PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

最高のシンガー、ボブ・ディラン

「Dylan」のジャケット

 フォークの神様、最高の詩人、孤高のロックンローラー。ボブ・ディランに付く枕詞は色々とあるが、ぼくは最高の歌手ではないかと思っている。
 ホントはとてつもなく唄がうまいくせに、わざとブレスを多用し、細切れのメロディーにして、聴く者を惑わせ、さらに「このオヤジ、わざと下手に唄ってやがるな」と感じる曲もあるから、さらに混乱は深まる。しかし、聞き込めば聞き込むほどに分かってくるボブの唄のうまさには、脱帽するしかない。

 ぼくにとって最高のシンガー、ボブ・ディランを確かめるために、どうしても聴いておきたいアルバムがあった。1973年にリリースされた、その名も「Dylan」というアルバムだ。
 このアルバムは、アサイラムレコードに移籍することに決めたボブへのCBSからの対抗措置のような1枚。ボブの意向や意思はまったく反映されず、レコード会社が「セルフポートレート」と「新しい朝」のセッションの未発表曲を集めて、勝手に作り上げたアルバムで、全9曲はすべてカバーである。

 ぼくは「Dylan」を単なる中途半端なカバーアルバムと感じ、昔から「最後の最後に聴くアルバムだな」と思っていたので、レコードの時代も、日本のみで「世界初CD化」された時にも買わなかった。
 しかし、実はこのアルバム、現在では絶版状態である。ボブから「あれだけは売ってはならぬ、聴かせてはならぬ」というお達しが出たらしく、いつの間にかラインナップから外され、新品のCDを買うことはできないのだ。
 そのせいか、アマゾンでは中古盤にべらぼーな値段がついている。さすがに、こんな値段で中古CDを買う気にはなれず、入手困難だけに長い間「聴きたい」という想いだけがつのっていた。でも、1週間ほど前に、とあるリサイクルショップで「Dylan」を発見しちゃったのだ。しかも、ここでは書くのがはばかられるほどの値段で!ホント、想い続けていれば、願いはかなうものである。

 ようやく、「Dylan」を手に入れることができてから、毎日のように聴いているのだが、このアルバムは想像していた以上に、素晴らしい。
 1曲目のトラディショナルなフォークソング「Lily Of The West」からは、アメリカ西部の砂埃を含んだ風が吹く。2曲目のエルビス・プレスリーのかの有名な曲の「Can't Help Falling In Love」は、この時期のボブの声の特徴であるツルツル声ではなく、あえてザラザラ声で唄われる。これがまた、たまらなく良い。5曲目の「Mr Bojangles」は、ニッティー・グッリティー・ダート・バンドのバージョンが有名な唄だが、ボブの見事な唄いっぷりはそれを遥かに凌駕するほどだ。
 7曲目のジョニ・ミッチェルの「Big Yellow Taxi」における「トゥー、パッ、パッ、パッ」というかわいすぎる女性コーラスは、ボブにあるじまき行為といえるかもしれない。でも、この曲もたまらなくステキだ。
 
 フツーのボブ・ディラン像にしか興味がない人には、単に好きな唄を適当に唄っているだけにしか聴こえないだろうが、ボブを最高のシンガーと考えている人間にとって「Dylan」はたまらない1枚だ。
 ぼくはこのアルバムを聴いて、ボブが自分の声のトーンを自在に操れることを確信した。でないと、同じ時期に録音した曲にツルツル声とザラザラ声が混在するわけがない。ボブは「あの時期はタバコをやめたから、声がきれいになったんだ」などと煙にまくようなことを言っているが、それはきっとウソである。

 ボブはキャリアの中で、何度もその声質を意識的に変えてきたが、彼にとって声こそが最高の楽器であり、唄うことが最も好きな表現方法なのではないだろうか。しかも、ボブは自分の声のトーンを自由自在にコントールできる。最高のシンガーとは、ボブ・ディランのことである。

| ボブ・ディラン | 18:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

高っ!
「Big Yellow Taxi」が入ってるとは! 全然想像がつかないのですごく聴いてみたいです。「セルフ・ポートレイト」は持ってるんですが、あれを聴いて「こんな声でも歌っちゃうのかぁ」なんて驚いたことを憶えてます。

「Dylan」CD見つかって良かったですね。私もずっと前に何かのついでがあれば買おうかなと思ってカートに入れてたキース・ジャレットの1300円くらいのCDがいつの間に在庫無しになってて、見てみたらいきなりユーズドで1万円以上で売られてたんでびっくりしました。たまに訳の分からない値段ふっかけてるのありますよね。くわばらくわばら。

| マルディちゃん | 2007/05/13 21:48 | URL | ≫ EDIT

元値、1.800円なんですが
マルディちゃん、こんばんわ。
ボブの「Big Yellow Taxi」は笑っちゃうほど、すんばらしいです。
本文にも書いたように、あまりに彼に似つかわしくない女性コーラスに腰が抜けそうになります。

でも、一番笑っちゃうのはエルビスの「Can't Help Falling In Love」を大真面目に唄っていること。
でも、これが悪くないんですよ。

ただ、ボブにしてみれば、このアルバムには、ベルトが切れて、ズボンがずり落ちたら、白いブリーフはいているのがバレちゃった的な気恥ずかしさがあるのではないかと。
つまり、単なる唄好きの素の自分が出過ぎていると感じているはずなんです。
だから、ボブの目の黒いうちは再発されることはないでしょうね。
それゆえに、マニアにはたまらない内容なんですが、アマゾンのユーズドはあまりに高いですよね。

ちなみに、ぼくがこのCDを買ったリサイクルショップは、定価の半額が基本。
買ってから、アマゾンの今の値段を知りましたが、何だか得した気分です。

| woodstock69 | 2007/05/13 23:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/222-cf829846

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。