2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後のエピフォン・レスポール・ゴールドトップ

エピフォン・レスポール・ゴールドトップ 今日は久しぶりにエピフォン・レスポール・ゴールドトップのお話を。

 もう1年以上も前の話になるけれど、近所のハードオフでジャンク品のエピフォン・レスポール・ゴールドトップを買った。しかし、このギター、見かけはそれほど悪くなかったのに、いきなり大問題が発生した。
 買ってすぐにネックの反りを調整しようとトラストロッドを回すと、ローズ指板がネックから剥離したのだ。

 モノは試しと木工用ボンドで接着して、3日ほどクランプで固定しておくと、何とかくっついた様子。これは応急処置的なものと思っていたけど、1年以上経っても指板が剥がれることもなく「木工用ボンドの接着力って、意外に強いんだなあ」と驚いている。

 その後も色々と改造を続け、手を入れた箇所は以下の通り。

・フロントPUをディマジオのPAFに交換。
・リアPUをPRSのSE用のピックアップに交換。
・コンデンサをオレンジドロップに交換。
・ジャックをスイッチクラフト製に。
・内部配線をベルデンなどで強化。
・ペグとテールピースをGOTO製に交換

 と、ここまでの改造は紹介済みだが、、ピックガードがないこと、リアピックアップのトーンが気に入らず、さらに手を加えた。

 まず、ピックガード。これはノーブランドの取付金具付きのものを手に入れた。
 購入前にはピックアップ間の距離を確かめておいたのだが、いざ届いてみるとギターにフィットしない。結局、糸のことややすりで加工して、何とか取り付けた。

 これはペグやテールピースの交換の時にも感じたことだが、韓国製のエピフォンは規格のずれがあるのか、取り付け穴などの位置が微妙に合わない。そして、この微妙なずれが意外にいやらしくて、無理に取り付けようとすると、余計な力がかかってネジの頭をなめたりする。
 エピフォンのギターを改造しようと思っている人は微妙の規格の違いに要注意だと思う。

 次はリアピックアップ。PRSのSE用のピックアップはどうも抜けが悪くて、鼻づまり気味で、トーンがスカッとしない。本来ならフロントと同じくディマジオのPAFにするべきなんだろうけど、それでは芸がないように思えたし、フロントはカバードタイプ、リアはオープンというちょっと前に流行ったスタイルも気に入っていた。

 そこで第一候補に考えたのが定番中の定番、セイモア・ダンカンのSH-4だ。


★セイモアダンカン JB Model Humbucker SH-4

 おそらく、これは世界で一番売れているハムバッキングのリプレスメント用のピックアップだろう。

 実はリアPUの交換を考えている時期に、最初からSH-4が付いている新品のギターを試奏したことがあった。その時の印象は「パワフルだし、歪ませるとすごくいい感じ。ちょっとザラザラしたトーンが、実にロックっぽいなあ。でも、その分だけクリーントーンがきれいじゃないのね」という感じだった。
 ぼくはギターに過度な歪みを求めていないし、どちらかというとパワフルなトーンより枯れた感じのほうが好きだ。となると、クリーントーンにダスティな印象があるSH-4は選択外になる。

 最終的に選んだのは、同じくダンカンのSH-1だった。無難な選択だが、これならフロントPUとのバランスも悪くないだろうし、クリーントーンにも期待できそうな気がしたのだ。


Seymour Duncan '59 Model SH-1

 ぼくが買ったのはリバースゼブラのSH-1。本来なら黒が上、クリームが下になるのだが、これは逆の配色になっている。トーンにまったく影響しないことだけど、見かけが改造レスポールっぽくって、自己満足度が高い選択だった気がする。

エピフォン・レスポール・ゴールドトップ

 肝心のトーンだが、良い意味で癖がない素直な出音だ。SH-4のようなパワフルさはないけれど、クリーントーンは格段にきれい。もちろん、歪ませても悪くはない。適度な軽さと暖かさを併せ持ったトーンも好みだ。

 これでエピフォン・レスポール・ゴールドトップのレストアと改造は完了した。ジャンクで1万円だったギターに倍以上の改造費をつぎ込んでしまったけれど、そこそこ満足いくの仕上がりになった思う。

 そして、この1本でぼくはレスポールというギターの面白さに目覚め、去年の暮れにもう1本のレスポールを手に入れた。そのギターの話は別のエントリーで。
スポンサーサイト

| エレキギター、再び | 16:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しいデジカメ、RICOHのR10に驚いた

