PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本語のカバー曲が素晴らしい「ミュージックリーム」

 このところ、かなりテンパッた仕事を抱えて、パソコンの前で四苦八苦する日々を送っている。そんな時、手助けをしてくれるのが音楽。聴いているうちに、少しずつテンションが上がってきて、なんとか先に進めることが多いからだ。
ミュージックリームミュージックリーム
Fried Pride


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 先月末から、仕事中にCDプレイヤーのトレイにのせる回数が一番多いのがFried Prideの「ミュージックリーム」。少し前にも書いたが、このアルバムは6枚目にして初の日本語のカバー曲が入っている。ぼくはそれに違和感があり買わずにいたが、それは完全な誤解だった。
 とりあえず、ジャズというくくりの中で活動してきたFried Prideにとって、これまで何曲もカバーしてきたロックナンバーよりも、日本語の曲を収録することのほうが冒険だったはず。でも、これが実に良いのだ。

 収録されている日本語の曲は「リバーサイドホテル」「接吻KISS」「Midas Touch」「永遠に」の4曲。どれも素晴らしいカバー曲に仕上がっているが、中でも好きなのが「永遠に」。この曲になると、思わずキーボードを打つ手が止まり、ついつい聞き惚れてしまう。いや、正直に書くと鳥肌がたつ。最初に聴いたときは涙もでた。「いい歳して、これはなんだ?」と自分でもおかしいのだけれど、この曲はやけに胸をキュンとさせる。

 前作の「two.too」は2人だけでレコーディングされたシンプルなアルバムだったが、今回はアレンジもポップで、ラップまで挿入されている曲もある。しかし、それが不自然だったり、装飾過剰だったりするわけではなく、Fried Prideが新たなページをめくったことを感じさせる。たとえラップが入ろうとも、Fried Prideの音楽として成立しているのは、Shihoの唄のうまさと声の力のせいだろう。
 デビュー当時から「ずば抜けて、唄のうまい人だなあ」と思っていたが、今回のアルバムのShihoは、時に凄味さえもちらつかせる。もちろん、横田明紀男のさりげに超絶なギターは相変わらず素晴らしいのだが「ミュージックリーム」の主役は、あくまでもShihoの声だ。

 Fried Prideは「和製タック&パティー」などともいわれてきたが「ミュージックリーム」はそんなイメージを吹き飛ばす1枚。これまで必ず収録されてきたジャズのスタンダードナンバーがないのも良い。音楽のジャンル分けに大した意味はないと思っているが、日本語あり、ポップでファンキーな「ミュージックリーム」で、彼らはジャズという窮屈なジャンルから抜け出せたのではないだろうか。
 今年の半ばにはリリースされるはずの次のアルバムが、今から楽しみだ。 

| ロックの名盤 | 11:54 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

woodstockさん、こんにちわ。
2作目以降なかなか購入する機会がなくて(国内盤高いのでつい後回しに…)気がついたらもう6作目なんですね。
日本語の曲というのは意外ですが、新鮮な感じがしますねぇ。
とりあえずウイッシュリストに入れときましょ(買わんのかい!)

| baco | 2007/02/07 13:54 | URL | ≫ EDIT

bacoさん、こんばんわ。
彼らもデビューしてから、毎年1枚ペースでアルバムをリリースしていますが、もう6枚目なんですよ。

この前、デビューアルバムを久しぶりに聴いてみましたが、あまりにジャズっぽくって、かえって違和感がありました。
今回は懐かしのシャカタクの「ナイトバード」が唯一のジャズナンバーともいえるのですが、ファンキーな音作り。
例のフレーズをShihoがスキャットでやるのですが、これがかっこいい!

なんでもありの、びっくり箱的なアルバムともいえるのですが、ぼくはこれまでの中で一番良い出来だと思っています。

| woodstock69 | 2007/02/07 23:10 | URL | ≫ EDIT

ライブ映像も見てみました。
woodstock69さんの記事を以前拝見して、CDを4枚ほど聴いています。
そして先日、昨年スカパーで放送されたライブの模様のダイジェスト版も見ました。
woodstock69さんの記事でのポイントを頭の菜kに入れつつ、これからまたじっくり聴いて行きたいと思います。
私はFried Prideを知る前に、タック&パティの方をよく聴いていました。パティの方はよりゴスペルに近いヴォーカルですね。
横田さんもタック・アンドレスも右手の動きが超人ですね。

| スノードロップ | 2007/02/09 12:06 | URL | ≫ EDIT

追記です。
文字訂正です→<頭の中>に入れつつ、でした。失礼しました。
woodstock69さん、ライブorライブ映像はご覧になったことがありますか?

| スノードロップ | 2007/02/09 12:09 | URL | ≫ EDIT

スノードロップさん、残念ながらFried Prideのライブには行ったことがありません。
今月末に札幌でライブがあるのですが、うまく日程が合わないんです。
彼らは年に数回、札幌には来るんですが・・・・。

ただ、ライブ映像は何本か見たことありますよ。
横田氏のギターはホントに超人的。
でも、それをひけらかさないところが良いですね。
よく聞けば、バックでもすごいプレイをしていますが、決して唄の邪魔をしない。
あれって、できそうでできないことだと思います。

ちなみに、Shioちゃんはゴスペルというよりソウル系が好きなんだと思います。
アルバムの中に必ずスティービー・ワンダーの曲が1曲入っているし、EW&Fの「ファンタジー」なんかもカバーしてましたからね。
でも、今回の日本語のカバー曲は、どれも素晴らしい。
この次はどんな曲をどんなアレンジでプレイするのか、楽しみです。

| woodstock69 | 2007/02/09 22:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/200-b6ce15e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。