の新品の真空管を取り付けてみると、元気な音がアンプに戻ってきた。

 慣れてしまえば、真空管の交換はわずか数分で終わる作業だ。しかし、同じ形式であっても、真空管には個体差があって、パワー菅とプリ菅を換えることで歪みの具合やトーンが微妙に変わる。このあたりもトランジスタ・アンプにはマネのできないところで、真空管アンプの面白いところだ。

 ぼくはアンプの音から真空管にしか出しえないトーンを感じるし、キャビネットの裏でほのかに輝くオレンジ色の光には、何ともいえぬ暖かみがある。感情に訴えかける音楽というジャンルには「0」と「1」という信号ですべてを割り切ってしまうデジタルでは表現できない何かがあると思う。
 とはいえ、デジタルが全盛期の現在、真空管はアナログの極みのような電子部品だ。普通に生活していれば、まず目にすることはないだろう。しかし、ギターやオーディオの世界ではバリバリの現役である。音を増幅するという単純な目的のためなら、未だに真空管は充分使える電子部品なのだ。

 その証拠として、多くのプロのギタリストが真空管アンプを愛用しているし、最近では毎月のように真空管を使ったニューモデルのギターアンプが登場する。
 そして、その中には真空管とデジタルを巧みに融合させようとしているものある。


Fender USA Super Champ XD

 例えば、このフェンダーのアンプも、その中のひとつ。真空管を使ったプリアンプ、パワーアンプに、デジタルのエフェクトとモデリングアンプを組み合わせた21世紀型のスーパーチャンプだ。

 これまで、ぼくはこの手のアンプに懐疑的で「別にチューブアンプだけでいいじゃん」と思っていた。でも、ちょっと前のエントリーに書いた「弦六本舗」さんで試奏用に置いてあった「Fender USA Super Champ XD」の音を聴いて、とても驚いた。クリーントーンとリバーブの音が想像以上に美しかったのだ。その音はチューブアンプ以外の何者でもなく、10インチのスピーカーが使われているせいか音圧も充分で、低音の出方にも迫力があった。
 実売価格が3万5千円程度なので、16種類のエフェクトと16種類のアンプモデリングのデジタル部分はおまけと考えても、クリーンチャンネルとリバーブだけで充分におつりのくるアンプではないだろうか。

 世の中がいくらデジタル化したところで、それを使う人間の身体構造は根っからのアナログなんだから、デジタルからの恩恵を受けつつ、アナログ的に生きるべきかもしれない。
 「Fender USA Super Champ XD」は、こんな風に少し高尚なことすら考えさせてくれる良質のアンプだった。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材ランキングへ

| エレキギター、再び | 13:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロックンロールのゴットファーザーと息子たち

 歴史の中に「もしかして」はない。でも、たまに「もしかして」を空想してみるのも面白い。
 ロックの場合、もしチャック・ベリーがいなかったら、ジャンルそのものが成立しかっただろう。さらに、ビートルズやストーンズが世に出ることもなかったかもしれない。
 ワンパターンと思われがちなイントロのギターとリフ。しかし、あれこそがロックンロールのアイコンであり、チャック・ベリーの偉大な発明なのだ。

 そんなロックロールのゴッドファーザーと、彼の影響をモロに受けた息子たちの競演を見てみよう。
 まずはジョン・レノン。1972年に放映されたテレビ番組の中での競演だ。



 「Come Together」に関する盗作問題で因縁のある2人だが「チャック・ベリーは、ぼくのヒーロー」と言い切るジョンが、実に楽しげにプレイしているのが印象的。
 チャック・ベリーの決めワザのひとつ、ダックウォークも軽やかだ(バックでヨーコが唸るのは、そんな時代だったからですね)。

 次はキース・リチャーズとの競演。映画「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」の中の有名なひとコマだ。



 チャック・ベリーというおっさん、変人というか性格的にかなり問題のある人らしく、お金に汚く、逮捕歴も数回ある。さらに、ツアーには出ても、バンドは同行させず、現地でミュージシャンを調達しては、適当にライブを繰り返していた。
 そんな行き当たりばったりのチャック・ベリーをキースが「ちゃんとしたライブをしないとダメだよ」と説得。チャック・ベリーの60歳の誕生日を祝って、豪華ゲストを招いたライブが実現した。そのライブを舞台裏を含めて撮影した映画が「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」だ。

