PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

朝から、Fried Prideと押尾コータローにぶっ飛んだ!

 ローカルな話題で申し訳ないが、北海道だけで見られるテレビ番組に「夢チカ」というのがある。毎回、道内のライブ情報や公演が近いアーチストがゲストで出演する30分の深夜番組だ。22日の深夜、ZEP札幌で行われた番組主催のライブが特別番組として放映され、ぼくの大好きなFried Prideが出演するというので、PCで録画しておいた。

 今朝、起きてコーヒーをすすりながらメールをチェックした後、何気なしに見始めたのだが、この番組がすごかった。1時間半の番組枠のほとんどがFried Prideと押尾コータローのライブで占められていたのだが、寝ぼけた頭が一気にシャキンとするほど、彼らのプレイにぶっ飛んでしまった。

 まず、Fried Pride。ギターの横田明紀男と女性ボーカルのshihoの2人のジャズユニットだ。デビューアルバムでいきなり「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」をカバーし、以後もジャズという枠には収まりにきらないカバー曲を連発。
 ぼくは、FMで放送されていたライブ番組をたまたま聴いて、横田明紀男の凄腕のギターとshihoの声にノックアウトされて以来、毎年リリースされるアルバムを買い続けている。
ミュージックリームミュージックリーム
Fried Pride


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 しかし、今年の6月に発売された「ミュージックリーム」はまだ聴いていなかった。初の日本語カバー曲が何曲か入っていて、少々違和感があったからだ。でも、今回のライブ番組を見て、それが大きな誤解であることに気がついた。井上陽水の「リバーサイド・ホテル」もゴスペラーズの「永遠に」も、実に素晴らしかった。
 横田明紀男のギターは相変わらずのけぞるほど凄いが、shihoの歌声にさらに磨きがかかっているのにも驚いた。あわてて「ミュージックリーム」をオーダーしたが、彼らのライブ、ぜひ生で見てみたい。

 さらに驚いて、のけぞっちゃったのは、押尾コータローのギターだ。
 もちろん、名前くらいは聞いたことがあって、超絶のアコースティックギタリストという評判も知っていた。でも、実際にそのライブを目にしたのは初めてだった。

 アコギ1本で登場して、コードカッティングだけで、客をノリノリにさせてしまうのも、すごいことだが、ぼくが驚いたのはスローな「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」。アコギがメローディを奏でるだけではなく、ベースにも、打楽器にもなって、とても一人で弾いているとは思えないのだ。

 「youtube」にPVの動画あったのでご覧いただきたいが、ある意味でごまかしの効かないスローな曲で披露されるテクニックは、まさに超絶!

 でも、単にギターの腕前を見せつけているのではなく、必要な音を出すためのテクニックという必然性が感じられるし、たとえ手元が見えなくても、曲としてしみじみ聴かせるところがすごいと思う。この人、アコギ界のジミヘンではないだろうか。

 それにしても、この「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」のメロディーって、日本人の心の奥底にある琴線を刺激する何かがあるのではないか。ぼくはこのメロディーを聴くたびに、少し切なさを伴う懐かしさを感じる。

 最後になりましたが、メリークリスマス!
 そして、素敵なクリスマスの夜を。
 
 ぼくは今晩放送される「HAPPY Xmas SHOW!」でのCharと鮎川誠との競演が楽しみです。

| BEATな話題 | 16:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

押尾くん、人気ですよね。
今、丁度Charと鮎川さんが出演する番組を横で見ながら書いています。
woodstock69さんと同じく、Charと鮎川さんの登場がとても楽しみです。

押尾コータローくんですが、私もついこの間、彼のコピーをした人があまりにも凄いギタープレーをやっていたので、
3月にライブへ行ってみることにしました。
CDも随分集めました。新譜の記事は近日中に書こうと思っています。

Fried Pride ですが、woodstock69さんが好きだとおっしゃっているので、気になります。探してみようかな。

| スノードロップ | 2006/12/24 21:31 | URL | ≫ EDIT

スノードロップさん、こんばんわ。
昨晩のCharと鮎川誠、かっこよかったですね。
佐野ファンとしては、古田たかしとトミーのリズム隊にも大喜び。
ただ、ギターソロはバトルというには、ちょっとコンパクトだったかな。そこだけが残念でした。

押尾コータロー、あまりに凄すぎて、ぼくはとてもじゃなけれどコピーする気にはなれないな。
ライブはテレビで見てもぶっ飛ぶので、生ならなおさらでしょうね。
3月、楽しみですね。
ぼくも、近いうちにCDを聴いてみようかなと思っています。

Fried Prideは日本の「タック&パティ」的に感じている方もいるかもしれませんが、ギターもボーカルも素晴らしいですよ。
とにかく、ぼくはshihoの声が大好きです。
横田明紀男のギターもさりげに超絶なので、ぜひ聴いてみてくださいね。

| woodstock69 | 2006/12/26 00:58 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/194-d2f6f6ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。