2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ストーンズはアーカイブ・ビジネス期に入ったのか?

 前のエントリーでは、ストーンズのお蔵入り映画「レディース・アンド・ジェントルメン」について書いた。
 この手の未発表モノがリリースされることは、少々懐にはこたえるものの、ファンにとって歓迎すべきこと。ブートでしか聴けなかった曲や映像が、現代のデジタル技術で鮮明になって蘇るのも、うれしい。

 ただ、今回の「レディース・アンド・ジェントルメン」の前をよーく考えてみると、ストーンズの計画的な思惑のようなものが感じられる。

B002OIH81Aゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!<40周年記念デラックス・エディション>(DVD付)
ザ・ローリング・ストーンズ アイク&ティナ・ターナー B.B.キング
ユニバーサルインターナショナル 2009-12-16

by G-Tools

 まず、昨年の暮れにはミック・ティラー加入直後の69年のライブ盤「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!」の完全盤といえそうな「40周年記念デラックス・エディション」がリリースされた。

 これはオリジナル盤に収録されていた10曲のリマスターに加えて、ディスク2に未発表ライブを5曲、ディスク3にライブ収録当日に競演したB.B.キングとアイク&ティナ・ターナーのライブと2枚のCDを追加。さらにDVDまで付いた豪華盤だ。

 単に未発表曲を加えただけのリマスターにはせず、B.B.キングとアイク&ティナ・ターナーのライブまで加えたことにはある種の心意気は感じる。少々お高くなっているのが欠点だが、60年代末のストーンズのライブの記録としては貴重なセットだと思う。

 そして、次にリリースされたのが「メインストリートのならず者」のリマスターと未発表曲が満載のデラックス・エディション。

B003BR57Z2メイン・ストリートのならず者<デラックス・エディション>
ザ・ローリング・ストーンズ
ユニバーサルインターナショナル 2010-05-19

by G-Tools

 これにはいくつものバージョンが発売され、中には超高額のモノもあって「なんと!21万円のストーンズのBOXセット」というエントリーも書いた。


 さらに「メイン・ストリートのならず者」のドキュメンタリー映画も製作されて、DVDもリリース。

B003M13X1M(日本語字幕入)ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実 [DVD]
ヤマハミュージックアンドビジュアルズ 2010-07-28

by G-Tools

 ここまで来ると「ストーンズも用意周到、かなり計画的やなあ」と思うけれど、さらにダメ押しをするように、前のエントリーでも書いた「レディース・アンド・ジェントルメン」のリリースである。

B003WSSMIOレディース・アンド・ジェントルメン [DVD]
ザ・ローリング・ストーンズ
WHDエンタテインメント 2010-10-13

by G-Tools

 これで「レディース・アンド・ジェントルメン」と同時期に撮影されて、同じくお蔵入りになったタイトルからして放送禁止の映画「コック・サッカー・ブルース」のDVDまで発売されれば、72年のティラー期のストーンズの映像と音はほぼコンプリートするのではないだろうか。


 でも、これまでのストーンズは未発表の曲や映像、レアトラックの類の扱いに関しては慎重で、出したとしても小出しのチラ見せが多かったと思う。
 例えば、ちょっと前はこんなCDをリリースして、ファンの反感を買ったのは記憶に新しい。

B000CBO0VCレアリティーズ1971-2003
ザ・ローリング・ストーンズ
EMIミュージック・ジャパン 2006-01-25

by G-Tools

 これは「レアリティーズ」のタイトルとは裏腹に、希少な曲があまりに少なく、不評だった一枚。逆にいえば、ストーンズ・サイドがレアトラックの出し惜しみをしたと感じる。
 ぼくの「レアリティーズの看板に偽りあり」とは思うけれど、意外にこのCDは嫌いじゃない。今でもたまに聴いたりするけれど、早くも廃盤なのね。


 とにかく、過去の遺産を売り物にするアーカイブ・ビジネスには消極的と思えたストーンズだが、去年の暮れあたりからは、惜しげもなく、計画的にアルバムやDVDが連発されている。

 その理由を憶測してみると、ニューアルバムやツアーがないので、別の何かで稼ぐ必要があるってことのような気がする。
 「ミックやキースは、すでに大金持ちでお金なんか必要ないんじゃないの?」とも思うが、彼らの懐具合とは関係なく、70年代とは比べものにならないくらいに巨大化しているはずの「株式会社ローリング・ストーンズ」または「ローリング・ストーンズ・カンパニー」のようなものを維持していくには、それなりの資金が必要なのではないだろうか?

