2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

アビーロード・スタジオ売却から一転、重要文化財に

 2月は「逃げる」なんていうけれど、あっという間に月末。「昔の人はうまいこというなあ」と思いつつ、冬季オリンピックを横目に見ながら、年度末進行で仕事をこなしていると、ブログを更新する時間がなかった。

 それでも音楽関係で、すごく気になるニュースはあった。

B0025KVLUQAbbey Road (Dig)
Beatles
EMI 2009-09-09

by G-Tools

アビーロード・スタジオ、売却へ 英EMI経営難で 

 詳しくは朝日新聞の記事を読んでいただきたいが、イギリスのEMIが経営難で投資会社に買収されていたとは知らなかった。それでも、資金繰りが苦しかったらしく、アビーロード・スタジオも一度は売却と決まったのだが・・・・。

アビーロード・スタジオ、重要文化財に

 一転して、音楽の歴史的建造物として重要文化財に指定され、ビートルズの聖地として存続するようだ。BARKSの記事を読む限りではスタジオとしての機能も維持されるかどうか不明だが、イギリスの英断には拍手を贈りたい。

 でも、ビートルズが数々の名盤をレコーディングしたスタジオが重要文化財になるってニュースには「もう、彼らも歴史の一部で、オレの聴いてきたロックも過去のものなのか」という複雑な想いも抱いてしまうけど・・・・。

 そういえば、ピンクフロイドのアルバム「Animals」のジャケットで有名なバタシー発電所もイギリスの重要文化財なんだとか。

B000024D4RAnimals
Pink Floyd
Columbia 2001-12-29

by G-Tools

 テムズ川沿いに立つバタシー発電所は1930年代に建設された石炭を燃料とする火力発電所。1983年に閉鎖された後も、ピンクフロイドのジャケットと同じ姿のまま放置され、廃墟と化しているそうだ。
 バッキンガム宮殿と並んで、アビーロード・スタジオやバタシー発電所が重要文化財に登録されている街-ロンドン、なかなかすごいとこですなあ。
スポンサーサイト

| ビートルズとその周辺 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アプローズのウクレレ、UA-20の滑り止め

 バンクーバーの冬季オリンピックが始まって、いつもよりテレビを見る時間が長くなった(やっぱり、カーリングが面白い。今回は日本チームのほとんどの試合が放送されるようで、おかげで午前中は仕事になりません)が、相変わらず暇があるとウクレレをポロポロと弾いている。

 近いうちに、お気に入りのウクレレ・サイトも紹介しようと思っているけれど、ネット上にはPDF形式のコード一覧やTAB譜がたくさんアップされている。それらをプリントアウトして、いくつかの曲を覚えたので、レパートリーも少しずつ増えてきた。

 弦が4本の分だけ、ウクレレはギターよりも簡単ともいえなくもないが、フレットの間隔が狭い分、押さえにくいコードもあったりして、きれいに音を出すのが難しい場合もある。でも、ウクレレはギターにはない独特の世界があるような気がして、なかなか楽しい。

アプローズのウクレレ、UA-20の滑り止め

 前のウクレレのエントリーにも書いたけれど、ぼくが買ったアプローズのウクレレの弱点はボディバックが樹脂製で丸いことから、胸に抱えて弾く時に滑りやすくて、ホールドしにくことだ。
 「ストラップピンを付けるのもひとつの手かな」とも考えたが、ウクレレにギター用のピンは大き過ぎるような気がするし、ストラップもギター用では太すぎて、バランスも悪いだろう。ウクレレ用のストラップというのもあるが、アプローズの場合はサウンドホールの形状が普通のウクレレとは異なるので、それも使えなさそうだ。
 そこで、マジックテープの片方を貼り付けてみると、滑り止め効果があって、立って弾く時の安定感が高まった。

 でも、見た目がちょっとかっこ悪いし、マジックテープのケバケバが服に絡みつくような感じもする。100円ショップに立ち寄った時「何か、ほかに滑り止めはないものか」と探してみると、良さそうなのが見つかった。
 家の近くのダイソーには10種類くらいの滑り止めテープやシールがあって、どれにするか悩んだが、ぼくが選んだのは「すべり止めクリアシール-浴槽用」というやつ。10枚入っていて、当然ながら100円だ。
 裏の注意書きには「ザラザラ面には接着しません」と書いてあったが、ドライヤーで少しシールを暖めてから、ウクレレの後ろに貼ると、ぴったりとくっついた。
 胸に抱えて弾いてみると、摩擦抵抗はマジックテープより少し落ちるものの、充分な滑り止め効果があった。

 アプローズのウクレレ、UA-20の立って弾く時の滑りやすさに悩んでいる人は、他にもいらっしゃるような気がするが、100円ショップの滑り止めシール、意外に使えますよ。ホント、近ごろの100円ショップはあなどれんな。
 
