PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの頃のギターキッズが必ず聴いてた1枚

 前回のエントリーで、思わせぶりにヘッドストックだけをお見せしてしまった、新しいギター。
 あこがれの1本だっただけに、毎日ながめてニヤニヤ、弾いてウットリといった調子で、まだ冷静にレビューなんて書けそうにない。ってことで、今日はこの1枚を紹介することに。

夜の彷徨(さまよい)夜の彷徨(さまよい)
ラリー・カールトン グレッグ・マティソン ポーリニョ・ダ・コスタ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 1977年にリリースされたラリー・カールトンのソロアルバムで、原題は「Larry Carlton」。しかし、日本ではメロウなムードを際立たせるためか「夜の彷徨(さまよい)」と名付けられた。
 あえて分類すると、当時流行していたフュージョンに属し、ジャズ系の音楽になるが、あの頃のギター少年にとっては、必聴のアルバムだった。高校時代、ぼくの周りにはジャズなんて聴いている奴はいなくって、みんなロックやパンクに夢中だったのに、なぜかギターを弾いている連中は、これを聴いていた気がする。とにかく、当時の日本ではラリー・カールトンの人気には絶大なモノがあったのだ。

 そんな「夜の彷徨」をCDで買い直し、何十年ぶりかで聴いてみたが、これが素晴らしかった。1曲目にして代表曲の「Room 335」からラストの「 (It Was) Only Yesterday」まで、ギブソンES335の最高のトーンが味わえる。
 ラリー・カールトンはさりげに弾いているように聴こえるけれど、めちゃめちゃうまい。何よりES335からこれだけの音色を引き出せるってのは、一種の天才なんじゃないかと思う。とにかく、このアルバムのギターの音色は、未だに色あせることがなく、相変わらずぼくをウットリとさせてくれた。
 シンセサイザーの音などに70年代を感じさせるところもあるけれど、全編に響き渡るパワフルにして軽妙なジェフ・ポーカロのドラムも素晴らしい。

 久しぶりに「夜の彷徨」を聴いてみて、気付いたことがひとつあった。それは、同じ時期にギター少年の必須アルバムだったジェフ・ベックの「Blow by Blow」と作り方がよく似ているということ。

Blow by BlowBlow by Blow
Jeff Beck


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 軽快に始まる1曲目の「You Know What I Mean」と「Room 335」。どこまでもアグレッシブに超速で攻め続ける「Scatterbrain」と「Point It Up」。ラスト前の1曲にして、同じくブギの「Freeway Jam」と「Don't Give It Up」。そして、最後が泣きのバラード「Diamond Dust」と「(It Was) Only Yesterday」で終わるのも同じだ。

 ちなみに、先にリリースされたのは、ジェフ・ベックの「Blow by Blow」である。ひよっとしたら、ラリー・カールトンは「Blow by Blow」をよく聴いていて、ソロアルバムを作る時にかなり意識したのではないだろうか?「夜の彷徨」はボーカル入りの曲が2曲あって、完全なギターインストのアルバムとはいえないが、ついついそんな想像をしてしまった。

 最後にラリー・カールトンといえば、とにかくこれ。最近ではギブソンのカスタムショップから、ラリー・カールトン・モデルが発売されている。

Custom Shop LARRY CARLTON ES-335

 ぼくはES335のシェイプが大好きだし、セミアコのギターにも興味はある。でも、ES335にはラリー・カールトンやリー・リトナーといったジャズ系のテクニシャンが、華麗に弾きこなすギターというイメージがあって、どうにも敷居が高い。
 そういえば「野村ギター商会」の中で、野村のヨッちゃんも同じようなことを言っていて、激しく同感したことがあった。ホントはチャック・ベリーやB.B.キング、さらにはクラプトン、キース・リチャードなんかも愛用しているから、ES335は決してジャズギターではなく、ロックロールギター、ブルースギターでもあるのだが、高校時代の思い込みってのは意外に尾を引くものだ。

| ジャズの名盤 | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

遅いデビューですが・・・
ラリー・カールトンの「夜の彷徨い」(=邦題はちょっとニガテですが)とジェフ・ベックの「Blow by blow」をようやく最近になって聞き始めました。
woodstock69さんが書いてくださっている通り、この2枚はビギナーの私にとっても、似てるなぁと思ったものです。

335に関しては、影響されたのが日本のロックバンドの彼だったりするので、イメージはオールマイティかなぁって思っていました。
Jazz、ロック、ブルーズでもOK!ですが、名前はエレクトリック・スパニッシュってのがいいですよねぇ。
ジプシーだ、フラメンコだってやってみるとどうなりますやら。興味があります。

| スノードロップ | 2007/03/31 00:44 | URL | ≫ EDIT

数十年ぶりに聴きましたが
明るくて、割とポップなギターアルバムなのに「夜の彷徨」ってのは、ちょっと?ですよね。
昔も邦題では呼ばずに「ルーム335の入ってるやつ」とか、単に「ラリー・カールトンのLP」とか言っていた気がします。

このアルバム、悪い意味ではなくて、ジェフ・ベックの「Blow by Blow」によく似ていますね。
何か兄弟作のようにも感じます。
ジェフ・ベックが限りなくフュージョンに近いロックだとしたら、ラリー・カールトンの方は限りなくロックに近いフュージョンでしょうか。

ES335といえば、未だにぼくの中ではラリー・カールトンとリー・リートナーなんですよ。
だから、よほど腕を磨かないと手にすることのできないギターというイメージがあります。
でも、エピフォンのカジノあたりだと敷居の高さは感じないので、やっぱり単なる思い込みですね。

| woodstock69 | 2007/03/31 15:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/210-eac9bfd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。