2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんだ、このエレハモの電池!

 いつものように、ネット上のウインドウショッピングをしていると、突然目に入ってきたのが、怪しいおっさんがプリントされた9ボルトの電池。


 エレクトロ・ハーモニックス・ブランドの9V電池ってことで、エフェクター好きの方ならすぐに誰だかお分かりになると思うが、怪しいおっさんは社長のマイク・マシューズだ。
 社長自ら「この電池、パワーありまっせ!」と昔のプロレスラーのようなポーズを決めちゃうこのノリ、実にエレハモらしい。


 このマイク・マシューズという人、その経歴も面白い。
 簡単に紹介してみると、大学卒業後にIBMへ就職。在職中にギルドからファズの製作の依頼を受け「Foxey Lady」というペダルを手がけたことをきっかけに、1年でIBMを退社して、1968年にニューヨークでエレクトロ・ハーモニックス社を設立。まもなく「Big Muff」を発売し、1970年代には会社は全盛期を迎える。
 しかし、労働組合の問題などにより、1982年に会社は倒産。再建を図るも、1984年に再び倒産してしまう。

 エレクトロ・ハーモニックス社を失ったマイク・マシューズは、なんと旧ソ連へ飛ぶ。そして、どういわけだか軍事工場に残されていた真空管やICチップなどを安値で仕入れ、今ではおなじみの真空管ブランド「SOVTEK」を設立して、新たなビジネスを展開する。


 マイク・マシューズが旧ソ連に渡り、当時は敵対したアメリカ人なのに機密の軍事工場に出入りできたのは「当時、つきあっていた彼女がソ連高官の娘だったから」という話を確か「ギター・マガジン」で読んだ記憶がある。しかし、掲載誌が見当たらなかったので、これは確かな情報ではない。
 とにかく、この旧ソ連でのビジネスが軌道に乗り、1991年にマイク・マシューズはエレクトロ・ハーモニックスの商標を買い戻し、現在に至るのだが、少し前までロシア製の「Big Muff」が販売されていたのは、彼がこのような軌跡を歩んできたからだ。

 そんなマイク・マシューズがトップを務めるエレクトロ・ハーモニックスは「Big Muff」や「Memory Man」などの定番のエフェクター以外にも、個性的で少々怪しい箱も作ってきた。
 例えば、新発売の「Ravish Sitar」も怪しいエフェクターだ。


 単純にいえば、エレキギターの音をシタールに変えちゃうエフェクターだが、下のデモンストレーション映像の最初にもマイク・マシューズが登場して、茶目っ気たっぷりに「Ravish Sitar」を売り込む。



 肝心の音のほうは懐かしのラガー・ロックの匂いがプンプンして、実に良いですなあ。「はたして、オレに使い道があるのか?」という気もするが、これは一度試してみたい。
スポンサーサイト

| エレキギター、再び | 22:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キングのニューアルバム「Holiday Carole」

 キャロル・キングのニューアルバムが、先ごろリリースされた。タイトルは「Holiday Carole」。

B005DJ62M8Holiday Carole
Carole King
Hear Music 2011-11-01

by G-Tools

 前のスタジオ・アルバムが「Love Makes the World」だったので、ライブ・アルバムを除けば、約10年ぶりの彼女の新作となる。

B00005O56VLove Makes the World
Carole King
Koch Records 2002-03-12

by G-Tools

 「Love Makes the World」はキャロル・キングの魅力を再認識させてくれた名盤だっただけに、ここは新たな名曲に期待したいところだが、タイトルからも分かるように「Holiday Carole」はクリスマス・アルバムだ。

キャロル・キングのインタビューを含む「Holiday Carole」の製作風景

アルバムのラスト・ソング「New Years Day」

 このアルバム、彼女の公式サイトでも「Holiday Carole」となっているが、日本版はなぜか「クリスマス・キャロル」というそのまんまなタイトル。中身は一緒なので「ホリディ・キャロルじゃ売りにくい」ってことなのなかもしれない。

 全12曲のうち、8曲がスタンダードなクリスマス・ソング、3曲が娘のルイーズ・ゴーフィンが共作で書いたもの。そして、1曲目の「My Favorite Things」が映画「サウンド・オブ・ミュージック」の中の挿入歌 となっている。
 ただし、ルイーズ・ゴーフィンの書いた曲もキャロル・キングとの共作ではないので、残念ながら今回のアルバムに彼女のオリジナルは1曲も入ってはいない。

 でも、決して退屈なアルバムではなく、彼女の唄うクリスマス・ソングの数々は、ぼくをとても幸せな気分にさせてくれる。
 「Holiday Carole」は石油ストーブや電気ストーブではなく、体の芯まで熱の届く薪ストーブの柔らかな暖かさを感じるアルバムである。

| キャロル・キング | 15:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モノラルで楽しむビートルズ