 映画の中でキースはチャック・ベリーの複雑怪奇な性格に引きずり回されるが、彼を必死に盛り立てようとする姿はあまりにけなげで、感動的ですらある。しかし、撮影中に多くの衝突があったのも事実のようで、象徴的なシーンがこれだ。
 「キャロル」のイントロを弾くキース。しかし、チャック・ベリーが「ちょっと待ちな。そうじゃねえだろうよ」と演奏を止めて、チョーキングのやり方の指導をする。怒りをこらえて、イントロを弾き直すキース。しかし、そのむくれた顔は映像に残されているキースの表情の中でも、ピカイチの怖さだ。

 キースに説教をするチェック・ベリーも只者ではないが、恐怖すら感じるむくれ顔からはキースの本性のようなものを感じますなあ。

ヘイル!ヘイル!ロックンロール(完全限定版 4枚組コレクターズ・エディション)ヘイル!ヘイル!ロックンロール(完全限定版 4枚組コレクターズ・エディション)
リンダ・ロンシュタット, チャック・ベリー, ロバート・クレイ, ジュリアン・レノン, テイラー・ハックフォード


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 昨年暮れに4枚組みのコレクターズエディションも発売された「ヘイル!ヘイル!ロックンロール」はロック・ファン必見の映画であることはまちがいないだろう。

 最後は、ブルース・スプリングスティーンと大定番曲の「Johnny B Goode」を競演する姿をどうぞ。



 チャック・ベリーも年をとって、少しは丸くなったのか、周りに気をくばりながらプレイしているように見える。
 しかし、最後までチャック・ベリーを見つめ続けるブルース・スプリングスティーンからは「このオヤジ、何しよるか分からん」という緊張感も感じられる。

 1926年生まれで、80歳を超えたというのに、未だに現役でステージに上がり続け、お得意のダックウォークを披露するチャック・ベリー。ロックロールのゴッドファーザーの前では、ジョンとキース、そしてボスだって、永遠に息子のままなのだ。

Greatest HitsGreatest Hits
Chuck Berry


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| ロックの名盤 | 18:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイセズよ、お前もか

 ぼくには「大好きだあ」とあまり声にはしないけれど、昔から密かに聞き続けているバンドがいくつかある。
 フェイセズもそんなバンドのひとつ。ルーズでポップなのに、そこはかとなく哀愁の漂うフェイセズは、実にイギリスらしいバンドだと思う。

 バンドのメンバーはロッド・スチュワート、ロン・ウッド、ロニー・レーン、イアン・マクレガン、ケニー・ジョーンズの5人。
 今、名前を見ると「スーパーグループか」と勘違いしちゃいそうな豪華なメンバーだが、当時はちっともスーパーではなく、単なる酔っ払いのロックンロール・バンドであった。

 そんなフェイセズが残したオリジナルアルバムは、わずかに4枚しかない。

First StepFirst Step
The Small Faces


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Long PlayerLong Player
Faces


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


A Nod is As Good As a Wink to a Blind HorseA Nod is As Good As a Wink to a Blind Horse
Faces


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Ooh La LaOoh La La
Faces


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 どれを聴いてもハズレなしの名盤揃いである。
 しかし、この場合の名盤という言葉は「不朽の名作」ではなく、どちらかというと「B級の星」的な意味が濃いあたりが、実にフェイセズらしい。意識的にルーズにプレイしているのか、ホントにはずしているのか、よーく分からない絶妙なバンドのノリがツボにはまる人にとっては、たまらなく魅力的なアルバムばかりだと思う。

 ピカイチのB級ロックロール・バンドだったフェイセズの悲劇は、ロッド・スチュワートがソロシンガーとして、ブレイクしたところから始まった。
 みんなで酒を飲んで、騒ぎながらレコーディングをして、そこそこ売れ始め、楽しくライブを繰り返している頃は良かったのだが、ロッド・スチュワートがソロ名義でリリースしたアルバム「Every picture tells a story」の中に入っていた「マギー・メイ」が大ヒットし、バンドに亀裂が入り始めたのだ。