 いずれにせよ、ストーンズがアーカイブ・ビジネスに本腰を入れ始めたのはまちがないだろう。この先は「LOVE YOU LIVE」の完全盤や同時期に収録されたパリ・ライブの映像、さらには「ベガーズ・バンケット」や「レット・イット・ブリード」のデラックス・エディションあたりがリリースされそうな気がするし、ストーンズなら未発表曲、別テイク満載のBOXセットだって、簡単に作れるだろう。

 それはそれで、うれしいことだが、ストーンズがアーカイブ・ビジネスに本腰を入れ始めたってことは、Xデーが確実に近づいている証のような気もするのだ。
 過去の遺産も楽しいけれど、ぼくは現役のロックロール・バンドとしてのストーンズをもう少しの間だけ聴きたいし、70歳に手が届きそうになった今の彼らのライブを目に焼き付けておきたい。
 アーカイブもいいけれど、バンド結成50周年記念のライブが見たいぞ!
スポンサーサイト

| ローリング・ストーンズ | 22:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月にストーンズの「Ladies And Gentlemen」がリリース

 お盆休みと子どもの夏休み(北海道の場合、夏休みは短いけれど、その分冬休みが長い)も終わり、ようやくいつもの生活のペースに。しばらく更新間隔が長くなっていたブログも、これからは通常営業(とはいっても、週1か2の更新ですが)ができそうだ。

 休み明け一発目はローリングストーンズの話題。
 以前にも書いたけれど、ストーンズが70年代に製作したものの、なぜか公開中止になってしまった映画「レディース・アンド・ジェントルメン」のDVDが10月13日にリリースされる。

B003WSSMIOレディース・アンド・ジェントルメン [DVD]
ザ・ローリング・ストーンズ
WHDエンタテインメント 2010-10-13

by G-Tools

 すでに、アマゾンでも予約が始まっていて、当然ながらぼくもポチッとな。
 この映画はブートビデオで何度も見たけれど「デジタルリマスターで映像や音が良くなると、さらにすごいぞ」と思うと、軽く興奮してしまう。
 ライブバンドして絶頂期だったミック・ティラー在籍中のストーンズを見られる「レディース・アンド・ジェントルメン」はまちがいなくおすすめの1本だ。

 このDVDの発売に先駆けて、なんと日本武道館で「レディース・アンド・ジェントルメン」が上映される
 幻となった日本公演と同じ時期に撮影された映画を日本武道館で公開するという企画、なかなか粋ですな。


 映画がらみでいうと、あの「ROLLING STONES AT THE MAX」が大阪のサントリー・ミュージアムで当初の上映規格どおりのIMAX方式で公開されている。

 このニュースはFINEさんのブログで知ったのだが「高さ20m×幅28mの世界最大級のスクリーンとデジタル6トラック・15000wのメガサウンド」でストーンズを体感してみたいぞ。
 でも、わざわざ飛行機に乗って、大阪まで映画を1本観に行くわけにもいかないもんなあ。

 ちなみに「ROLLING STONES AT THE MAX」は今月末まで。
 IMAXシアターを併設しているサントリー・ミュージアムも今年いっぱいで休館になるらしいから、IMAXでストーンズを見られるのも、これが最後のチャンスかも。


