2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

赤と白のスニーカー

今日は近頃よく履いているスニーカーのお話を。

コンバースとリーボック

 上の写真のように、おめでたい色合いの赤と白のスニーカーを、ぼくは愛用している。

 白いほうは、ぼくと同じような年齢の方にはおなじみで、懐かしい一足の「コンバース・オールスター」だ。
 1917年に生産が開始されたバスケットシューズは、かれこれ100年近い歴史を持っている古典的な靴だ。そして、キャンバス地で作られたクラシカルなスタイルの「コンバース・オールスター」の履き心地は、今のハイテク・スニーカーに比べると決して良いとはいえないし、ハイカットは足の出し入れにも手間がかかる。

 それでも、常に一足は持っていたいと思わせる魅力が「コンバース・オールスター」にはある。
 ギターでいうと、大好きなテレキャスターのようなもので、設計が古くて、使いづらい部分もあるけれど、なぜか愛着を感じる。オフホワイト・ブロンドのテレキャスターが一番好きだが、コンバースも白がいい。
 ぼくは今のを履きつぶせば、次も白いコンバースを買うだろう。


 赤いスニーカーはランニング用に履いているリーボック。
 こちらはコンバースとは正反対のハイテクぶりで、リーボックのHPでは「反則」とPRしているスニーカーだ。

 ジグテックは特徴的なジグザグのソールが着地時の衝撃を吸収、それを前への跳躍力に換える。つまり、足への負担が少なくて、なおかつ足が前に出やすいスニーカーらしい。
 この宣伝文句は、ぼくのような脚力に自信のないへなちょこランナーには、実に魅力的だった。昨年、発売されたばかりのジグテックを買ってみると、なるほどソフトな着地感があって、何となく足が前に伸びていく気がする。それを1年で履きつぶしてしまったので、2足目の赤いジグテックを買った。

 もちろん、靴で貧弱な脚力をカバーしきれるわけはないけれど、少しでも足への負担をやわらげることが、ランニングが長続きすることのコツのような気がしている。



 そして、靴に関する唄で、ぼくが真っ先に思い出すのは「ブルー・スエード・シューズ」。色んなカバーがあるけれど、ジョン・レノンのライブ・バージョンがを。



 1969年のトロント、ジョンは久しぶりのライブのせいか、手探りで唄い始める。しかし、この手のロックンロールなら、どんな状況でも唄いきれるてしまうのがジョンだ。黒いレスポールカスタムを持っているクラプトンもかっこいい。

 そして、赤い靴が出てくる唄といえば、佐野元春の「悲しきレディオ」。



 出だしの「きのう買ったばかりのレッド・ローヒル・バンプス」という歌詞だけで、特別なデートに向かう女の子の気持ちや情景を表現しきってしまうあたりが、すごい。初期の佐野元春、黄金の一行だと思う。

 そして、ハートランドとの「悲しきレディオ」の11分にも及ぶ圧倒的なパフォーマンスの中には、ぼくが佐野元春を30年以上も聴き続けている理由のすべてがあるような気がする。
スポンサーサイト

| BEATな話題 | 18:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボニー・レイット、変らないことの素晴らしさ

 少し前、ボニー・レイットの久々のニューアルバムがリリースされた。

B006R1T40ISlipstream
Bonnie Raitt
Redwing Records 2012-04-10

by G-Tools

 タイトルは「スリップ・ストリーム」と勇ましいけれど、このアルバムには良い意味で変らないボニー・レイットがいた。



 1曲目のファンキーな「USED TO RULE THE WORLD」に、心をググッとつかまれ、ラストの「GOD ONLY KNOWS」までの全12曲。すべてに例のボニー節が冴え渡るから、リリースから数ヶ月が経っても、CDプレイヤーの近くに置いて愛聴している。
 個人的には2曲のボブ・ディランのカバーがツボ。ボブの中でも最近の曲を選ぶあたりが、実に心憎い。

 デビューから40年、既に還暦を過ぎたボニー・レイットだが、妙に若作りをしないあたりもステキだ。いつもの声とスライドギターでぶっ飛ばし、時にはしっとりと歌い上げるニューアルバムには、デビューアルバムの「Bonnie Raitt」や2枚目の「Give It Up」あたりと変らない心地よさがある。
 このアルバム、聴き込むほどに良さがにじみ出てくる傑作だと思う。

| ロックの名盤 | 18:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マディ・ウォーターズとブルースの息子たち

 前のエントリーにも書いたけれど、先月から3日に2回のペースでランニングしている。走る距離はその日の調子によって6~8キロだが、先月は積算すると100キロ以上を走ったことになる。
 走り始めたのは2年前からだが、これまでは月に10回程度だったので、体重や体型もそれほど変らなかった。でも、月に100キロも走ると、特に食事を制限しなくても体重が落ち始め、数十年ぶりに70キロを下回って、お腹もへっこんできた。

 そして、走って汗をかいた日の夜は、風呂上りのビールがうまい。
 普段はキリンのビールを飲んでいるけれど、ベロマークにつられて、サントリーの「ローリング・ホップ」を買ってみた。

サントリーのローリング・ホップ

 実際に飲んでみると、苦味が少なくって、ビールを使ったカクテルっぽい味なのだ。缶のデザインはストーンズ・ファンにはたまらないものがあるけれど「クリアティストの新ジャンル」のお酒は、ビールとして飲もうと考えていると、ちょいと切れ味が足りないかも。
 苦味が少なくって、妙に軽いお酒は、ある意味で最近のストーンズっぽいといえなくはないけれど・・・・。

 
 しかし、そんなストーンズのアーカイブ倉庫からは、こんなにも貴重な映像が出てくるから、奥が深い。



 1981年、北米をツアー中のストーンズが、シカゴでマディ・ウォーターズのライブに飛び入り(どうしてカメラがあったのか、なーんて詮索しては野暮ですね)した時の貴重な映像のお蔵出しDVD「ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ 1981」だ。

B00865S3L4ライヴ・アット・ザ・チェッカーボード・ラウンジ・シカゴ 1981【初回限定盤DVD+2CD/日本語字幕付】
ワードレコーズ 2012-07-04

by G-Tools

 昔からブート映像では有名なライブなので、何度か断片的に見たことはあったが、初回限定盤を手に入れてみると、鮮明な画像と音に驚いた。
 すでに大物中の大物だったストーンズも、マディの前ではかわいらしいブルースの息子たちに見えちゃうあたりも微笑ましい。

 どうしても、ストーンズばかりにフォーカスがあたってしまうが、このライブの1年半後に亡くなったマディ・ウォーターズの最晩年の姿を捉えた映像として、とても貴重。このDVD、さわやかなクリアティストのお酒ではなく、苦みばしったホンモノのビールです。

| ローリング・ストーンズ | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。