 デジカメは仕事道具のひとつである。現像に出さなければ見られなったフィルムの時代には考えにくかったが、デジカメになってからはメモ代わりに写真を撮ることが多くなったのだ。
 ぼくは2台続けて、キャノンのIXYデジタルを使ってきた。IXYは小さなボディやデザイン、画質もそれなりに気に入っていたのだが、最近になってスイッチの接触が悪くなったせいで、カメラの立ち上がりの遅さにちょっとストレスを感じるようになった。
 よく考えれば、2台めのIXYを買ったのは、かれこれ5年前になる。愛用の1台だったけれど「これは買い替え時かもしれんなあ」と思いつつ、ネット上で最近のデジカメの情報を集め始めた。

 まず、驚いたのが値段。昔に比べれば、ずいぶんと安くなっている。2万円ちょっとでそこそこ使えそうなデジカメが買えそうだし、画素数も1000万画素が常識。液晶モニターが大きくなっているのに、電池の持ち時間は長くなっている。どれを選んでも、仕事のメモ代わりとスナップ写真を撮るには充分のような気がする。

 となると、予算と相談しながら、何となく雰囲気で選ぶという感じになってくるのだが、ぼくにはちょっと前から気になるデジカメが1台あった。リコーの「GR DIGITAL II」だ。


[ポイント5倍 3年保険付]【一眼レフをしのぐ解像度を示すデジカメ】RICOH GR Digital II 『即納...

 いかにも「カメラでございます」というデザインが良いし、定評のある画質も魅力的。光学ズームなしで、28mm換算でF2.4の単焦点レンズを搭載しているという潔さもステキだ。
 ただ、メモ代わりに使うとなると、ズームがあったほうがいい状況も多いから、広角だけでは少し不便な気がする。GRに未練を残しつつ、他のリコーのデジカメを見ているとR10というのがあった。


【超お買い得!新品セール品】RICOH R10リコー RICOH R10

 いわゆるエントリークラスのデジカメで、値段は2万円ちょいだが、安っぽさを感じさせないデザインが良い。レンズも広角から7倍ズームをカバーしているし、一通りの機能は付いているから、充分に使えそうだ。

 というわけで、今月の始めにR10を購入。色んな状況でシャッターを押してみたけれど、5年前のIXYに比べると驚くくらいにうまく写せる。
 例えば、下の写真のように逆光、夕日という状況でも、何も考えずにシャッターを押すだけで、そこそこの写真が撮れる。凍った湖にたたずむオジロワシを撮るために、ズームはフルに使っているけれど、画像に粗さも目立たない。

網走湖の夕日
※クリックで拡大。画像はトリミング、リサイズしてあります。

 あえてR10の難点をあげるとすれば、ボディが薄いことでカメラをホールドし難いところだろうか。
 ぼくには「カメラは脇をしめて、しっかりと両手で抱えて撮影する」というクセが染み付いている。R10は片手で撮るにはいいけれど、両手で撮るのには少し薄くて頼りないのだ。あまり使うことはないのだけれど、光学ファインダーがないのも少し寂しい。

 このあたりは携帯で撮る写真に、未だに少し抵抗感のある古い人間のグチかもしれない。でも、きっちりとカメラを構えるというのは基本中の基本で、ボディが小さくて薄いせいで手ぶれ防止機能が付いているというのは本末転倒な気もするんだけどなあ。


 デジカメを買うついでに驚いたのが、記録メディアであるSDカードの値下がりだ。

Transcend SDHCカード Class6 8GB TS8GSDHC6Transcend SDHCカード Class6 8GB TS8GSDHC6


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 なんと8Gで、2千円を切っている。こんなのを入れちゃうと、最高画質で撮ったとしても数千枚の撮影が可能なわけで、えらい時代になったもんだと思う。ぼくがデジカメを使い始めた頃は36MBのコンパクトフラッシュが高価な代物だったから、デジタルの世界の5年というのは、ひと昔前どころか、遠い過去のような気がする。

 それに比べると、ギターの世界は未だに真空管アンプがもてはやされ、50年以上も前に設計されたテレキャスターやレスポール、ストラトキャスターが売れ筋のギターだったりする。デジタルの世界に比べると、進歩がなくって、いかにも保守的だ。
 高機能になって、値下がりするというのは良いことなんだけど、デジタルの世界の加速度的な進歩というのも、どうなんだろう?とことんアナログな楽器、エレキギターを弾いているとそんな疑問も頭に浮かぶ。
 いずれにせよ、5年後のデジカメはさらにすごいことになっているんだろうなあ。

| BEATな話題 | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4カ月ぶりに、弦六本舗さんへ

 この前の日曜日、仕事の帰りに寄り道をして、久しぶりに釧路にある中古楽器屋、弦六本舗さんへ行ってきた。
 最後に行ったのが去年の11月だから、4カ月ぶりの訪問になるが、いつの間にかお店が2階から1階に移転していた。さらに、お店の面積も倍くらいになった感じがする。片側の壁一面に、ちょいと怪しいモノを含めて様々なギターが並ぶ様子(写真を撮るの忘れてしまったけど)が、とてもいい感じだ。
 普通の会社の駐車場の奥という怪しい場所にあることに変わりはないけれど、1階に移転してかなり楽器屋さんらしい店構えになったような気がする。