 最後に72年のストーンズの映像を。スタジオライブから「Tumbling Dice」。


 
 この曲でも流麗なティラーのギターと、それにからんでいくキースのコードカッティング。リラックスした雰囲気のスタジオ・ライブからでも、72年のストーンズはライブバンドとして絶好調であったことがうかがえる。
 こういうのを見ると、2ヵ月後の「レディース・アンド・ジェントルメン」の発売が、ますます待ち遠しくなっちゃうな。

| ローリング・ストーンズ | 18:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トレーニング用の「SUUNTO」と「Time After Time」

 北海道らしくない暑さが続く8月。そんな暑さの中でも、ウォークマンのエントリーでも書いたように、ランニングを続けている。
 隣町の北見市で観測史上最高の37・1℃を記録した6日のような日には、さすがに熱中症が心配で走りはしなかったけれど、習慣になっちゃったせいか走らないと何だか1日が物足りないのだ。

 でも、何となく走り続けるだけでは面白くない。走るというのは基本的に辛い行為だけに、お手ごろな目標のようなものが欲しくなってきた。
 そこで手を出してみたのがSUUNTO(スント)の時計だ。

SUUNTO 腕時計 T1c

 SUUNTOはフィンランドのメーカー(時計自体は中国製だったが)で、様々なスポーツに使える時計を販売しているが、ぼくが買ったのはトレーニングシリーズの「T1c」というモデル。「走る時にしか付けないのだから」と派手なオレンジ色にしてみた。

 時計としての機能は最小限しかない「T1c」だが、心拍数を測定できて、それを本体に記録していく。体に測定用のベルトを付けるのが少々面倒だが、走っている最中も自分の心拍数、カロリー消費量などを確認できる。
 さらに、記録は蓄積することができるので「おっ、今週はよく走ったなあ」などと、あとで振り返ることができるあたりも、なかなか面白い。


 買う前は「どうせ、おもちゃ程度だろう」と思っていたが、実際に「T1c」を使ってみると、毎日のランニングが少し楽しくなった。
 今では「速度や距離も測定できる上位機種を買えば、良かったかも」と思うほどだ。


 いずれにせよ、目標が数値化して分かるというは意外に楽しく、励みにもなる。雪が降り始めるまで「T1c」を腕に付けて、走り続けようと思っている。


 と、これでは音楽の話がひとつもないので、時計にちなんで「Time」という言葉がタイトルに入っている曲について考えてみた。すると、真っ先に思い出したのが「Time After Time」だ。

 「Time After Time」は説明不要のシンディ・ローパーの名曲。リリース直後から聴いているから、この曲とはかれこれ25年以上のつきあいになるわけだ。



 映像はごく最近のTVでのライブ。アンプラグド風の「Time After Time」だが、これが素晴らしい。名曲というのは、どう料理しても名曲である。
 ついでに、57歳のシンディ姉さんもステキな歳のとりかたをしていると思うぞ。

 アンプラグドな「Time After Time」といえば、タック&パティのカバーも好きだ。



 唄とギターのみというシンプル極まりない構成のタック&パティだが、彼らが作り出す音楽の世界は芳醇だ。

 最後にぼくの一番好きな「Time After Time」を。
 カムバック後のマイルス・ディビスのライブのハイライトのひとつとなったカバー・バージョンだ。



 1985年、東京は読売ランドEASTの「Live Under The Sky」でのマイルスのパフォーマンス。ほぼ全編に渡って鳴り響くマイルスのミュート・トランペットのトーンが素晴らしい。夏の野外、夕映えの中での「Time After Time」は涙モノのプレイだ。

 このマイルスの「Time After Time」だが、レコーディング・バージョンも素晴らしい。

B0012GN1HKYou're Under Arrest
Miles Davis
Sbme Special Mkts. 2008-04-01

by G-Tools

 マイケル・ジャクソンの「Human nature」のカーバも収録されている「You're Under Arrest」はポップなマイルスが楽しめる一枚。晩年のマイルスのアルバムの中では、最もよく聴くもののひとつだ。

| BEATな話題 | 17:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。