 ちなみに、オベーションのブランド名で発売されているエレクトリック・ウクレレUCE48には最初からストラップピンが付いているから、メーカーも滑りやすさには気付いているってことなんだろうな。


Ovation Celebrity Ukulele UCE48-A8 [エレクトリック・ウクレレ] 【特価】

 家でポロポロと弾く分にピックアップは必要ないかと思うけど、コンサートサイズでシングルカッタウェイのウクレレも、なかなか魅力的だな。

| ウクレレ | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スーパーボウルのTHE・WHO

 スーパーボウルとは、アメフトのNFLの優勝決定戦で、アメリカ最大のスポーツイベントでもある。
 そんなスーパーボウルのハーフタイム・ショウには、毎年のように大物ミュージシャンが出演する。ちょっと前にストーンズが出演したことは記憶に新しいけれど、なんと今年はTHE・WHOが登場!ど派手なパフォーマンスは繰り広げた。





 わずか10数分、スーパーボウルのハーフタイムという限られた時間の中でのパフォーマンスだが、THE・WHOのエッセンスがギュッと濃縮されていて、その疾走感はすごいの一言だ。ピートの気合の入り方も尋常ではない気がする。

 曲は切れ目なしのメドレーでプレイされ「Pinball Wizard」「Baba O'Reilly」「Who Are You?」「See Me, Feel Me~Won't Get Fooled Again」とキラーチューンを連発。今ではたった2人のTHE・WHO、しかも共に還暦を越えてしまったが、ドッカンドッカンと打ち上がる花火に負けない気迫あるパフォーマンスを見ていたら、そんなことを忘れてしまいそうになった。

 スーパーボウルのTHE・WHO関連の映像をもうひとつ。
 これはおそらく記者会見か何かでのパフォーマンスだと思うが、ピートとロジャーの2人だけで、アコギを持って「Behind Blue Eyes」と「Pinball Wizard」をアンプラグドにプレイしている
 彼らがアコギだけでWHOナンバーを披露するのは、とても珍しいことだが、これもまた素晴らしい。「派手な動きがなくても、THE・WHOの曲は心に染みるなあ」ってことを思い知らせてくれる映像だと思う。

| THE WHO | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

厳寒の街からアロハ、真冬のウクレレ

 早いもので、2月も一週間が経過してしまったけれど、とにかく先週は寒かった。
 日本列島をすっぽりと覆った寒波の影響で、全国的に寒かったようだが、ぼくが住む街は連日のように最低気温がマイナス15℃以下になった。日中の気温もマイナス5℃程度までしか上がらず、まさにフリーズアウトな日々だった。

 そんな厳寒の2月にウクレレを買った。
 自分でも「季節外れもいいとこだな」と思うけれど、以前から気になっていたApplause(アプローズ)のウクレレ、UA-20が新潟の「ちょっと面白い楽器店あぽろん」の決算セールで、とても安く売られていたのだ。しかも、欲しかった色だったアダマス・ベージュが1本だけ残っていたので、迷わずポチッとしてしまった。

Applause UA20-A7

 大雪の新潟から厳寒の北海道に送られてきたウクレレは、オベーションのアダマスのミニチュア版のようで、とてもキュートなスタイル。ベージュのサンバーストという独特の色も気に入った。

 肝心の音の方はボディの形状のせいか、普通のウクレレよりも音量が大きい気がする。ただ、ポロンポロンといった柔らかな音ではなく、ちょっと硬質なトーンがウクレレらしくないといえば、らしくないかも。
 とはいえ、韓国製ながら造りは悪くないし、クールソンタイプのペグが付いているせいで、ウクレレにしてはチューニングも安定している。
 本格的にウクレレを追求している人からすれば、邪道なところのある1本かもしれないけれど、アプローズのウクレレはなかなかコストパフォーマンスが高いと思う。

 難点があるとすれば、ボディバックが樹脂製で丸いことから、胸に抱えて弾く時にホールドしにくことだろうか。
 ストラップピンを付けて、肩から吊るすことも考えたが、試しにマジックテープの片方(ツンツンと尖っている方)を貼り付けてみると、滑り止め効果があって、立って弾く時の安定感が高まった。

 ってなわけで、最近は窓の外の雪景色を見ながら、アロハシャツではなくフリースを着て、毎日のようにウクレレを弾いている。ウクレレの柔らかなナイロン弦はエレキギターの弦とは違って、寒くても指に優しい。だから、意外にも冬向きの楽器かもしれないな。


Applause/by.OVATION ( アプローズ ) UA20-A7【特価品 送料無料】

| ウクレレ | 18:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。