 でも、ぼくにとって隠れ家的な楽器屋であることに変わりなく、店長の阿部さんとしゃべりながら、手渡されるギターを次々と試奏していると、ついつい時間を忘れてしまう。気が付けば、2時間以上が過ぎ、すっかり日は暮れて、150キロ先にある家路が遠くばかり。でも、なかなか店を出る気になれないのだ。


 これまではネット上での販売を中心に営業されていた弦六本舗さんだが、2階から1階への移転を機にして、実店舗のほうにも力を入れていくのか、下のようなフライヤーを作られた。
 サムネールをクリックすると大きな画像が出てくるが、そこに「何処にあるんだ!?」のコピーと共に、お店の地図も添えられている。

弦六本舗のフライヤー

 ただし、店長の阿部さんは「ある時は普通のサラリーマン。そして、ある時は中古楽器屋の店長」という、ギターの品揃えと同じく、ちょっと怪しい方である。いつでもお店が開いているわけではないので、来店時には事前に連絡しておいたほうが安心。前日にでも、メールか電話をしておけば、きっちりと対応してくれると思います。

| エレキギター、再び | 16:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今頃になって、MA-1を着る

 ぼくは中古ギターが目当てで、家の近くにあるハードオフに週に2、3回は通っている。
 そのハードオフはオフハウスを併設しているので、中古の服や家具、カバンなんかも売られている。行ったついでに、こちらも見てまわるのだが、ほとんど使用感のないフランネルシャツやトレーナー、ジーンズなどが格安で並んでいることがあって、ここで服も買うようになってしまった。いやはや、近頃はいろんな意味で、リサイクルショップ頼みの生活である。

 ちょっと前に、オフハウスで冬物のジャケットのコーナーを見ていると、アメリカ軍のフライトジャケット、MA-1がぶらさがっていた。
 このMA-1というジャケットは映画「トップガン」が上映されたのをきっかけにして、爆発的に流行。ぼくが20代後半の頃には、街中にMA-1を着た人がいっぱいだった。
 今になって思い返せば、日本の街にアメリカ軍のアーミーウェアーを着た人があふれていたのは、どことなくおかしな光景だった思う。そして、天邪鬼なぼくは「みんなが着ているから」という理由で、MA-1は買わず、THE・WHOからの影響もあって、モッズコートとも呼ばれるミリタリーパーカーを着ていた。


Men's【HOUSTON】(ヒューストン)M-51パーカーミリタリーモッズコート

 でも、20年ぶりくらいに、MA-1をしみじみと見ると「おっ、何だかかっこいいではないか。今ならこれもありかも」という気分になってきた。しかし、オフハウスにあったものは着古されているわりには値段が高い。「うーん、これはパスやなあ」と店を出たけれど、家に帰ってもMA-1の存在が気になる。
 早速、ネットで「MA-1」と検索すると、売っているお店はすぐに見つかった。まったく、物欲の形がはっきり見えるとネットほどタチの悪いものはない。


 ALPHA [アルファ] MA-1 KNOX ARMORY セージ

 一番安かったのはアルファ社のセカンドライン「KNOX ARMORY」のMA-1。中国製ながら、5千円を切る値段は魅力的だ。
 でも、ぼくは「MADE IN USA」という言葉に弱い。今や中国製のほうが縫製が良い場合も多いのに、それでもアメリカ製に惹かれちゃうのだ。このあたりは高校生の時に愛読した「POPEYE」の影響が未だに尾を引いているのだろうなあ。


【定番】【送料無料】ALPHA [アルファ] MA-1 ヴィンテージグリーン

 結局、買ったのは中国製より3千円ほど高いアメリカ製。数日後には家に届き、毎日のように着ているのだが、かなり気に入ってしまった。これまで冬には裾の長めのアウトドア・メーカーのジャケットを着てきたので、ショートジャケットの着心地も新鮮だ。左腕に付いているポケットもスモーカーにはありがたい。
 いまさらMA-1という感じもするけれど、アウトドア・ウェアほどオーバースペックではなくて、程よく暖かいシンプルな作りのジャケットは、今でも大いにありのような気がする。


