2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

様々なかたちの希望

 東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に、心からのお見舞い申し上げます。
 
 あの地震があってから、様々なことを考えました。
 テレビから映し出される被災の現場の様子は想像を絶するものでしたが、北海道の東端にある街には高さ30センチの津波が来た程度で、11日以降も日常生活にはほとんど変わりはありません。

 被災地には未だに助けを求めている多く方がいらっしゃること。福島の原子力発電所では命がけで戦っている人々がいることも知っています。
 でも、ぼくの住む街ではスーパーに行くと、今のところ普通に食品が買えます。そして、パチンコ店の駐車場を見ると、いつも以上の台数の車が停まっていました。

 そのギャップに、すごく苦しみました。
 テレビに映し出される地獄のような光景と身の回りの光景との間にギャップがあり過ぎて、何もかもがリアルに感じられないのです。

 今は普通に暮らせることの幸せをかみしみめるべき時なのかもしれません。でも、今回の震災、それに伴う原子力発電所の事故はとても他人事とは思えません。
 10メートル以上の津波が街を飲み込み、多くの街が壊滅状態になり、たとえ極微量であっても、空気や水道水、食べ物から放射性物質が検出されたことは、決して目をそむけてはならない事実です。
 3月11日以前と以降では、ぼくたちの国のあり方や国土はすべての面で変わってしまったのかもしれません。


 震災の数日後、佐野元春のHPのトップページに掲載された『それを「希望」と名づけよう』という詩には、強く心を動かされました。
 そして、数日前の夜、震災後初めてCDを聴きました。佐野元春の「COYOTE」でした。
 ぼくは「COYOTE」を聴きながら、思いっきり泣きました。すると、少しだけ心が軽くなりました。

 震災の直後から、イギリスに住む友人が英国赤十字の支援を取り付けて、日本の着物を着て街頭で募金活動を行っていることをネット上で知りました。
 そして、自分のいる場所を見つめてみれば、たとえわずかな支援にしかならないとしても、ぼくにもできること、誰かの助けになるかもしれないことが、たくさんありました。
 それが、きっと「希望」なのだと思います。

 そういえば、我が家の近くにある雪のなくなった山の斜面では、枯葉の間から福寿草が顔を出し始めました。

福寿草

 長い冬にも必ず終わりはあります。
 毎年、それを知らせてくれるこの花も「希望」のひとつです。
スポンサーサイト

| その他 | 18:00 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

イージーライダー好きなのに、時計好き

 初めて「イージーライダー」を見たのは、確か高校1年の時だった。
 当時、大阪には大毎地下劇場という名画座があった。洋画の2本立てが格安で見られたので、ぼくは月に数回はここに通い、映画館の暗闇の中であてもない夢を見たり、時間をつぶしたりした。

 この大毎地下劇場にはレギュラーのプログラムとは別に、週末だけの名画鑑賞会のようなものが催されていて、通りを挟んで向かいにあった毎日文化ホールで2本立ての名画が500円程度で見られた。
 しかし、このホールの座席はパイプ椅子。それに座り、長時間に渡って映画を見るのは少々つらかった。それゆえの低料金だったのだろう。

B004E2YUJMイージー★ライダー コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2011-01-26

by G-Tools

 とにかく、ぼくが「イージーライダー」を初めて見た場所は、パイプ椅子が並べられた小さなホールだった。その時は「なんや、この映画。よく分からんけど、かっこええなあ」と思った記憶がある。
 今、改めて「イージーライダー」を見てみると、ローバジェットの映画ながら、あの時代のアメリカでしか作り出せなかった空気感と色あせない哲学性があるような気がする。
 しかし、当時の16歳の少年には焚き火を囲みながらのトリップなんて想像もできず、ヒッピーのコミューンは遠い世界のお話だ。さらには、ラストで主人公が唐突にショットガンで撃たれてしまう理由すら、よく分からなかった。

 でも、ピーター・フェンダが時計を投げ捨て、バイクがアメリカの荒野を走り出した瞬間に「BORN TO BE WILD」が流れてくるシーンのかっこよさだけは忘れられなかった。



 映画を見終わってから数ヵ月後にはサントラ盤を買って「BORN TO BE WILD」を何度も聴いたし「いつか、時計を捨てて、バイクに跨り、あてのない旅をしたいなあ」とも思った。

 数年後、ぼくはバイクで北海道に渡り、そのまま1年以上も滞在してしまった。その時の縁もあって、今ではすっかり北海道の住人だ。
 とにかく「バイクは旅の道具」と思い込むようになったのは「イージーライダー」からの影響(片岡義男というのも少しあるけど)である。乗っているバイクは派手なチョッパーではなく、タイヤの大きなオフロードバイクだったけれど、北海道の真っ直ぐな道を気持ちの良いスピードで流している時には「BORN TO BE WILD」のサビをよく口ずさんだものだ。

