PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

3年ぶりの来日、ドミノスの再現?

 エリック・クラプトンの3年ぶりの来日が決まったようだ。
 オフィシャルサイトの情報によると11月11日から12月6日までの全16公演。大阪城ホール4回、名古屋レインボーホール2回、武道館8回、札幌ドームとさいたまスーパーアリナーがそれぞれ1回ずつとなっている。一ヶ月近く長期滞在するのは、この春のストーンズと同じ。でも、わずか5公演しかやらなかったストーンズとは大違いで「オヤジ、稼ぐなあ」って感じがする。

 あえてドームを避けて、一万人クラスの会場で回数をやるのは、音を重視するクラプトンの意向らしく、このあたりは誠実さも感じられる。
 でも、なぜか北海道だけは札幌ドームなんだけど・・・・。アリナークラスの良い会場がないせいだろうか。

 ぼくは1990年を最後にクラプトンのコンサートには行っていない。クラプトンのことは高校生の頃からずっと好きだし、未だにニューアルバムは必ず買っているが、「アンプラグド」以降の人気の高さと自信満々の姿には少々違和感(何度かアルバムレビューに書いているが、ぼくはやる気がなさげなクラプトンが好きなのだ)があって、コンサートにまでは参加する気にはなれかったのだ。

 でも、今回は久しぶりに行ってみようかなと思っている。おそらく、レギュラーツアーとしては初のギタリスト3人体制。中でも注目は、オールマンブラザースのデレク・トラックス。まだ若いギタリストだが、スライドギターの名手で、曲によってはデレク・アンド・ドミノスの再現が期待できるかもしれないからだ。

 ちなみ、7月終わりのスウェーデンのストックフォルムでのセットリストはこんな感じ。

Pretending
I Shot The Sheriff
Got To Get Better In A Little While
Old Love
Everybody Oughta Make A Change
Motherless Children
Back Home
I Am Yours
Nobody Knows You When You're Down And Out
Running On Faith
After Midnight
Little Queen Of Spades
Further On Up The Road
Wonderful Tonight
Layla
Cocaine
Crossroads

 この中でドミノス時代の再現を期待できる曲は「Got To Get Better In A Little While」「Layla」だろうか。日によっては「Anyday」がプレイされることもあるようだ。「I Am Yours」「Nobody Knows You When You're Down And Out」もドミノスの曲だが、ここはアコースティックセットなので、ギターバトルにはならないかもしれない。
 でも「Motherless Children」ではイントロからデレク・トラックスのスライドが炸裂するだろうし、アルバム「Money And Cigarettes」からの「Everybody Oughta Make A Change」は、おそらくこれまでツアーではほとんどプレイされていないレア曲だ。

 この日はオープニングアクトを務めるロバート・クレイが「Old Love」とアンコールの「Crossroads」に参加。さすがに、ロバート・クレイまでは、日本には来ないだろうけど、このあたりのギターバトルも、後日発売されるであろうツアーのDVDで見てみたいものだ。

 ちなみに、デレク・アンド・ドミノスが正式に発表したアルバムは、わずかに1枚。「Layla and Other Assorted Love Songs」だけである。
Layla and Other Assorted Love SongsLayla and Other Assorted Love Songs
Derek and the Dominos


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
 2枚目のアルバムのセッション中に空中分解、解散してしまったドミノスだが、この1枚でロックの歴史に名を残すグループとなった。

ライヴ・アット・ザ・フィルモアライヴ・アット・ザ・フィルモア
デレク・アンド・ドミノス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ドミノス解散後には「イン・コンサート」というライブ盤が発表されたが、現在ではリマスターされて5曲追加された「ライヴ・アット・ザ・フィルモア」として再発されている。
 こちらも、クラプトンの若々しくも激しいギターが素晴らしいが、曲によっては少々ギターソロが長過ぎると感じられるものもある。でも、このアルバムが録音された1970年頃は、長いインプロビゼーションが好まれる時代だったのだろうなあ。

| エリック・クラプトン | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

デレク・アンド・ドミノス
テレキャスター、かっこいいですね!
2006EC来日コンサート楽しみにしてます!!

| イルカちゃん | 2006/10/08 08:58 | URL | ≫ EDIT

イルカちゃん、はじめまして。
1ヶ月後に迫った来日公演、ぼくも楽しみにしています。

ぼくはテレキャスター偏愛者ですが、来月にリリースされる「The Road to Escondido」の中では、クラプトンもテレキャスターを弾いているようです。

| woodstock69 | 2006/10/08 16:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/171-36bcb099

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。