PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

追悼 成毛滋さん

 3月29日、ギタリストの成毛滋さんがお亡くなりになった。
 毎日新聞の記事はこちら。 

 成毛滋と聞いても、今の若い人たちにはピンとこないだろう。でも、ぼくたちの年代、つまり40~50代のギター好きには忘れられない名前だと思う。
 1970年代、グレコのギターを買うと「グレコ・ロックギター・メソッド」という赤い教則本とカセットテープが付いてきた。このテープでグレコのレスポールモデルを弾き、先生役として登場していたのが、成毛滋さんだ。

 昔のギターキッズはこの教則セットで8ビートピッキングやチョーキングを覚え、ZEPの「Whole Lotta Love」やバニラファッジの「You Keep Me Hanging On」のリフが弾けるようになって、エレキギターの面白さにどっぷりはまっていった。
 まだ、情報が少なく、ギターの教則本といっても「ドレミの弾き方を覚えましょう」なんて調子で始まるものが多かった時代に、カセットテープ付きの「グレコ・ロックギター・メソッド」は実に画期的なエレキギターの教科書だった。
 
 ただ、成毛滋さんはメジャーな音楽生活を歩んだとは言い難く、正式にレコーディングされた音源は数少ない。ぼくたちも成毛滋さんがどんなバンドで活動しているのかは、よく知らなかったが、「グレコ・ロックギター・メソッド」はみんなが持っていた。だから、親しみと尊敬を込めて「成毛先生」と呼んでいたと思う。
 あの「グレコ・ロックギター・メソッド」は、エレキギターを始めた友人にあげてしまったので、今はもう手元にはない。でも、ぼくのエレキギターの第一歩は、まちがいなくあの1本のカセットテープから始まった。

 さらに、成毛滋さんのすごいところは、1969年のウッドストックコンサートを現場で体験しているということ。
 おそらく、あの大観衆の中に日本人はいたとしても数人だっただろう。そんな本場のコンサートを体験し、実際にミュージシャンの技を目で見て学び、日本に持ち帰って、いち早く紹介していたのが成毛滋さんだったのだ。

 このページを見れば、成毛滋さんというミュージシャンがいかに凄かったのか、よく分かると思うが、あまりに先鋭的過ぎて、日本のロック史の中では正当な評価をされていなかった気がするのが、実に悔やまれる。
 享年60歳、あまり早過ぎる死だった、合掌。

 youtubeを検索してみると、こんな動画を発見した。成毛滋さんというギタリストのすごさの一端がうかがえるムービーだと思う。

| BEATな話題 | 17:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

合掌
成毛滋さんが亡くなっていたのは知りませんでした。
高校生の頃ひねくれていた僕は、日本のジミーペイジと言われた成毛さんを小バカにしていて・・それでもグレコのロックギター・メソッドは一生懸命聴いて練習したものでした。
今もギターが弾けるのは、あのカセットテープがあったからなのだと今回のエントリーを読んで思い出しました。
享年60歳とは本当に早過ぎますね。
謹んでご冥福をお祈りします。

| Noizy | 2007/04/07 23:14 | URL | ≫ EDIT

ライトゲージも
実は、ぼくも成毛さんが亡くなったことを知ったのは、一昨日でした。

今では何てことはない内容かもしれませんが、あのテープと教本、
当時としては画期的なモノでしたね。
その後、ギターに関する情報も充実してきましたが、日本のエレキギターの黎明期を作ったのは、まちがいなく成毛さんだと思います。

そういえば、3弦がフラットワウンドのライトゲージを広めたのも、彼の功績のようですね。

| woodstock69 | 2007/04/08 08:13 | URL | ≫ EDIT

はじめまして、おじゃまします。
pbさん~マルディちゃんさんから寄らせてもらいました。

で、はじめて成毛滋さんを知り大変驚きました。
な、なんなんですかー、
この右手、、、
この左手、、、
すごい、すごすぎる!
こんな人が日本にいたなんて。

良いものを見せていただきました。
どうもありがとうございました。

| h. | 2007/04/23 18:08 | URL | ≫ EDIT

h.さん、はじめまして。

成毛さんですが、よーく見ると独特のピッキングをしますよね。
親指をカクンカクンと小刻みに動かすようなピッキングです。
もちろん、手首も動かしてはいるのですが、指と手首のコンビネーションで、力強くて早いピッキングを行っているように見えます。

成毛さんは、日本のロックギターの開祖のような方でした。
でも、その功績が特に若いギタリストにあまり知られぬままお亡くなりになったのは、とても残念です。

| woodstock69 | 2007/04/24 17:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/212-ef44b0b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。