PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

CDプレイヤーを買い換えた

 仕事に追われ、ストレスが溜まりまくりの3月初旬。せめて物欲を満たして発散するかと、少し前から買い換えようと思っていたCDプレイヤーを買った。2年間ほど前に中古で買ったティアックのCDプレイヤー使ってきたが、CDRをうまく受付けず、曲の頭が飛んだりするようになったからだ。

 最初に買おうと思ったのは、抜群のコストパフォーマンスと評判のパイオニアのユニバーサルプレイヤー。
Pioneer DVDプレイヤー DV-696AVPioneer DVDプレイヤー DV-696AV


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 なんと、この値段でSACDとDVDオーディオまで再生できて、動画はDivXビデオにも対応。再生メディアの種類を考えれば、現時点では無敵の対応力である。

 CDプレイヤーというのはオーディオ機器の中でも、ちょっと特異な存在で、10年前の高級機よりも、今の安いプレイヤーの方が音が良いというケースがあるそうだ。その理由はDAC(デジタルアナログコンバーター)の進歩らしい。
 DACはデジタル信号をアナログ信号に変換する回路で、パソコンの中でも音声や映像の変換に使われている。もちろん、CDプレイヤーにもDACがあって、CDから取り出したデジタル信号をアナログ信号に変えて、アンプに出力する。つまり、CDプレイヤーの心臓部である。
 このDACの回路がデジタル技術の進歩によって、10年前の高級機よりも今の普及機の方が高性能だったりするらしいのだ。「一万円ちょっとのユニバーサルプレイヤーでも、今のCDプレイヤーより絶対に良い音がするはず」と「DV-585A」をショッピングバスケットに入れかけた。

 しかし、最後にひっかかったのが重量。たったの1.8キロしかないのだ。今の時代、軽量・コンパクトが当たり前なのは分かっちゃいるけれど、ぼくのような古めのオーディオ好きは「重い=良い音がする」という信仰に近い思い込みがある。「この軽さでは重厚な音は出ないかも」と「DV-585A」の購入を見送った。

 翌日、近所のハードオフに行くと、4月からのPSEマークの施行による割引セールを実施中。オーディオの棚を見ると「もう少し安かったら買うのになあ」と目をつけていたDENONのCDプレイヤーの割引表示が、二割引から五割引に変わっているではないか。

 即、レジに運んだのがDENONの「DCD-1550AR-N」というCDプレイヤー。
 5年ほど前の中級機で、当時はコストパフォーマンスが良いCDプレイヤーという評価をされていた。ぼくの場合、アンプにもDENONを使っているのでフロントパネルのインターフェイスが同じになって、見た目も良く、アンプのリモコンでCDプレイヤーをコントロールできるという利点もある。ちなみに重さは7.4キロ。やっぱり、これぐらいの重量がないとね。
 出てきた音はこれまでよりフォーカスが絞り込めた感じで、くっきりはっきり。音の解像度が上がった気がする。

 ところでミュージシャンやオーディオマニアの間で大問題になったPSE法。施行直前になって、経済産業省は「いわゆるヴィンテージは対象から除く」と発表した。
 詳しくは、こここの辺のを読んで欲しいけれど、誰が「これはヴィンテージもので貴重」って決めるんだろう。おそらく、ザル法になって、これまで通りに売買できるくさいぞ。
 あいまいで腰砕けのPSE法。ユーザーにとってはうれしいことだけれど、結局は世間を騒がしただけで、何の意味もなし。ハードオフで五割引でCDプレイヤーを買えて、得をしたってことか。

| オーディオのお話 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/139-b95794ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。