PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Vitamin Qを処方

 近ごろ、ちょっと元気のないテレキャス君にビタミンQを処方したら、若々しく甦った。なーんて書くと、怪しい強壮剤の宣伝のようだけれど、今回はエレキギターのコンデンサのお話。
 
 このところ、エレキギターの内部配線の改造にハマっている。配線1本換えるだけで、音が変化するのだから面白いったらありやしない。中でも音を激変させるのがキャパシタとも呼ばれるコンデンサのようだ。
 このコンデンサ、どんな役割をする電子部品かというと、まず電気が蓄える。そして、直流電流を遮り、交流電流を通す。エレキギターの場合は、高い周波数は通しやすく、低い周波数は通しにくい性質をトーンコントロールに利用しているらしい。
 でも、このあたりの知識は本に書かれていたことの受け売り。電気については詳しくないので、単純に「コンデンサは音色やトーンに関わりのある部品なんだな」ぐらいに考えている。

 最近、ぼくはハンダゴテによる作業が面白くって仕方ないので、手持ちのギター4台すべて(ピグノーズのアンプ内蔵ギターはトーンコントロールがないので除外)のコンデンサをオレンジドロップというものに交換してしまった。
 定石どおりにスクワイヤのジャグマスターには0.022uF、ヤマハのストラト、2台のテレキャスターには0.047uFのオレンジドロップ(ちなみに「uF-マイクロファラット」とは電気を蓄えられる容量を表す単位。一般的にハムバッカーPUには0.022uF、シングルコイルには0.047uFが良いとされている)を装着すると、確かに音に変化があった。

 ジャグマスターは音のレンジが広がり、ビル・ローレンスのテレキャスターとヤマハのストラトは音の輪郭がはっきりした。しかし、フェンダージャパンのテレキャスター「TL52-70US」(現在は品番変更で TL52-78US)だけは、トレブリーで荒馬的な鋭さがなくなり、随分と落ち着いたモコモコ感のある音がするようになってしまった。音が太く、甘くなったとも表現できるのだが、ぼくの目指しているトーンの方向性とは違う気がする。

ビタミンQ


 慎重を期して、このテレキャスターにはコンデンサ交換のみの改造を行ったので、音が変わった原因は、明らかにコンデンサによるものだろう。
 そこで新たに購入したのが、上の写真のビタミンQというコンデンサ。スプラグ社から発売されている有名なオイルコンデンサだが、ぼくの入手したものは、レプリカで値段は千円弱。コンデンサにまでレプリカ、コピーモデルがあるとは驚きだが、50年代後半のレスポールに取り付けられていた同じくスプラグ社のヴィンテージもののバンブルビーというコンデンサは、希少価値があって高額で取引されているというから、さらに驚く。

 早速、フェンダージャパンのテレキャスターのコンデンサをオレンジドロップからビタミンQに換えると、最初に書いたように荒馬的な若々しさが戻ってきた。再び、高音が伸びるようになったのだ。
 若干キンキンし過ぎるかという感じもするが、オイルコンデンサの場合、その構造上エージング、つまり慣らし運転が必要で、本来の音色になるには100時間ほど弾き込まなければならないらしい。そのうちに、もう少し落ち着いた音になるだろう。

 今回はコンデンサ交換の話を書いてみたが、文章でギターの音色の変化を表現するのは、とても難しい。さらに、同じ改造を施しても、ギターが変われば、同じような効果が出るとは限らない。同じモデルでも個体差があるので、音の変わり具合が違うだろう。つまり、実際に換えてみないと結果は分からないのだ。
 さらに、音色やトーンの好みは人それぞれだから、これまでの話は実例のひとつ、あくまでも参考として読んでいただきたいと思っている。

 しかし、コンデンサ自体は比較的安いパーツで、交換作業もハンダゴテが使えれば、それほど難しくはない。エレキギターのチューンアップの手段としてはお手軽で、試してみる価値はありだ。

| エレキギター、再び | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おそろい
いやいや、コアなネタですね(笑)
僕のテレにも同じオールパーツ製のビタQが処方されてます。
ビタQ処方当初はピンとくる音では無かったので
一度オレンジに交換。
文句の無い音なのだが物足りなさを感じ再度ビタQに。
2ヶ月程弾き込んだ結果、高音はクリアーに
中域では甘く低音は図太い音を奏でてます。
エージングが本当に効果あるのかは正直解りませんが
落ち着いた音になるのは確かなようですよ。
woodstockさんも弾き込んで極上サウンドを引き出して
ください。

| Noizy | 2006/10/23 21:56 | URL | ≫ EDIT

Noizyさん、昔はコンデンサを付け替えるなんて、マニアでしたよね。
というか、そんなことすら知らなかった。
でも、今はかなり一般的なエレキギターのチューンアップ方法なんじゃないかと。

ビタミンQは、かなり効きました。
リアPUをセレクトすると高音キンキンです。
「これぞ、テレ!」と思っているのですが、弦を張り替えるのが、少々コワイくらいの元気な音。
「少し枯れてね」と暇があれば弾き込んでおります。

| woodstock69 | 2006/10/24 16:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/183-efa8f481

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。