 本来なら、これについて興奮気味に書くべきなんでしょうけど・・・・。

B005MMSIA0サム・ガールズ・ライヴ・イン・テキサス '78【初回限定盤DVD+CD/日本語字幕付】
ワードレコーズ 2011-11-14

by G-Tools

 若くはないけど、老いてもいない1978年のストーンズは最高。
 パンクに煽られて、ロックのメインストリームから落っこてもおかしくなかった時期に、こんなライブをやってたから、彼らは21世紀まで生き延びたということを確認できる1枚だ。
 これについては、数回見て気持ちが落ち着いてからレビューを書きたいと思う。


 今回はストーンズのライバルというか、60年代には常に彼らの先を走っていたビートルズの話を。
 ぼくにはよくある「今ごろかよ」って話だが、数日前に「ザ・ビートルズ・モノ・ボックス」を買った。

B002FVPL9Wザ・ビートルズ・モノ・ボックス(アンコール・プレス)
ザ・ビートルズ
EMIミュージックジャパン 2009-09-09

by G-Tools

 このボックス・セット、2年前のビートルズの全作品リマスター時に発売されていたのは、もちろん知っている。しかし、ステレオ版とはミックスの異なるモノラルで、紙ジャケ仕様でも、既に持っているアルバムを高価なボックスセットで買い直す気にはなれなかった。
 結局、ビートルズのリマスター版に関しては、CDを少しずつ買い足し、すべてのアルバムを揃えてしまったので「こんなことなら、最初からリマスターアルバムがすべて入った通称-黒箱を買えば良かった」と思ったりもした。

B002BSHWUUThe Beatles (Long Card Box With Bonus DVD)
The Beatles
Capitol 2009-09-09

by G-Tools

 その黒箱、今では輸入版が13.000円で販売されている、やれやれ。

 話を「ザ・ビートルズ・モノ・ボックス」を戻すと、ぼくがこのボックス・セットを買ったのは「ブック・オフ」である。たまたま懐が暖かく、相場より少し安い値段の国内版を見つけたからだ。
 でも、モノラルの音には、それほど期待はしていなかった。ぼくがビートルズを聴き始めた1970年代の中頃には、もちろんCDはまだない。でも、レコードはステレオが当たり前の時代で、ビートルズのアルバムはステレオで聴いてきた。
 今回のリマスターで初めてCDでステレオ化された「プリーズ・プリーズ・ミー」「ウィズ・ザ・ビートルズ」「ハード・デイズ・ナイト」「ビートルズ・フォー・セール」の初期の4枚に対しても、特に違和感はなく「やっぱ、音に広がり感があるほうが、いいじゃん」くらいに思っていた。

 しかし、実際にモノラルでミックスされたビートルズを聴いてみると、新鮮な驚きがあって素晴らしかった。
 曲やアルバムによって違いはあるが、全体的に音が太く、ステレオ版よりも迫力を感じるのだ。特にジョンやポール、ジョージの声が、これまでにはなかった生々しさで聴こえてくる。ベースの音にもドスが効いている曲が多く、ギターやドラムの音にもあたたかみのようなものがある。
 もちろん、モノラルだから音の分離は悪い(かといって、それぞれの音が聞き分けられないわけではない)のだが、ビートルズのメンバーが固まりになって、スピーカーが飛び出してくる感じがするのだ。
 意外だったのは「ステレオじゃないと良さが分からないだろう」と思っていた「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」「ホワイト・アルバム」あたりの音数の多い後期のアルバムでも、モノラルの音が良いこと。「1967年、サマー・オブ・ラブのころは、あのペパーズがこんな音で聴かれてたのね」と当時の空気感を想像できるような音だ。

 この「ザ・ビートルズ・モノ・ボックス」が発売されたころ「実際にビートルズが立ち会って、ジョージ・マーティンが時間をかけて作り上げたのはモノラル・ミックスだけ」「当時はステレオの再生装置がさほど普及していなくて、ステレオ・ミックスは重要視しされていなかった」「だから、モノラルミックスこそが、ビートルズの求めていた音」などということが、売り文句としてあったと思う。
 そのあたりは、おそらく歴史的な事実だろう。でも、ぼくはビートルズ原理主義者ではないから「モノラルこそが、ビートルズ」とは思わないし、21世紀のステレオ・ミックスにも良さを感じる。

