PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

JBL J216PRO

JBL-J216 PRO
 元旦に北見の「ハードオフ」で見て気になっていたものがある。JBLのJ216PROという20年ほど前に発売されていたスピーカーである。

 その時についていた値段は18.700円。「この程度の出費でJBLが買えるなら安いかな」と思ったが、このスピーカーのことについてはよく知らないし、はたして妥当な値段なのかが分からない。
 とりあえず型番を記憶して、家に帰ってネットで検索してみると、J216PROは1985年に定価3万円(1台)で発売され、小型スピーカーなのにJBLらしい音がしてなかなか良いらしい。程度の良いものは、ネットのオークションでもそこそこの価格で落札されているようだ。

 「ハードオフ」の値段は妥当。2万円でおつりのくるJBLサウンド。すぐに買いに行こうかなと思ったが、結局北見に行けたのは二週間後の昨日だった。

 「まだ、残っていれば買おう」と真っ先に「ハードオフ」に行ったが、残念ながらすでにJ216PROの姿はなかった。「それなら、40GBのipodを買っちゃおう」と近くの大型電気店に行くが、こちらも在庫切れ。
 ipodは価格据置でハードディスクが増量される日も近いというウワサあり、買えなくて正解とも思うが、せっかく北見まで行ったのに買うものがなくなってしまった。

 ユニクロ、アルペンの閉店セールなどをのぞいてから、久しぶりに店の奥にオーディオコーナーがあるリサイクルショップに行ってみると、ずらりと並んだスピーカーの中に、なんとJ216PROが鎮座していた。「これは買えということだな」と大して迷いもせずに2万円で購入。
 外観はそれほど使い込まれたようでもなくほぼ新品。外箱とスピーカーの両脇に貼るJBLのロゴステッカーまでついていた。

 家に帰って、子供が寝静まってからこれまで使っていたBOSE314というスピーカーと入れ替えてみると、これが驚きの音。
 試しに何枚か聴いてみたCDの中で一番面白いなと感じたのはマイルス・ディビスだった。とにかく、トランペットの音が元気で心地良く鳴る。これまでとは明らかに違う音の表情を感じる。

 BOSE314も決して悪い音ではないと思っているが、音の出方が違う。J216PROからは前に押し出すような音のパワーを感じるし、その構造上から音の定位がはっきりしなかったBOSE314(三つのスピーカーがそれぞれ別の方向を向いている。音の広がりはあるが、セッティングが難しかった)とは異なり、それぞれの楽器が定位置で落ち着いて聞こえる。
 J216PROは一個のウーハーと小さなツイター、真四角で何の飾り気もないエンクロージャー(スピーカーの箱)で、複雑な構造のBOSE314と比べると何とも無骨なスピーカーだが、出てくる音には変に加工された感じのない素直な迫力があるのだ。

 ぼくが好んで聴いている、少々古臭いロックやJAZZには20年くらい前のスピーカーが似合うのかもしれない。サブスピーカーにと買ったJ216PROだが、今日からはメインのスピーカーである。

| オーディオのお話 | 11:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして
はじめまして。
人類が初めて月に降り立った年に門別町で生まれた者(男)です。
今は秋田に住んでいます。
オートバイが好きで、夏に長期の休みが取れれば、北海道にツーリングに行っています。

こちらへは、たまたま覗いたmixiのJBLコミュで ”JBL J216PRO”のスレが立っており、どんなスピーカーなのか検索してたどりつきました。
文章がとてもきちんとしていて、読んでいて気持ちいいブログですね。文筆業の方とお見受けしました。
ブログは、このエントリーの他に、少しだけ拝見させていただきました。
「Air Check」とか、「ダイアトーン POPS Best 10」とか、懐かしいことが書いてあって嬉しくなってしまいました。

オーディオの話しですが、10年ほど前に購入したブルーノートのCD(RVGシリーズ)をいい音で聴きいてみたくて、昨年の暮れから少しずつ機器を購入しています。
うちのスピーカーもJBLで、型番はJRX-115(片方36000円くらい、業務用)というものです。
JBL J216PROもいいスピーカーのようですね!
JBLは、業務用と民生用があるそうで、業務用は価格が安く、いい音がするそうです。逆に民生用は高価ですが、音は大したことがないそうです。
「プロケーブル」というケーブル屋さんの受け売りなんですが(^^ゞ

余計なことかもしれませんが、CDをいい音で再生する方法が書かれていたり、「音の焦点」といって、スピーカーケーブルの長さを調節することによって最大限にスピーカーを生かす方法が書かれていたりと、とても面白いことが書かれていますので、下記サイトをご紹介させていただきます。
http://www.procable.jp/index.html

秋田の田舎では電気店に行ってもミニコンポみたいなものしか置いてないのですが、こういう情報を頼りにオーディオ機器を購入して音楽鑑賞を楽しんでいます。
それでは、また遊びに来させていただきます。

| たむら | 2008/07/11 15:51 | URL | ≫ EDIT

たむらさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございました。

JBLの「J216PRO」は比較的安価ですが、なかなか出来の良いスピーカーだと思います。
少なくとも、最近のエントリークラスのJBLに比べると、素直な音がする気がします。

業務用のJBLは試したことがありませんが、ハードな使用にも耐えそうですし、何よりかっこいいですね。
JRX-115は値段もそれほど高くないし、これにはけっこう物欲をそそられます。

ところで紹介していただいたリンク先ですが、衝撃の事実の連続で驚きました。
まだ、すべては読んでいませんが、CDプレイヤーを欠陥品と言い切って、その理由を述べていくところなどはすごいですね。
なるほど、言われてみれば、その通りなんですが、自分自身を含めて「デジタルは音質が劣化しない」という呪文に囚われていたんですね。

数年間からエレキギターにはまってしまい、今ではオーディオにまで手は回りませんが、どちらも音で遊ぶ趣味には変わりがないので、良い音の追求は続いています。
でも、良い音、悪い音の判断というのは主観がすべてで、さらに文章で表現するのは、とても難しいです。
だかこそ、オーディオやギターは面白いのかもしれないですね。

| woodstock69 | 2008/07/11 19:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/19-f8721a41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。