FC2ブログ

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

キャロル・キング、1973年のライブDVD

『つづれおり』ライヴ 1973 [DVD]『つづれおり』ライヴ 1973 [DVD]
キャロル・キング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 昨年末のステージで、ぼくをウルウルさせまくったキャロル・キングの新しいライブDVDが5月27日にリリースされる。
 新しいといっても、内容は1973年のモントルー(スイスにある都市でジャズ・フェスティバルで有名。ディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」の歌詞にも登場するレマン湖畔のリゾート地)のライブを収録したDVDだ。

 来日をきっかけに再燃したキャロル・キングの人気に便乗して、発掘されたライブ・フィルムって感じがするけど、若い頃の彼女の映像はほとんどが見たことがないだけに、この手のものがリリースされることはファンとしてはうれしい限りである。

 今のところアマゾンのショッピングページに詳しい内容は掲載されていないが「bounce.com」をよると、収録曲は19曲らしい
 「Tapestry」から9曲、当時の最新アルバムだった「Fantasy」からも9曲。2枚のアルバムから以外の唯一の曲は「Up On The Roof」のみで、現在のライブで聴けるようなヒットパレード的な選曲ではないあたりが、逆に楽しみだ。

 しかし、いくら有名だからといって、何でもかんでも「つづれおり」って名前をタイトルに付けるってのは、どうなんだろう。単純に「ライブ・アット・モントルー・1973」でいいと思うんだけど。

 この機会に70年代のキャロル・キングの映像をいくつか紹介してみたい。

 まずは、ジェームス・ティラーがゲスト参加する「So Far Away」。キャロル・キングの横で椅子に腰をかかえてベースを弾いているのは、当時の夫でもあったチャーリー・ラーキーだ。



 おそらく「Tapestry」をリリースした直後と思われるが、なかなか貴重な映像ではないだろうか。

 もうひとつはジェームス・ティラーがメインの「You've Got a Friend」。



 キャロル・キングは後ろでしっかりとピアノを弾いているけれど、なぜかハモらないのが不思議。でも、ジェームス・ティラーの歌声の素晴らしさがよく伝わってくる映像だと思う。


 この先はキャロル・キングの話から脱線しちゃうけど、ジェームス・ティラーがらみで、もう1本。
 当時の妻だったカーリー・サイモンとデュエットする「Mockingbird」。



 シャウトするジェームス・ティラーも良いけれど、何といってもカーリー・サイモンが素晴らしい。裸足で一緒にステップを踏むところあたりは、ホントにかっこよくって、ロック界最高のおしどり夫婦(この後に離婚しちゃったけど)を感じさせますなあ。


 ぼくはカーリー・サイモンも好きだが、この人のアルバム・ジャケットには、ちょっとセクシーでステキなものが多い。

No SecretsNo Secrets
Carly Simon


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まず、デビューアルバムの「No Secrets」。ミック・ジャガーのコーラスで有名な「You're So Vain」が入っているアルバムで、小さい写真だとジャケットは何の変哲もないポートレートに見えるけれど、実はノーブラで、胸ポッチが・・・・。
 ジャケットの大きなレコードの時代、この写真のインパクトは大きかった。

Boys in the TreesBoys in the Trees
Carly Simon


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 もう一枚は、ぼくが高校生の頃にリリースされた「Boys in the Trees」。これも、大人の色香が漂うジャケットだったなあ。
スポンサーサイト



| キャロル・キング | 16:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月