PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

クレヨンしんちゃんに涙する

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ぼくは1962年生まれなので、大阪万博が開催された時、小学2年生だった。地元大阪での万博だったので、何度も会場に行ったし、断片的な記憶も残っている。
 今、振り返れば子供だましの21世紀の未来都市だったかもしれないけれど、竹やぶだった千里丘陵に突如出現した万博会場は「人類の進歩と調和」を感じさせるのに充分なスケールを持ち、会期中に6千万人もの人を集めた。少なくとも、高度成長期のなごりのあった1970年には、21世紀は明るい未来で、さらに生活は豊かになり、今のような時代が来ると想像できた人は皆無だったのはまちがいない。

 この前の日曜日、近頃「クレヨンしんちゃん」がお気に入りの子供たち(どこの家でもそうだと思うけれど、子供はシモネタがホントに好きだ)のために、何気にレンタルしてきたDVDを、セットしたついでにながめていたら、オープニングからグイグイとその世界に引き込まれてしまった。幼い頃の甘い記憶が残る万博会場から映画が始まったからだ。
 詳しいストーリーを書くことは差し控えるけれど、過去にこだわる大人たちと未来を生きていく子供たちの対決というテーマが、まず秀逸。悪役のボスがビル・ゲイツとジョン・レノンを足して2で割ったような顔をしているのも、実に意味深である。
 ストーリはとても練りこまれていて、笑いながら、最後は嗚咽に近い涙を流してしまった。話の流れが理解しきれない子供たちは「お父さん、どうして泣いているの」と不思議がっていたが、ラストシーンの後に、追い討ちをかえるように流れる吉田拓郎の「今日までそして明日から」が、さらに胸を突く。これは大人を泣かせるために作られたアニメだ。

 泣かせるだけではなく、大人たちが過去にこだわり、子供たちには未来が見えない、今の日本を痛烈に批判しているとすら感じる映画版クレヨンしんちゃん。少々説教臭いところのある宮崎駿のアニメより、素晴らしい出来だと思う。
 特にぼくと同年代の人には「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」をだまされたと思って、ぜひ一度見てほしい。これはホント、おすすめの映画だ。

| BEATな映画 | 19:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/142-63ebade6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。