 しかし、どこか懐かしさを感じさせるような音場感が、モノラルにはある。だから、少々面倒でも、このボックス・セットはアンプのバランスを調整して、片側のスピーカー1個だけから少し大きめの音を出して聴くようにしている。
 これまで、ぼくはステレオで音楽を聴き続けてきたが、多チャンネルのスピーカー、小さな音楽プレイヤーに何千曲も入るのが当たり前の時代に、ビートルズが実際に活動していた1960年代を想像しながら、たった1個のスピーカーから飛び出してくる彼らの唄を聴くのも悪くはない。
 通称白箱のモノラル・ボックス、昔からステレオでビートルズを聴き続けてきた方ほど、その良さが分かるのではないだろうか。

| ビートルズとその周辺 | 22:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CDで「ヘンドリックス・イン・ザ・ウエスト」が再発売

 これまで、ぼくはジミ・ヘンドリックスについては、あまり書いたことがない。
 もちろん、ジミヘンのことはそれなりに知っているつもりだ。オリジナル・アルバムはすべて聴いているし、ライブの映像もウッドストックを筆頭に色々と見てきた。

 でも、ジミヘンの素晴らしさを言葉にするのは難しい。
 「ジミヘンのギターは、未だに革命的。彼はギター魔人だ!」くらいのことは簡単に書けるのだが、その後がどうにも続かない。
 下の映像も見てもそうなのだが、どうやってあんな音を出しているのか、頭では理解できない。もちろん、手元は丸見えで、あのトーンやフレーズにタネも仕掛けもない。でも、ぼくにとってジミヘンのライブは、永遠にマジックなのだ。

 そんなジミヘンのライブ映像をいくつか紹介する。
 まずは、1967年のモンターレポップフェスティバルでの「Wild Thing」。


 
 ギターを燃やしてしまったことによって、今では伝説化している映像だが、火を付けるまでのパフォーマンスも圧倒的だ。ホントに凄いと思う。

 次はちょっと珍しいところで、ハワイのジミヘンで「Voodoo Chile」。



 マウイ島の牧場のようなところに建てられた小さなステージ。うしろにはなぜか鯉のぼりが泳いでいて、観客は少なめ。マウイの村祭りのようにも見えてしまうが、ジミヘンのパフォーマンスは凄い。
 いやはや、こんなロケーションでジミヘンが見られたなんて、夢のようですな。


 未だに訳の分からないジミヘンの素晴らしさを、初めて教えてくれたのが「Hendrix in the West」という寄せ集めのライブ・アルバムだった。
 このアルバム、ぼくが高校生だった30年前には普通にレコードとして買えたが、いつの間にか廃盤に。何度も聴いた大好きなジミヘンのアルバムだったので、CDで買い直そうと思っても、音源の権利の関係か再発されることもなく、時間だけが過ぎていった。

 しかし、この秋になって、そんな「Hendrix in the West」が唐突に再発売された。

B0055IU3WWHendrix in the West
Jimi Hendrix
Sony Legacy 2011-09-13

by G-Tools

 懐かしく、聴きたいのに買えなかったということもあり、早速手に入れて聴いてみると、記憶に残っているあのアルバムと何か違う。
 「変だなあ」と思って調べてみると、まず曲順が変更されていた。レコードでは1曲目が「JOHNNY B. GOODE 」だったはずなのに、再発CDは「THE QUEEN~SGT.PEPPER'S」のメドレーに替わっている。ジミヘンのギターが泣きまくる「RED HOUSE」がラストじゃないのにも、大いに違和感がある。「Hendrix in the West」は豪快に突っ走るロックンロールに始まり、泣かせるブルースで完結していたからだ。
 さらに、最大の聴きどころでもある「LITTLE WING」と「VOODOO CHILE」はオリジナルと異なるテイクに差し替えられている。

 新たに追加された3曲が加わって、収録時間も長くなり、ボリューム満点のライブ盤に生まれ変わった「Hendrix in the West」。レコード時代の「Hendrix in the West」に思い入れのない人には、何ら問題もなく、ジミヘンの入門編としても聴きやすく、素晴らしいライブ盤だ。

 しかし、このアルバムを待ち望んでいたのは、きっとレコード時代の「Hendrix in the West」に親しんだ人だろう。元々がジミヘンの死後に散らばっていた音源を寄せ集めたライブ盤であっても、リリース当時のフォーマットを守るというのは大切だと思う。これでは、タイトルとジャケットが同じでも、中身は別のアルバムである。
 高校生の頃にレコードで聴きまくったあのアルバムがCDでは再現されていなかったのが、とても残念だ。

| ロックの名盤 | 22:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーシャル・リード12(Marshall Lead12)

