PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京ドームのチケット発売日

 相変わらず招へい元のJECインターナショナルからは正式な発表がない、ローリング・ストーンズのチケット発売日。しかし、ネット上で動きがひとつあった。
 電子ぴあのHPによると、1月28日(土)にチケット販売開始。なぜか、C席を除き料金が500円安くなっている。

 それにしても、今回のツアーは公演日やチケット発売に関して、招へい元ではなく、まず外部から情報が伝わってくる。こんなことは、これまでなかったと思う。もちろん「そろそろ来るんじゃないの」というウワサはあったが、公演日などの公式発表はウドーが一元的に行い、もっとスマートだった。

 そして、北海道に住むぼくにとって気がかりなのは、札幌ドームでのライブがホントにあるのかどうか。仕事で付き合いのある札幌のマスコミ関係者に聞いてみても「おそらく、あるんじゃない」という答えしか返ってこない。
 ぼくは今回のツアーでは札幌ドーム以外の場所に行くつもりはない。おそらく最後のツアー(という憶測は毎度のことだけど)になるだろうストーンズの姿は見てみたい。でも、クソ忙しい年度末に平日に休みを連続させて東京に行くのには、どう考えても無理がある。
 もし、東京ドーム以外の発表を小出ししたほうが効果的と考えているのなら、それは逆ではないか。早めに発表しないと身動きがとれなくなる人はたくさんいると思うけれどなあ。
StrippedStripped
The Rolling Stones


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今日のストーンズの1枚は「Stripped」。
 ストーンズがアンプラグドブームに便乗した1枚という評価もあるけれど、ぼくはこのアルバムに、アンプラグドをまったく感じない。たまたまアコギの音が少し多いだけで、いつものストーンズである。
 出だしの「Street Fighting Man」、ボブ・ディランのカバーなのに昔からの持ち歌のようにプレイする「Like a Rolling Stone」。それに続く「Not Fade Away」「Shine a Light」の4連発が、とにかく強力。
 その他に「I'm Free」「Dead Flowers」「Love in Vain」「Sweet Virginia」など、少々地味な名曲にアンプラグドというコショウをふりかけて甦らせた「Stripped」は、1990年代のストーンズのベストアルバムじゃないかと思う。

| ローリング・ストーンズ | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/114-b33261a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。