2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

とても上質なセルフカバーアルバム、佐野元春の「月と専制君主」

 佐野元春の30周年記念ライブに行った時、その中の4曲を聴いて、中身にとても期待がもてそうだったセルフカバー・アルバム「月と専制君主」が届いた。
 北海道の片田舎に住んでいても、予約をしていればリリース当日に聴けるように発送してくれるなんて、アマゾンもやるではないか。

B004D6PYV2月と専制君主(CD+DVD)
佐野元春
DaisyMusic 2011-01-26

by G-Tools

 早速、CDプレイヤーにセットしてみると、これが想像していた以上に素晴らしかった。
 ぼくは「佐野元春がセルフカバー・アルバムを製作中」というニュースを聞いて「元春、おまえもか。安易な曲のお化粧直しだけはやめてほしいけどなあ」と思ったのだが、そんな心配は一瞬にして消え去った。
 ここ数日は「月と専制君主」ばかりをリピートしているが、早くもこの先も聴き続けていく愛聴盤になる予感さえする。

 何より、アナログ感がプンプンとする音のデザインが良い。曲のリズムやアレンジが変わっても、アルバム全体の音色には統一感があって、今風のデジタル臭さ、プロ・ツールスでさっと作りましたという感じが、まったくしないのだ。
 もちろん、21世紀に製作される音楽はデジタルの呪縛から逃れることなんてできないが、まるでレコードを聴いているかのような音の肌触りが懐かしくも、新しい。
 収録時間も50分弱とレコード並みだし、CDと同じ内容のアナログ盤が付いた限定版もリリースされた理由がよく分かる音の作り方だ。

 すべての曲に共通するのは、都会的な音作りなのに、ほのかに漂う土臭さ。いまどき、ハモンドオルガンやフリューゲルホルンが心地よく鳴り響くロックのアルバムを作ることができるのは、佐野元春くらいものだろう。
 こんなアルバムが、2011年のCDショップの店頭に新作として並ぶのは、とても痛快なことだ。流行の音作りとは明らかに異質の「月と専制君主」は、今のメインストリームの音楽に対する佐野元春の静かで鋭いカウンターパンチではないか。

 ぼくは「月と専制君主」を聴いて、なぜかアストラッド・ジルベルトの音の肌触りを思い出してしまった。
 畑違いの音楽なのかもしれないが、アストラッド・ジルベルトの唄はこんな感じ。曲は月つながりで「Fly Me To The Moon」を。



 あえて、各曲の解説は控えるが、このアルバムは佐野元春がかって書いた曲に、統一感のある新しいアレンジをまとわせて、慎重に並べ替えた上質な短編集という感じがする。CDの時代になって、半ば無意味になってしまった曲順も大切にしたいと思えるアルバムだ。

 もちろん、聴く人によって、曲や詩の受けとめ方は様々だろうし、佐野元春も何かを明確に表現しようとしているわけではない。しかし、陽気に「君がいない」と唄う「ジュジュ」に始まり「ヤング・ブラッツ」や「君がいなければ」を経て、ワルツの「レインガール」で終わるアルバムからは、きっと何かを感じるはずだ。
 ちなみに、個人的なベスト・トラックは、初めて聴いた時にドキリとするほどのせつなさを感じてしまった「日曜日の朝の憂鬱」だろうか。


 ロックは若者のための音楽。ぼく自身もメディアも未だにそう思い込んでいる部分があるけれど、ローリング・ストーンズやボブ・ディランは還暦を過ぎても、新しいアルバムをリリースし、ツアーを続けている。
 もはや、ロックは単に若者の怒りや反抗を表現する音楽ではなく、人生の円熟や終焉、人が枯れていく様すら表現できる音楽になったのではないか。「月と専制君主」はそんなことも考えさせてくれるアルバムだ。

 もうすぐ55歳になるキャリア30年の佐野元春が作り上げたセルフカバー・アルバムは、洗練された大人の音楽ともいえるが、あちらこちらに芯のある反骨心も見え隠れする。
 円熟と反抗が両立している「月と専制君主」は、結果的に佐野元春の30周年を飾るのにふさわしいアルバムになった気がするが、早いうちに新曲の詰まったニューアルバムも聴いてみたいものだ。
スポンサーサイト

| 佐野元春 | 22:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐野元春のライブレポート、1月19日札幌

 流氷の接近しつつあるオホーツク海側の街から、列車に乗って約5時間半。ようやく到着した札幌では、すでに雪祭りの準備が始まっていた。

 佐野元春の30周年を記念するコンサートは、お祭りの準備が進む大通公園から少し離れた札幌市教育文化会館で行われた。ここは初めて行く会場だが、中に入ってみるとキャパが1000人とは思えないほど、こじんまりとしたホールだった。ぼくが確保した席は前から7列目だったが、ステージがとても近く感じる。

 開演時間の午後7時を少し過ぎた頃、客電が消えて、ホーボ・キング・バンドが登場。山本拓夫のサックスの音がホールに満ちていく。佐野元春の30周年をお祝いする祭りの始まりだ。