Every Picture Tells a StoryEvery Picture Tells a Story
Rod Stewart


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 実は、この「Every picture tells a story」はソロ名義とはいえ、バックでほとんどの曲をプレイしているのは、フェイセズのメンバーだ。つまり、フェイセズ在籍時のロッド・スチュワートのソロアルバムは、フェイセズが作ったものに限りなく近かった。ソロ活動とフェイセズの境目が曖昧だったのである。
 彼らはホントに仲が良かったのだと思う。だから、ロッドのソロアルバムであろうと、フェイセズであろうと分け隔てなく一緒にプレイしたのだろう。

 しかし、それが「マギー・メイ」の大ヒットによって裏目に出る。ステージでもロッドのソロの曲とバンドの曲を分け隔てなくプレイしていたフェイセズは、本人達の意思に反して、次第にロッドのバックバンドのような扱い方をされるようになっていく。
 そんなフェイセズに失望したロニー・レーンが脱退。替わりに日本人のベーシスト・山内テツが加入するも、フェイセズはあえなく解散してしまう。



 この映像はキース・リチャーズがゲスト出演した解散直前のフェイセズのライブ。既にバンドの仲はかなり悪かったのだろうが、楽しそうにプレイするフェイセズの様子がよく伝わってくる。
 ついでに、70年代にキースやロニーと並んで、笑顔でプレイしていた日本人ベーシストが居たことも、今となっては驚きに値する快挙だと思う。

 フェイセズ解散後のメンバーの歩みは、みなさんご存知の通り。
 ロッドは「アイム・セクシー」路線でブレイクし、軽薄なロック・シンガーを演じ続けた。近年では渋いスタンダード曲をカバーして、現役のリードボーカリストとして精力的に活動している。

 ロン・ウッドは解散直後にサポートメンバーとしてローリング・ストーンズに加入し、ツアーに同行。今では在籍年数が30年を越えて、すっかりストーンズの一員である。


 そんなフェイセズが33年ぶりの再結成に向けて動き始めているという。

70年代UKロックを代表する伝説的バンド、THE FACESが33年ぶりの再結成に向けて始動か?

 リンク先の記事によると「年内にも新作のレコーディングと再結成ツアーを行う可能性がある模様」らしいから、彼らが30年以上の年月を経て、フェイセズとしてステージの立つ日も近いのかもしれない。

 でも、ぼくはフェイセズが復活することに対して、素直に喜べない気持ちもある。
 彼らの音楽の魅力は、曲から密かに漂ってくる儚さや悲しさである。それはあの時代にしか出しえなかった匂いで、今さらフェイセズが再結成したとしても、同窓会的な集まりにしかならないのではないか。
 大物バンドの再結成ブームに便乗した「オレたちも一山当てようぜ」的なノリは、実にフェイセズらしいとも思うのだが・・・・。

 そんなことを考えていると、こんなニュースも飛び込んできた。

R・ストーンズのロン・ウッド、リハビリ施設に入所

 ストーンズのツアー中は禁酒できるらしいけれど、ツアーが終わるとアル中に逆戻りしてしまうロニーが、遂にリハビリ施設に入所したらしい。
 こんなニュースを読むと、ロニーの快気祝い、次のストーンズのツアー開始まで酒との距離を遠ざけるためのフェイセズの再結成、ツアーってのもありかなと思ってしまう。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| ロックの名盤 | 20:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怪しくも楽しい、釧路の中古楽器屋さん

 この前の土曜日、仕事で久しぶりに釧路に行った。
 ぼくの住む街から約150キロ離れた場所にある釧路市は、太平洋に面し、釧路湿原と隣接する道東で一番人口の多い街である。

 実は、少し前から釧路に行ったら、立ち寄ってみたい楽器屋があった。「弦六本舗」というお店だ。
 このお店の存在は、去年の夏頃にグレコのダンエレクトロのコピーモデルについて検索している時、ホームページにたどり着いて知った。でも、ホームページを見る限り、実際にお店があるのかのどうか、よく分からない。そのへんの表現があやふやなのだ。
 かといって、実店舗なしのインターネット通販専門店というわけでもなさそうなので、電話で連絡してみると「お待ちしていますよ」との返事があった。

