PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ローリングストーンズ、名古屋ドーム

 昨晩の名古屋ドームで、ストーンズの日本ツアーも最終公演。
 セットリストは以下の通りで、札幌、さいたまとほぼ同じ流れ。しかし、最終日ってことで、いつもより1曲多い全21曲。前半の日替わりメニューでは「Ruby Tuesday」と「You Got Me Rocking」がプレイされ、Bステージでは「Get Off Of My Cloud」が再び登場した。

2006年4月5日 名古屋ドーム

1.Jumping Jack Flash
2.It's Only Rock'n Roll
3.She's So Cold
4.Oh No Not You Again
5.Ruby Tuesday
6.Rain Fall Down
7.You Got Me Rocking
8.Gimme Shelter
9.Tumbling Dice
10.This Place Is Empty (キース)
11.Happy (キース)
12.Miss You (Bステージへ)
13.Rough Justice
14.Get Off Of My Cloud
15.Honky Tonk Women (メインステージへ)
16.Sympathy For The Devil
17.Paint It Black
18.Start Me Up
19.Brown Sugar
20.You Can't Always Get What You Want (encore)
21.Satisfaction (encore)

 今回のツアー、ぼくは一度も会場に足を運ばなかったので、ライブについては何も書けない。ただ、ネット上の感想を見ていると、賛否両論があるようだ。
 もっとも多いパターンが「ストーンズを近くで見られて、感激!」という感じの書き込み。その気持ちよーく分かる。ぼくも前回のツアーを最前列で見た時は舞い上がった。前に何も邪魔するものがなく、わずか数メートル先にミックやキースがいる。それは、夢のような時間だった。
 でも、彼らは世界最高のライブバンドである。バンドがその日にどんな音を出したのか、どんなグルーブで会場を包み込んだのか。そのあたりは、熱くなりつつも、しっかり聴くべきだと思う。
 
 ぼくはコパカバーナのフリーコンサートを見て、キースに元気がないんじゃないかと思った。そして「コパカバーナのストーンズはミック・ジャガーとバックバンドという感じがした」と書いた。
 その他にもいくつか今回のライブ音源を聴いたけれど、やっぱりキースの手数が少ない。ミックとキースが張り合ってこそ、ストーンズはずなんだけれど・・・・。

 「日本のライブでキースはどうだったんだろう」と思っていると、今回のツアーを至近距離で3回見たhiromerさんが、こんな感想をアップされていた。
 至近距離の真実とストーンズへの深い愛情を感じるレポートである。ぼくもストーンズの存続は、キースのギタープレイにかかっていると思う。

| ローリング・ストーンズ | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/141-15dac8c3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。