PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

野村ギター商会にハマってます

 近ごろ、「ぼくらぁ、ギター、大好きっ」という番組のジングルを思わず口ずさんでいるほど、どっぷりはまっているのが、BIGLOBEストリームで配信されている「野村ギター商会」
 すでにかなりの量のアーカイブが蓄積されているので、毎晩寝る前にブラックニッカをチビチビやりながら、少しずつ見ているのだが、これが面白いったらありゃしない。

 「野村ギター商会」は、ギターマニアのヨッチャンこと野村義男とエアギターの宮城マリオがホストを務め、毎回一人のギタリストを囲んでギター談義に花を咲かせるという番組。ギター好きにしか分からないマニアックな話題もあるかもしれないけれど、ヨッチャンの絶好のつっこみ、素晴らしいホストぶりが良いのか、各ゲストともにギターや音楽に対する真摯で熱い気持ちが伝わってくる濃い内容になっている。

 例えば、鮎川誠の回。一緒に登場するのは、数十年以上渡って弾き込まれ、鉄と木が一体化しつつあるキズだらけの黒のレスポール・カスタムだ。
 なんともいえぬ凄味があるギターは、昔から有名な1本だが、コンディションは決して良い状態ではないはず(なんと、テールピースの両端のフックの部分がない)なのに、鮎川誠が弾くと足元にある小さなアンプ(「MARSHALL MG-15CDR」あたりかな)から「これぞ、ロックンロール!」という迫力のある音が飛び出してくるのは、さすがというか、すごいのひと言。
 決して、流暢なしゃべり方とはいえない鮎川誠だが、未だにロックンロールに対するトキメキを、何の照れもなく、熱く語る姿勢は「ホント、かっこいいなあ」と思う。

 その他にも、全編に渡って、面白くてかっこいいチャー、ビンテージギターとのさりげない付き合い方が素敵な世良公則、トンガ王国初のデジタル録音アーチストだった石田長生、どうやっているのかは謎ままだが「笑うギター」が弾けるROLLYなど、ギター好きにはたまらない内容が連続する「野村ギター商会」を、ぜひ一度ご覧あれ。太っ腹にも無料のストリーミング配信です。

| エレキギター、再び | 20:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私もハマってます。
woodstock69さんも、野村ギター商会にハマりましたね!
私も1回目から観ていますが、Char以降はまだ観ていません。是永さんもチェックしたいです。

ROLLYの回は3回も見ました。彼はよくTV(某局)にも出てギターを持ってギャーンッ♪と弾いてますが、トークも面白いですし、テクもかなり「デキるギタリスト」ですよね。王様も笑いながら観ました。
鮎川さんは真面目な方だなぁ、といつも思います。

| スノードロップ | 2006/11/30 08:23 | URL | ≫ EDIT

スノードロップさん、野村ギター商会は、ホント面白い。
再びエレキギターに熱を上げ始めたオヤジには、ど真ん中のストライク的な内容です。

ROLLYは「笑うギター」もすごいですが、単音を延ばしただけの音で聴かせてしまう(それもBurnyのレスポールで!)ところも、すごい。
あれって、出来そうで出来ないワザだと思います。

個人的には守備範囲外の方もいますが、すべての回を見るつもりです。

| woodstock69 | 2006/11/30 19:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/190-f496a596

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。