 住所を頼りにお店をたずねてみると、そこには普通の会社があるだけだった。
 まちがった場所に来てしまったわけではなさそうなので、入り口の横にある事務所に入って確かめてみると「あっ、ギター屋さんですね。駐車場の奥にある建物の二階にありますよ」と教えてくれた。

 「こんなところに、お店があるのかなあ」と思いつつ、教えられた建物に行ってみると、一階は資材置き場のような場所になっている。靴を脱いで階段を上がると、普通の事務所のようで人の気配はない。しかし、奥にあるパーティションで仕切られた部屋からギターの音が聞こえてくる。
 おそるおそるドアをノックしてみると、そこが「弦六本舗」だった。中に入ると、壁の一角にギターが並び、窓際にドラムセットがあって、机の向こうで店長さんが笑っていた。

弦六本舗の店内

 「弦六本舗」のHPの「在庫リスト」を見てもらうとよく分かるはずだが、このお店が取り扱ってきたギターには、ひとくせもふたくせもあるようなものが多い。なぜか、希少で貴重なギターが集まるお店なのだ。

 幸か不幸か、ぼくが行った時には「これは!」という1本はなかった。でも、店長さんとは音楽的な趣味がとても似ていたので「ストーンズはテイラー期に限りますねえ」とか「THE・WHOはキース・ムーンが生きていた時が最高」とか「泉谷しげるの『春夏秋冬』は日本のフォークの最高傑作ですね」などと、熱くなって2時間ほど話し込んでしまった。
 もちろん、店長さんはギターに関する知識も豊富な方だったので、中古ギターの目利きやメンテナンスにも信頼のおけるお店だと思う。

 どうしてこのような形態で営業されているかについては、あえて書かないけれど、「弦六本舗」は怪しくも楽しい中古ギター屋さんである。
 もう少し家の近くにあれば、通い詰めてしまいそうなお店だなあ、ここは。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材ランキングへ

| エレキギター、再び | 20:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大定番のオーバードライブ BOSS SD-1

 エフェクターの中でも、オーバードライブは「ギターに軽い歪みをかけるだけのエフェクターなのに、どうしてこうも数が多いんだろう?」と思ってしまうほど、多くのメーカーから様々な機種が発売されている。

 「これって、気持ちいい」と感じる歪み具合はギタリストによって異なるだろうし、軽めの歪みを作り出すという単純な目的のエフェクターだからこそ、メーカーによるトーンの方向性や嗜好が明確に出せるのかもしれない。
 さらに、深い歪みをかけるほど、ギターやアンプの個性は失われていく傾向にあるけれど、軽めの歪みのオーバードライブの場合は、これらの機材との相性も見極めないといけない。

 とにかく「歪み」はエレキギターには欠かせないもの。だからこそ、ギタリストにとってオーバードライブ選びは、楽しくも難しい課題になる。


 そんなオーバードライブの大定番のひとつが、1981年の発売以来、25年以上もカタログのラインナップされ続けているBOSSの「SD-1」(SUPER OverDrive)だ。
 「SD-1」にはTONEつまみが追加されているものの、BOSSのコンパクト・エフェクターの記念すべき一号機である「OD-1」と同じ回路である非対称オーバードライブ・サーキットが採用されているから、限りなく「OD-1」に近いトーンが出るらしい。その点からも、「SD-1」はBOSSのオーバードライブの原点を、今に伝えるエフェクターといえるだろう。

BOSS SD-1

 ぼくは以前に紹介した「THE OVERDRIVE BOOK 2」を読んでから、国産オーバードライブの原点といわれるアイバニーズの「チューブ・スクリーマー」と「OD-1」を、一度は試してみたいと思っていた。
 すると、いつものパターンでお手軽な値段のついた中古の「SD-1」をハードオフで見つけてしまった。既にオーバードライブは何台か持っているけど、いそいそとお買い上げである。
 うーん、エフェクターにはまってしまった男の悲しい性ですなあ。

