PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

出張先で見つけた、オレンジのストラト

 一昨日、昨日と、今年初めての出張で帯広へ。同じ北海道でも肌寒い天気の続くオホーツク海側とは違って、十勝平野は汗ばむくらいの気温で、初夏の陽気だった。
 新緑が目にまぶしい初夏の十勝を車で走り回って、夕方の5時前には仕事を済ませ、帯広市内のビジネスホテルにチェックイン。
 荷物を置いて、すぐに市内の楽器屋巡りへ。場所は仕事の下準備と並行して、ネットで検索済みで、地図をプリントアウトしてある。このあたりは自分でも「ビョーキだなあ」と思うのだが、よく知らない街の楽器屋に行くのは、未知のギターとの出会いが待っていそうで、ワクワクするのだ。

 とある楽器屋では、デッドストック状態のグレコのMRを発見。おそらく復刻版のモデルだと思うが、ダブルカッタウエイで少し下ぶくれのデザインが愛らしい1本で、思わず触手が伸びそうになったが、なんとか踏み止まった。このお店にはホナー製のスタインバーガーや、現在では生産されていないPRSのEGなど、魅力的な中古ギターがあって、なかなか楽しませてもらった。

 その他のお店でも何本か目ぼしいギターはあったが、買うまでには至らず「やはり、ホントに欲しかったPRSのギターを買った効果はあったなあ」と思う反面、帯広でのギターハンティングが不発に終わった一抹の寂しさあって、少々複雑な気分でホテルに帰った。

オレンジ色のストラトキャスター 翌日も順調に仕事をこなして、5時前には予定がすべて終了。
 「さあ、家まで200キロのドライブだあ」と気合をいてれ車を走らせようとすると、道路端にリサイクルショップがあった。
 「ちょっと寄ってくか」と駐車場に車を停め、店内へ。しかし、お目当てのギターコーナーが見当たらない。「やはり、今回は成果なしか」と思いながら、古着を見に行くと、革ジャンの下に隠れるようにして10本程度のギターが並んでいた。

 その中でやけに目立っていたのが、オレンジ色のストラトキャスターだった。オリンピック・ホワイトからキャンディ・アップル・レッド、アンティグア・フィニッシュまで、ありとあらゆるカラーのあるストラトだが、オレンジ色というのは、あまり見た記憶がない。しかも、少しフェード気味のオレンジだから、地味派手で、やけにかっこいい。値段も手持ちのお金で充分に買える程度だ。

 思いがけず、古着コーナーの片隅で見つけたフェンダージャパン製のオレンジのストラトを手にとってながめまわす。
 スモールヘッドでスラブボードのローズ指板、3ピースのピックガード、プレスサドル。60年代初期のストラトのコピーのようだが、ペグはクルーソンではなく、ノブにトルク調整用のネジのあるグローバータイプだ。ボディに小さな塗装のはがれが数箇所あるが、キズも少なく、フレットの減りも軽度だ。

 いくつかの特徴からすると、最近の「Crafted In Japan」ではなく「Made In Japan」の時代のギターだと思われるが、プライスカードにも型番の記載はなく、ぼくの乏しい知識の中ではモデル名が特定できなかった。でも、帯広のおみやげに1本お買い上げしてしまった。決め手は、やはりレアな色だ。

 家に帰って、子どもにおみやげを渡してから、自分へのおみやげであるギターを弾いてみた。スラブボードのストラトらしくファットなトーンは、思いのほかパワフル。でも、適度に枯れていて、良い感じだ。弦高やピックアップの高さなどは、ぼくの好みではなく調整が必要だが、オレンジという色だけではなく、音色も気に入った。
 
 ネットを検索してみると、アルファベットの「O」で始まるシリアルナンバーから93~94年の間に製作されたギターだと推測できた。さらに調べみると、仕様などから「ST-43J」のような気がする。
 「ST-43J」は現行の「ST-50」に相当し、どちらかという初心者向けのエントリーモデルだと思う。でも、ぼくの買ったオレンジのストラトは、トラストロッドの調整穴の位置など、現在のモノとは少しネックの仕様が違う。このあたりは、細部の仕様が変更になった可能性があるのかもしれない。
 弦を交換するついでに、ネックを外して、ネックポケットも確認してみたが「ST-43J」の表示はなく、かすかに末尾が「62」と読み取れるスタンプが押されているだけだった。

 ひょっとして、限定カラーか。それともショップ・オリジナルのモデルか。いずれにせよ、それほど高価なモデルではないことはまちがいないと思うけれど、このストラトなかなか気に入ってしまった。

 もし、このオレンジのフェンダー・ジャパンのストラトに見覚えがある人がいらっしゃいましたら、コメントをいただけるとうれしいです。

| エレキギター、再び | 16:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは
オレンジ色のストラト珍しいですね。海外のギタリストで
使っている人っていましたっけ?
ところでリサイクルショップって結構宝の山なのですね。
我が家の近くのリサイクルショップは去年の家電リサイクル法(でしたっけ?)がきっかけで閉店してしまいました。
残念!

| Purple_Haze | 2007/05/25 23:15 | URL | ≫ EDIT

レアだと思うのですが
Purple_Hazeさん、オレンジのストラトを使っている人は記憶にないですね。
というか、オレンジのストラトを見たのも初めてでした。
ピンクやイエローなどは、まだありがちだと思うのですが、オレンジってのはかなり珍しいんじゃないかと。
前から変な色のストラトが1本欲しいと思っていたので、ツボにはまって、ついつい買っちゃいました。