 8月の終わりのこと、ちょっとした用事があって、久しぶりに大阪の友人に電話をした。
 肝心の頼みごとはすぐに済み、お互い同じような時期に再開したエレキギターの話をしていると、友人が「そうそう、マーシャルのリード12いらんか?2台あって、1台邪魔やねん」という。ギター・アンプが部屋の中にゴロゴロ転がっていて邪魔な状況はウチも同じだが、一部で「リトルJCM800」とウワサされているリード12は鳴らしてみたいので「頼むわ。その代わりにジャガイモを送る」と即答する。
 「ほな、着払いで送っとくわ」というありがたい言葉から数日後にマーシャルのリード12が届いた。

 リード12は1983年から90年代初めまで発売されていたマーシャル初のトランジスタ・アンプだ。しかも、ホームユースでコンパクト。マーシャル版チャンプといった位置づけのアンプのようにも感じられるが、大型アンプと同じくイギリス製で発売当初の定価は49.000円と家庭用のコンパクト・アンプとしては高価だった。そのせいか、それほど売れたアンプではなかったようだ。

 しかし、発売終了後から何年もが経過してから、ネット上で「あれは隠れた名器。まるでリトルJCM800のようだ」という評価がちらほら見受けられるようになり、オークションに出品されているリード12の落札価格が高騰したこともあったらしい。
 そんなストーリーを持っているマーシャルの小型トランジスタアンプを、実際に鳴らしてみると・・・・。

Marshall Lead 12

 まずは外観。キャビネットがしっかりと作られているせいか、見かけよりも重く感じられるリード12は、少し縦長のスタイルだ。サイズが大きく、少しアンバランスに感じられる「Marshall」のロゴは大型アンプに付けられているものの流用だろうが、このあたりにもマーシャルの本気が感じられる。

 縦長のキャビネットになっているのは、このアンプの肝のひとつといえそうなセレッションの10インチスピーカーを収めるためだろう。スピーカーケーブルは友人がベルデン9497、通称ウミヘビに交換済みだ。

Marshall Lead 12

 コントロール部はゲインとボリューム、トレブル、ミドル、ベースとシンプルそのもの。インプットはハイとローの二種類から選択できるが、通常はハイのみにプラグインだと思う。
 トーンのセッティングは定石どおりにすべてフルテンにしてから、ある意味でマーシャルらしい耳につくハイのみを削る。

Marshall Lead 12

 まずはゲイン少なめのクリーンで鳴らしてみる。
 マーシャルということで、歪みに話題が集中しがちなリード12だが、クリーンの音も良い感じで、アルペジオを鳴らすと実に気持ちが良い。コーラスで味付けをすると、さらにグレードが上がりそうだ。
 そんなクリーンよりも魅力的なのが、クランチ気味のトーンだ。ゲインを「わずかに歪んでいるかな」と思えるあたりに調整した時のトーンは、ちょいとブルージーで大人の色気がある。トランジスタなのにチューブっぽく感じられる音の味付けは、さすがマーシャルである。

 もちろん、ゲインを上げていけば、マーシャルらしい歪みが出てきて、あの快感が味わえる。適度に暴れて粘りのあるディストーションはコンパクトなトランジスタ・アンプの音とは思えないほどだ。
 ただ、ゲインをフルにしても、最近のハイゲイン・アンプほどは歪まない。このあたりに不満を感じる方もいるだろうが「歪みの風味は、あくまでも70年代」という点が、ぼくのような年代のギタリストにはたまらない。
 ゲインが足りなければ、ブースターやオーバードライブで補えばいいのだが、ぼくにはその必要性すら感じられない。

 爆音ではなく、小さな音でもマーシャルっぽい歪みが手軽に楽しめるリード12は「最高のお座敷マーシャル」というのが、このアンプを数ヶ月ほどリビングルームにあるテーブルの上で鳴らしてみたぼくの結論だ。

 正直な話、最近のデジタル技術を活かしたアンプでも、近いトーンは出るんじゃないかとも思う。近頃のデジタル・モデリングの技術は驚くほど進んでいるから、中古アンプらしくないプレミア価格でリード12を手に入れる必要はないだろう。
 しかし、イギリス製のがっちりとしたキャビネットの中に収められたアナログのトランジスタ回路からしか出てこないトーンがありそうなのも事実で、同じマーシャルでも最近のMGシリーズのトーンに満足できない方は、少々苦労しても手に入れる価値があるかもしれない。

 ぼくはマーシャルの「VALVESTATE Model 8040」というアンプ(これも名器)も持っているので、あのロゴをこれ以上部屋に増殖させるのは難しいけれど、イギリス製のフルチューブ・コンボアンプも気になるなあ。
 やっぱり「Marshall」の白いロゴの入ったキャビネットから出てくるトーンには、抗しきれない魅力があるのだ。

| エレキギター、再び | 18:49 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。