 早速、エフェクトボートに組み込んで「SD-1」を鳴らしてみると、良くも悪くも濃厚なトーンが持ち味のエフェクターだった。
 ミドルがグッと持ち上がって、マイルドにオーバードライブされたトーンは、近ごろ流行りのトーンにあまり色を付けないオーバードライブと比べると、いかにエフェクターを踏んでいるという感じがするし、クセのある中域の濃さに対しては好みがはっきりと分かれそうだ。

 個人的には「SD-1」の濃厚なトーンが気にって入るし、アンプをドライブさせるけれども、決して暴れさせず、マイルドな歪みにまとめ上げるといった効き具合にも好感が持てる。
 例えば、レスポールのフロントピックアップを選んで「SD-1」を踏み、少しオーバードライブさせれば、ポール・マッカートニーの「My Love」のギターソロのような甘いトーンがアンプから出てくるのだ。
 


 濃いめのトーンのエフェクターだけに、誰の好みにもあうというわけではないだろうけれど、中古の玉数も多く、新品を買っても8千円程度の「SD-1」は、初心者の方にもおすすめできるし、トーンの傾向さえ自分にあえば、今でも充分に楽しく使えるエフェクターだと思う。


BOSS SD-1

 ちなみに、1985年に生産中止となったOD-1にはプレミアが付いて、状態の良い物はとんでもない値段になっている。


中古BOSS OD-1 EARLY BOSS

 ぼくは「OD-1」を試したことはないけれど、BOSSの開発者が「THE OVERDRIVE BOOK 2」に掲載されていたインタビューの中で「まったく同じ音は出ないけれど、近い音は出る」というニュアンスの発言しているのだから、値段を考えれば現行の「SD-1」で充分だと思うんだけどなあ。
 でも、些細なトーンの違いにこだわる気持ちはよーく分かるし「OD-1」も一度は鳴らしてみたい。

 そんなことを考えていると、エフェクターに関するエントリーがすごく充実しているブログ「気になるおもちゃ」「OD-1」に関するレビューがあった。
 「なるほどね」と思える内容なので「OD-1」と「SD-1」の違いが気になる方は、ぜひ参考にしてください。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材ランキングへ

| エレキギター、再び | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友人手作りのエフェクター SUPER HARD-ON

「SUPER HARD-ON」

 今回紹介するエフェクターは、友人が自作したブースター「SUPER HARD-ON」だ。
 ぼくは電気的な知識など皆無なので、SAMURAI Soundのキットを買って「Crazy Fuzz」を作ったが、大阪に住んでいる友人が「1個作るのも、2個作るのも、手間は同じだから」と送ってくれた「SUPER HARD-ON」は、ネット上に公開されていた回路図を読み取り、一から部品を揃えたホントの自作エフェクターである。

 つまみが1個のみというシンプルなブースター「SUPER HARD-ON」は、「Z.VEX」というメーカーが作っている同名のエフェクターのコピーだ。


ZVEX Super Hard on

 ケースのペイントまで手書きというハンドメイドエフェクターらしいが、普通に買えば、とても高価なブースターだ。でも、自作すれば、材料費数千円で作れてしまうらしい。

 これまで、ぼくはブースターというエフェクターを使う意味がよく分からなかったが「SUPER HARD-ON」を使ってみて「なるほどね」と思ったことが、いくつかある。
 まず、単純に音量の切り替え。バッキングからリードに移る時、ブースターを踏んでギターの音量を上げて、ガッンと弾く使い方だ。
 でも、ぼくは「SUPER HARD-ON」を常にONにしたままギターを弾いている。これを使うとギターのトーンが艶やかになり、アンプがワンランクアップしたような気がするからだ。
 
 ぼくが使っている友人が自作した「SUPER HARD-ON」は、つまみが2時の位置あたりまではクリーンブースターとして使える。あるポイントまでは、ギターのトーン自体にそれほど味付けをするエフェクターではない。
 しかし、これをONにしているとギターのピックアップの力を増幅して、最後の一滴まで搾り出すような効果があるような気がするのだ。常時ONにしていても邪魔にならず、ギターの持っている性能を引き出す。ぼくにとって「SUPER HARD-ON」は、そんな役割をしてくれるエフェクターである。
 さらに「SUPER HARD-ON」を歪み系のエフェクターの前に置くか、後ろに置くかでも、トーンがかなり変わってくる。ブースターというエフェクター、追求していけば意外に深い世界がありそうだ。