 以後、ライブのネタばれありです。先に進む場合はご注意を。

≫ 続きを読む

| 佐野元春 | 19:50 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビル・ワイマンがストーンズのレコーディングに参加

 気がつけば、今月も半ば。早いもので、元旦も2週間前のことになってしまった。
 そろそろ「謹賀新年」のゴールドトップという感じでもないので、ちょっと気になるストーンズ関連のニュースをひとつ。

ザ・ローリング・ストーンズ、ビル・ワイマンとレコーディング

 なんと、脱退以来20年近くぶりにビル・ワイマンがストーンズのレコーディングに参加!
 でも、ストーンズのアルバムではなく、故イアン・スチュワートのトリビュート・アルバムのレコーディングで、曲はボブ・ディランの「Watching The River Flow」らしい。かねてから、ぼくは「今のストーンズに足りないのは、ビルのベースラインだ」と思っていたので、3月にリリースされるというトリビュート・アルバムが楽しみだ。
 これをきっかけに「ビルがストーンズに奇跡の復帰!」なんてことになれば、いいのになあ。

 没後25年が経ってからトリビュート・アルバムがリリースされるあたりも、地味で目立たないながらもストーンズを支え続けたイアン・スチュワートらしいけれど、彼のピアノもかつてのストーンズには欠かせなかったものだ。

B002647VXWダーティ・ワーク
ザ・ローリング・ストーンズ
USMジャパン 2009-07-15

by G-Tools

 1986年にリリースされた「ダーティ・ワーク」のラストに収録された「スリープ・トゥナイト」は、イアン・スチュワートに捧げられたかのようなキースのバラード。それに続く、隠しトラックである「キー・トゥ・ハイウェイ」のピアノの音には、未だにジーンとくる。



 今日の映像はストーンズの映画「Let's Spend The Night Together」のオープニングだった「Under My Thumb」。
 冒頭のシーン、猫背気味でピアノに向かっているのがイアン・スチュワートである(もう一人、背中を向けているのはイアン・マクレガン)。彼が縁の下でストーンズを支え続けたことがよく分かる象徴的なシーンではないだろうか。

| ローリング・ストーンズ | 18:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お正月に読んだ本

 新年あけましておめでとうございます。
 今年も「BEATな日々」をよろしくお願いいたします。

2011年年賀状

 毎年のことだが、お正月の三が日は近くの神社に初詣に行くくらいで、あとは昼寝、昼酒。その合間にギターやウクレレを弾いたり、本を読んだりしていた。

 まず、最初に読んだのが、年末にブックオフで大人買いした「20世紀少年」の全22巻と「21世紀少年」の上下巻。これを一気に読んだが、なかなかロックを感じるマンガですなあ。
 映画が公開、派手なプロモーションが展開されていた時は見向きもしなかったくせに、今頃になって、グイグイ引き込まれてしまった一作だった。

 次もマンガで「僕はビートルズ」。

406372932X僕はビートルズ(1) (モーニングKC)
かわぐち かいじ 藤井 哲夫
講談社 2010-08-23

by G-Tools

 日本のビートルズのコピーバンドが1961年にタイムスリップして、ビートルズより先に「I Want To Hold Your Hand」をリリースして、デビューしてしまうというストーリー。
 読む前は「かわぐちかいじがビートルズのマンガ?」と違和感もあったけれど、これが面白かった。現在は2巻までが発売されていて、ストーリーはこれから本格的に転がり始めるという感じだが、今後の展開が楽しみなマンガである。

 「僕はビートルズ」が60年代前半、「20世紀少年」は60年代後半から70年代前半を舞台としたマンガだったが、最後は80年代のギターについての本を。

4401634691YOUNG GUITAR special hardware issue ギター・アラウンド・ザ・エイティーズ(シンコーミュージックMOOK) (シンコー・ミュージックMOOK)
シンコーミュージック・エンタテイメント 2010-09-29

by G-Tools

 あの時代にギター少年だった方なら「あー、これ、あったなあ」と懐かしく思い出しちゃうようなギターの写真が満載の一冊だ。
 本の背には「百花繚乱の80年代ギター大図鑑」と書かれているが、その言葉通りに個性的なシェイプのギターがずらりと並んでいて「あの頃はストラトやレスポールとは違うギターを作ろうと、どのメーカーも懸命だったんだなあ」ということが、よく分かる。
 オベーションのソリッドギターである「Breadwinner」や「Deacon」あたりは、今の時代でこそ通用しそうな魅力的なシェイプではないだろうか。こんなギターはリサイクル・ショップでは見ることもないだろうけど、何だかそそられる1本だ。

 今は21世紀。それなのに、トラディショナルなシェイプのギター、ヴィンテージものを再現したギターばかりがもてはやされている。
 ぼくも基本的に昔からあるギターが好きだけど、各社がオリジナルのシェイプで、新しい機能やトーンを競っていた時代のほうが「過去をふり返らず、前を見つめる」って感じがして、健全だったような気もするなあ。

| BEATな読書 | 17:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。