PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

国産オールドギター雑誌「ジャパン・ヴィンテージ」

 エレキギターを再開してから、再び買い始めた「ギターマガジン」や「プレイヤー」といったギター雑誌(さすがにヤングじゃないので「ヤングギター」は買ってませんが)。毎月、じっくり読んでいるけど、20年ぶりに買ったのにあまり違和感がない。「ギターマガジン」の表紙と特集なんて、キース&ロニー→ジミヘン→クラプトンと続いたのだから、違和感がなくって、むしろ当然か。
 そういえば、楽器屋で真剣にギターをながめているのは、自分を含めてオヤジが多いし、教育テレビではおじさん向けのエレキギター教室を放送していたみたいだから、中高年の間ではちょっとしたギターブームなのかもしれない。ギター雑誌も、そのあたりの年代をターゲットに入れているような気がする。

ムック ジャパンヴィンテージ vol.8 特集:国産テレキャスター系モデル (シンコー・ミュージックMOOK)

4401630300


 そんなことを思っていたら、こんな本を発見した。「ジャパン・ヴィンテージ」という昔の国産ギターにフォーカスを絞った雑誌だ。今回の特集は「国産てれくらべ」で、70~80年代に作られたグレコ、トーカイ、フェルナンデスのテレキャスターのコピーモデルを徹底解剖。第二特集は今はなきギターメーカーの「フレッシャー」で、当時から異彩を放っていたエフェクター内蔵ギターの姿が、あまりに懐かしい。少々お高い雑誌なのだが買ってしまった。

 家に帰って、ゆっくりと読んだが、これが面白い!80年代前後、エレキギターに夢中になった人には懐かしいと同時に、たまらない内容だと思う。カタログ写真の流用はほとんどなく、かれこれ20年以上前のエレキギターの現物を探し出して、撮影しているのもすごい。
 「ジャパン・ヴィンテージ」は既に8号も発行されているから、それなりに売れているのだろう。でも、これを読んで喜べるのは、どう考えても35歳以上。今やエレキギターも若者の趣味ではないんだな、きっと。

| エレキギター、再び | 00:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これの事ですね。。
実はフレッシャーマニアもので。。。

| span21 | 2008/01/17 13:57 | URL | ≫ EDIT

span21さん、こんばんわ。
実はこの本、国産テレキャス特集よりも、第二特集のフレッシャーのページの方が多くて、数えてみたら、なんと50ページ以上でした。
もちろん、お持ちのエフェクター内蔵ギターも載っていましたよ。

| woodstock69 | 2008/01/19 18:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/177-6c575d86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。