 ちなみに「SUPER HARD-ON」の元ネタを作った「Z.VEX」を主宰するザッカリー・ベックス氏は「エフェクター界の奇才」と呼ばれているらしい。日本語の公式HPに掲載されているインタービューを読むと、その片鱗がうかがえる。


Z.VEX Fuzz Factory

 彼の作った「Fuzz Factory」は、かなりの「変態ファズ」らしく、慣れるまではまともな音を出すことすら難しいそうだ。
 しかし、使いこなせるようになれば、極悪な歪みからヴィンテージ・ファズのトーンまで出せるという「Fuzz Factory」。奇才の作った変態ファズってだけで、かなりそそられるものがあるぞ。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材ランキングへ

| エレキギター、再び | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レスポール的名盤3 Bob Marley「LIVE!」

 先月、ぼくの住んでいる北海道のオホーツク海側では不順な天候が続き、思わずストーブをつけてしまう日もあった。でも、7月に入ってからは晴天が2日続き、気温も25℃近くまで上がった。

 やっと来た、夏。今日はTシャツを着て、ボブ・マーレーの「LIVE!」を聴いた。

Live!Live!
Bob Marley & the Wailers


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 実はこのアルバムについては、去年の夏にも書いた。音楽的な側面については、こちらのエントリーを読んでもらいたいが、今回はレスポール的名盤という視点から、このアルバムについて考察してみようと思っている。

 ジャケットにも大きく写っているが、ボブ・マーレーが愛用していたギターは、大幅に改造されたレスポール・スペシャルである。
 彼はキャリアの初期にはラージヘッドでサンバーストのストラトキャスターを弾いていたが、50年代後期に製造された推測されるレスポール・スペシャルを手に入れてからは、1981年にわずか36歳の若さで亡くなるまでそれを使い続けた。

 レスポール・スペシャルの改造された点として、まず目につくのは、大型のスイッチ・プレートとネック。
 特にネックはブロックインレイでバインディング付きだから、通常のレスポール・スペシャルとは大きく仕様が異なる。これは推測になるが、ネックが折れた際に、同じ特徴を持つレスポール・カスタムのネックが移植されたのではないだろうか。
 その他の部分では、バーブリッジからチューンOマチックへの変更。さらに、チェリーレッドが退色したのかもしれないが、オリジナルのレスポール・スペシャルにはないボディカラーも、リフィニッシュされたと考えるのが妥当だろう。

 ぼくにはボブ・マーレーがギタリストという認識はなかった。でも、ライブの映像を見ると、彼がレスポール・スペシャルを激しくかき鳴らしながら、レゲエという音楽を世界中に広めていったことが、よく分かる。



 Youtubeで見つけた「I Shot The Sheriff」の中で、ボブ・マーレーが肩から下げているレスポール・スペシャルは、ギターの形をした斧のようだ。彼にとってギターは武器のひとつだったのではないだろうか。
 そして、同じシングルコイルのギターだが、ストラトキャスターの鋭利で繊細なトーンよりも、ファットで図太いトーンを弾き出すP90がマウントされたレスポール・スペシャルを生涯の愛機としたのも、その生き方を考えればなんとなく分かるような気がする。

 ボブ・マーレーの「LIVE!」をレスポール的名盤とするには違和感がなくもない。
 でも、レスポール・スペシャルでポジティブなバイブレーションを奏で続けたボブ・マーレーは、レスポールのサウンドを象徴するギタリストの一人だと思うのだ。


 ボブ・マーレーのレスポール・スペシャルは、世界で最も有名なギターのひとつだろう。でも、それをコピーしたギターはあまり見たことがないような気がする。
 と思っていると、新潟の楽器屋「あぽろん」にそのものズバリの1台があった。

EDWARDS ONE LOVE ボブマーレーレスポール

 お店がエドワーズに特別にオーダーしたという「ONE LOVE ボブマーレー・レスポール」は、個人的にはレリック加工がやり過ぎかなという気がしないでもないが、あのギターの特徴をとてもうまく再現していると思う。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| ロックの名盤 | 21:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。