 日本でMA-1を大流行させるきっかけとなった映画「トップガン」のテーマ曲といえば、これ。



 あの頃は映画のサウンドトラック盤が大ヒットすることも多くて、次の曲もすごく流行った。



 どちらの曲もシンセサイザーが鳴りまくる80年代の典型的なアッパーソングだ。ぼくは硬派なロックファンを気取っていたので、流行した当時も夢中になって聴いたわけではない。でも、あの頃は街に出れば自然に耳に入ってきたような曲だから、妙に懐かしくて、甘酸っぱい響きを感じる。
 80年代はすっかり遠くなってしまったけれど、音楽にはその時代の空気感を呼び覚ます力があるんだなあ。

| BEATな話題 | 19:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギターのつや消し作業に没頭する

 早くも数週間前の出来事になってしまったけれど、さいたまスパーアリーナで実現したクラプトンとジェフ・ベックの競演。
 ぼくは諸事情から早々と参戦見送りを決めていたけれど、ライブ当日になると気持ちが何だか落ち着かない。「やはり、行っておけば、良かったか」と後悔したところで、埼玉とは千キロ以上も離れている場所に住んでいるから、どうにもならない。かといって、落ち着いて仕事をする気分にもなれず「こういう時は細かな作業に没頭するのが一番」と始めちゃったのが、ギターのつや消し作業だ。

 「ギターマガジン」に連載されている「ホームリペアのテクニック~実践編」はギターのリペアの参考になるので、毎号じっくり読んでいるけれど、2月号に気になるところがあった。そこには「艶のあるフィニッシュを艶消しにするのは、実は超カンタン!」と書かれていて、ナイロンたわしでこするだけで、ギターがつや消し状態になるのだという。

ギター・マガジン (GUITAR magazine) 2009年 2月号
B001O0U17C

 実はビルローレンスの「TRIGGERⅡ」を改造していて、気になる部分があった。試行錯誤の末に自分で作り上げた「ミカウバーもどき」だが、妙にテカテカと光っていて、それらしくないのだ。
 新品に近い状態のギターをナイロンたわしで、ゴシゴシとこすっちゃうことには抵抗がありそうだが、格安のジャンク品を手に入れ、ノミでキャビティを広げ、配線を含めていじくりたおした「ミカウバーもどき」なら、いまさら何をやっても平気だ。

ミカウバーとスチールウール

 というわけで、ライブに行かなかったモヤモヤを忘れるために、つや消し作業を開始。まずはピックガードを外して、普段は隠れている部分でつや消し効果を試してみる。スポンジの裏に付いているナイロンたわしでゴシゴシすると、なるほどつや消し状態になるけれど、目が細かすぎるのか、やたらと時間がかかる。
 それならばと、お鍋のこげ等を落とす時に使うスチールウールでこすってみると、これがビンゴ!ギターの表面が面白いようにつや消しになっていく。

 「これでいけそう」という気持ちになったので、すきのないつや消し状態にするためにギターを分解する。パーツを付けたままでも作業はできそうだが、つや消しの境目を目立たせないためにも、ボディから外せるものは全部取っ払ったほうが良いように思えたのだ。セットネックのギターの場合は無理だが、テレキャスターだからネックも外した。
 あとはテカテカのクリア塗装の部分に、スチールウールをひたすらこすりつけていくだけなので、ホントに簡単だ。

 2時間ちょっとでつや消し作業は完了。にぶく光るナチュラルボディに生まれ変わった「ミカウバーもどき」の仕上がりに自己満足する。ネックのさわり心地もしっとりした感じに変わって、とても良い。

 最後に、つや消し作業を実際にやってみて感じた注意点を箇条書きにしておく。

・作業上の唯一の注意点というか、コツはたわしを一方向だけに動かすこと。あとは根気強く手を動かし続けるだけ。
・つや消しとはいっても、実はたわしで細かな傷をつけて、塗装を削り落としている。こすっていると細かな塗装の削りカスが出るし、これを吸い込むと体に良いはずがないので、作業はマスクを付けて、屋外でやったほうがいいかもしれない。ぼくは家の中でやってしまったので、あとの掃除が大変でした。
・ぼくの場合はスチールウールが効果的だったが、どんなたわしが良いかはギターの塗装の状態や種類によって異なるはず。ギターによってはナイロンたわしがベストの場合もあるだろう。いずれにせよ、必ず目立たない部分でつや消し効果をテストしてから、本作業に移るように。

 以上がぼくの思い付いた点だが、おそらくラッカーフィニッシュのギターにはたわしによるつや消しは逆効果だろう。とてもじゃないけど、新品のギターをたわしでこすりまくる勇気もない。
 でも、ちょっと昔の古ぼけたポリフィニッシュのギターなら、細かな傷は逆に消えちゃうし、有効なリペアかも。にぶく光るようになった「ミカウバーもどき」は、けっこーいい感じです。

| エレキギター、再び | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。