 でも、腕には時計をしっかりと巻いていた。
 特に行くあてもなく、時間にもしばれないような北海道の旅だったけれど、腕にはセイコーのダイバーズ・ウォッチがあった。
 ぼくは冒頭のシーンで時計を投げ捨てる「イージーライダー」も好きだけど、たまに腕時計を忘れて外出すると、少し不安になってしまうほど、腕時計という存在も好きなのだ。

 生まれて初めての時計は、中学校の修学旅行に行く前に買ってもらったセイコーの自動巻きだった。高校時代は当時はまだ珍しかったカシオのデジタル・ウォッチをしていていた。北海道をバイクで旅していた頃のセイコーのダイバーズ・ウォッチは10年以上も愛用したし、今でも夏になるとたまに腕に巻く。

 最近ではウェンガーのクロノグラフやルミノックスのネイビーシールズといったミリタリー・ウォッチを愛用しているが、どの時計もアナログ・ウォッチだ。カシオのGショックなんてのも試したことはあるが、タフさは認めてもデジタルの表示どうにも好きになれなかった。

 そんなデジタル嫌いを少し解消してくれたのが、去年の夏にここでも紹介したスント(SUUNTO)のT1cというトレーニング・ウォッチだ。
 これをランニングする時にいつも腕に巻き、心拍数と消費カロリーなどを測定していたが、少々派手なオレンジ色という点を除いては、日常生活の中でも使いやすい時計だった。

 そうなると他のスントの時計も気になってくる。
 スントには様々なタイプの腕時計があるけれど、やっぱり定番のベクターが良さそうに思える。
 高度や気圧、温度の計測できて、気圧と温度の差を計測する機能あって、コンパス付き。近頃では年に数回しか山に登らないし、昔ほどハードなアウトドア遊びをするわけでもないが、昨年神田の登山用品店で見たベクターの面構えが、ずっと気になっていたのだ。

 というわけで、先月の終わりに「大きな仕事が終わったので、自分へのご褒美」という理由をつけて、スントのベクターを買ってしまった。

SUUNTO Vector Orange

 ぼくが手に入れたのは値段の安い並行輸入品。日本語のマニュアルがなくって、使いこなすのに少々苦戦はしているけれど、スントの公式サイトのマニュアルを見ながら色々といじくっているうちに何となく使い方が分かってきた。
 ベクターを上手に使いこなせるようになれば、登山やトレッキングの良き相棒になってくれそうな気がする。何よりも老眼気味の眼には大きめの数字と液晶がありがたかったりして・・・・。

 「今年の夏は、ちょっと本気で山に登ってみようか」という気持ちにさせてくれるスントのベクターも「イージーライダー」と違った形で、旅に誘ってくれる時計である。

| BEATな話題 | 21:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボブ・ディランの元恋人、スーズ・ロトロが死去

 ディラン・マニアのみうらじゅんが「ひとりフライデー」と呼んだ「フリーホイーリン」のアルバム・ジャケット。
 星の数ほどあるロックのアルバムの中でも、あまりに有名で、未だに色あせないデザインだが、そこに写っているのは20歳のボブと17歳のスーズ・ロトロだ。

B00026WU64Freewheelin Bob Dylan (Reis)
Bob Dylan
Sony 2004-06-01

by G-Tools

 この写真はふたりが一緒に住んでいたアパートの近くで撮影され、両手をポケットに突っ込んだボブに、スーズ・ロトロがしっかりと寄り添って歩いている。
 小さなCDのサイズでは、いまひとつその素晴らしさが伝わりにくいが、このジャケットに映っている当時のボブの恋人であるスーズ・ロトロは、あまりに可憐で美しい。その姿は多くのロック・ファンの記憶に刻み込まれているはずだ。

 そのスーズ・ロトロが2月24日に長い闘病生活の末に死去されたそうだ。享年67歳、あれから40年以上の歳月が流れ、彼女は亡くなってしまったけれど「フリーホイーリン」のジャケットとその中の音楽は、ぼくの中でこれからも輝きを失うことはないと思う。


 今日の一曲は「フリーホイーリン」の中からスーズのことを唄ったといわれる「Don't Think Twice, It's All Right」を。



 初期のボブの名曲で、様々なアーチストがカバーしているが、ぼくが好きなのはボブの30周年記念コンサートでのエリック・クラプトンのカバー・バージョンだ。



 最近のクラプトンからはあまり感じられない気迫と感情のこもったギター・ソロは、ボブへのリスペクトの想いから弾き出されものだろうか。

 ふたつの「Don't Think Twice, It's All Right」とともに、彼女のご冥福を心からお祈りいたします。

| ボブ・ディラン | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。