リサイクルショップは、けっこー掘り出しモノがありますよ。
ただ、楽器店ほどギターに対する知識がなく、メンテナンスも基本的になしの場合が多いですから、カスをつかむ可能性も大いにあり。
買う側にも目利きというか、ある程度のギターの知識が必要になりますね。

PSE法、今では骨抜きのザル法のようになっていましたが、施行直前は大騒ぎでしたよね。
現状を考えると、閉店したお店はかわいそうです。

| woodstock69 | 2007/05/26 09:09 | URL | ≫ EDIT

古い日記にコメですが
私も最近カプリオレンジのストラトを手に入れました
私の調べた限りなんですが

シリアルはNで93~94年で管理人さんのOシリアルと時期が被ってます
カラーはこの時代の限定色でしょうか

PUはバックパネルのステッカーからUS Vintage
ザグリ方を見るとフジゲン製?

ボディはネックを外して木目を見る感じじゃ
アルダーかな?と思うんですが
重量3.2kgほどと軽く、バスウッドの可能性も

管理人様と私のギターで違うところは
ピックガードの穴の数が11穴と8穴

指板がローズウッドと、メイプル

ヘッドがスモールヘッドとラージ、リバースヘッド

下記、最近見つけた同色のストラトです(売り切れ中)
http://item.rakuten.co.jp/otakara-100/oke-360/?l-id=myr_history&scid=wi_myr_item_ins

長々と申し訳ございませんでした
また、もし宜しければ教えていただきたいのですが
管理人様のギターもFenderJAPAN CUSTOM EDITIONの物でしょうか?
お時間がある時にでも回答して頂けると幸いです

| しぃ | 2010/03/28 21:07 | URL | ≫ EDIT

しぃさん、はじめまして。
コメント、どうもありがとうございました。

カプリオレンジのストラト、実はぼくにも詳細がよく分かりません。
残念ながら、本文にもあるように、ネックポケットにもキャビティにも型番が分かるスタンプは見られませんでした。
それでも分かる限りの仕様を書いてみますね。

ぼくのストラトのピックアップは「US Vintage」ではなかったと思います。
ただ、センターPUが逆磁性で、ハーフトーン時にノイズキャンセルできるようになっています。

指板はローズウッドのスラブボード仕様。
ペグはグローバータイプ。
サドルはスチールのプレスサドル。
トレモロブロックはダイカストでした。

ちなみに、塗装はポリですが、かなり薄いです。

結論として、ぼくのギターが「FenderJAPAN CUSTOM EDITION」なのかどうかは分かりません。
ただ、カタログ外のモデルであることはまちがいなさそうで、どこかのショップがオーダーしたストラトではないかと思っています。

| woodstock69 | 2010/03/31 18:08 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。
 woodstockさん。はじめまして。私もカプリオレンジのストラトに一目惚れして購入しました。購入したのは平成13年か14年、仙台のラオックス(今は閉店してます)で新品で購入しました。4万円弱ぐらいだったと思います。型番はst-43Jで、シリアルはPから始まってます。ボディはバスウッドです。スラブボードで、ハーフトーンでノイズキャンセルになるのはwoodstockさんのギターと同じです。
 出先の仙台で見つけて、その時は買えなかったのですが、どうしても気になって、当時住んでいた青森の楽器屋で「フェンダージャパンのオレンジのストラト欲しいんですが・・・」と聞いて、調べてもらったのですが、よくわかりませんでした。結局、数ヶ月後にもう一度、仙台の同じ店に行って購入しました。同じころにピックアップカバーが黒色のモデルも見かけた記憶があります。こちらは仙台の別の店(新星堂)だったような気もするのですが、ちょっと記憶が定かではないです。店頭のポップには「限定モデル」と書かれていました。
 店頭で見かけたのは平成13~14年ぐらいの期間で、その後はぱったりと見かけなくなりました。あの時、買っておいてよかったなと思います。今はピックアップをKINMAN、サーキットをSONIC TURBO BLENDERに変えて、大事に使っています。
 

| hide | 2011/10/29 11:40 | URL | ≫ EDIT

hideさん、こんばんわ。
カプリオレンジのストラトの情報をいただき、ありがとうございました。

平成13~14年にフェンダー・ジャパンのカプリオレンジのストラトを入手されていたんですね。
ぼくのはシリアルナンバーから、それよりも10年ほど前に作られたものだと思われますが、よく似た仕様で何度か売り出された可能性もありそうですね。
おそらくカタログ外の限定品、またはショップオーダーのカラーだったんでしょう。
そういえば、今は休刊になってしまいましたが「ジャパン・ヴィンテージ」という雑誌に、イケベ楽器がフェンダー・ジャパンにオーダーしたカプリオレンジのストラトのカタログ写真が載っていたこともありました。

手元にあるフェンダー・ジャパンのストラトがどのような経緯で作られたものか、未だに特定はできませんが、ぼくのお気に入りの1本であることに変わりはありません。
ちなみに、ぼくのカプリオレンジはリアのPUをダンカン、トレモロブロックをスチール製に換えてあります。

| woodstock69 | 2011/11/01 18:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/224-d4832225

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。