2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ボブ・ディランの中国公演が大問題に

 ちょっと前に「MSN産経ニュース」を見ていると、こんな記事があった。

Dylan 批判の「風に吹かれて」/「中国で反戦歌自粛」に異例の反論

 ボブ・ディランが、中国の政府の求めに応じてセットリストを提出し、検閲を受けてから公演したのは「フォークの神様」のくせにけしからん!ということのようだ。

 いやはや、未だに日本の新聞では「フォークの神様」だもんな。
 たぶん、記事を書いた人にとっては、北京で歌わなかったことが問題になっている「風に吹かれて」や「時代が変わる」あたりで、ボブ・ディランの成長が止まっているんだろう。
 特に日本の一般メディアでは「ボブ・ディラン=フォークの神様」という決め付けが未だに強くて、ぼくにはすごく違和感がある。

 もちろん、どこの国でライブをするにせよセットリストの検閲なんてないほうがいい。さらにいえば「そんなとこでは、プレイしないぜ」というのがロックンローラーかもしれない。
 でも、今のボブ・ディランは「フォークの神様」ではないし、ロックンローラーでもないような気がする。あえて定義するとすれば「終わりのない世界ツアーを続ける偉大な芸人」である。
 そして、彼の曲から何らかのメッセージを感じる感じないは聴く人の自由だ。

 ちなみに、北京でのボブ・ディランのセットリストは下記の通り。

1.Gonna Change My Way Of Thinking
2.It's All Over Now, Baby Blue
3.Beyond Here Lies Nothin'
4.Tangled Up In Blue
5.Honest With Me
6.Simple Twist Of Fate
7.Tweedle Dee & Tweedle Dum
8.Love Sick
9.Rollin' And Tumblin'
10.A Hard Rain's A-Gonna Fall
11.Highway 61 Revisited
12.Spirit On The Water
13.Thunder On The Mountain
14.Ballad Of A Thin Man

15.Like A Rolling Stone
16.All Along The Watchtower

17.Forever Young

 聴きようによっては「風に吹かれて」や「時代が変わる」より、辛らつな内容の歌があるような気もするんだけど・・・・。

 そういえば、2006年にストーンズが中国公演を行った時も「ブラウンシュガー」など5曲が検閲を受けて、プレイできないってことがあったはず。
 その時はそれほど問題にはならかった記憶しているけれど、ボブ・ディランの場合は批判されちゃう。やっぱり、彼が「フォークの神様」だったから?


 というわけで、今日の一曲は「Idiot Wind」



  日本語のタイトルは「愚かな風」。この曲のサビで「君が口を動かすたびに愚かな風が吹いてくる。君はバカだな、息の仕方を知っているだけでも奇跡だぜ」と、ボブは痛烈に毒づいている。
 あまりにお怒りモードが全開の曲のせいか、最近はライブでもプレイされることがない曲である。


 「Idiot Wind」が収められている「Blood on the Tracks」は、ボブ・ディランの静かな怒りのようなものが感じられる名盤だ。

B00026WU7IBlood on the Tracks (Reis)
Bob Dylan
Sony 2004-06-01

by G-Tools

 今日の午前中に「Tangled Up In Blue(ブルーにこんがらがって)」で始まり「Buckets Of Rain(雨のバケツ)」で終わるアルバムを久しぶりに聴いたが、ぼくにはこれまでで一番リアルに「Blood on the Tracks」が響いてきた。
 その理由は未だに収束の気配すら感じらない例の事故にあるような気がした。
スポンサーサイト

| ボブ・ディラン | 20:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あれから、もう2年

 早いもので、あれから丸2年。
 ぼくにとって、5月2日は12月8日と同じ重みのある日になった。

 今日、ぼくの心に染みてきたのは、とてつもなくスイートな「ラプソディ」。



 だけど「いい事ばかりはありゃしない」。



 あなたが20年以上も前に書いたいくつかの曲が、こんなにもリアルに響いてくる日が来るとは思ってもみなかった。

 でも、できる限り「誇り高く生きよう」。



 あなたの三回忌に、そんなことを考えました。

| 忌野清志郎 | 18:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。