PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

JBLとBOSEの違い

 スピーカーをJBLのJ216PROに変えて、二週間が経った。最初の印象は17日のBlogに書いたが、さらに聞き込んでもその印象が大きく変わることはない。簡単に書くと、素直に生真面目な音を出すスピーカーだと思う。
 しかし、決して退屈で面白くない音ではない。例えるなら、変化球を使わない、直球勝負にこだわるピッチャーのような音だ。ゆえに聞き流すことを許さないような部分もある。真面目な音が耳に飛び込んでくるので、椅子をスピーカーのセンターに置いて「ちゃんと聴かないとな」という気分にさせるのだ。
 
 J216PROをメインのスピーカーとして居間に置いたので、これまで使っていたBOSE314は売ってしまおうかなとも考えた。しかし、この少々風変わりなスピーカーにも愛着はある。いずれサラウンドシステムを組む時には役立つかもしれないので、仕事部屋のBGM用に使っていたミニコンポのスピーカーをBOSE314に変えることにした。

 JBLとBOSEという二つのスピーカーを日常的に聞き分けていると「なるほどね」と感じたことがある。BOSEの音をBGMにすると心地が良いのだ。JBLのように「ちゃんと聴けよな」と主張しない。少々大きな音にしても、サラリと聞き流せる。
 逆にいうとスピーカーがCDに記録された原音に何らかの加工をして、マイルドな音に変換しているのかもしれないが、悪い音ではないと思う。BOSEが多くの店舗でBGMのスピーカーとして採用されているのは、気持ちよく聞き流せる音が理由ではないだろうか。

 オーディオの世界には「原音再生」という目標を掲げる人が多くいるようだ。しかし、ぼくには「原音再生」へのこだわりはない。ただ、好きな音楽を少し良い音で聴きたいだけだ。
 真面目に音楽と向き合う気にさせるJBL、気持ちよく聞き流せるBOSE。より忠実に音を再生するならJBLのスピーカーのほうが優れているかもしれないが、ぼくには変化球気味のBOSEの音も魅力的に聴こえる。

| オーディオのお話 | 11:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

賛同
>オーディオの世界には「原音再生」という目標を掲げる人が多くいるようだ。しかし、ぼくには「原音再生」へのこだわりはない。ただ、好きな音楽を少し良い音で聴きたいだけだ。


まさにそうだと思います。

オーディオがオカルトと皮肉ったりはしませんが『少しだけいい音』で音楽を楽しみたいだけです!

| ぶろんそん | 2010/06/29 04:28 | URL | ≫ EDIT

ぶろんそんさん、こんばんわ。
こちらにもコメント、ありがとうございました。

いわゆる「原音再生」を追求すると、メートル何万円というケーブルといった方向に行きそうなんですよね。
そして、その道には明確な答えがないような気もします。

ただ、豊かな音とチープな音の違いは、ぼくにもよく分かります。
少しのお金と手間で今よりいい音が得られるなら、幸せな時間が過ごせるし・・・・。
でも、何で聴いているかよりも、何を聴いているかを大切にしたいとも思うんですよね。

| woodstock69 | 2010/06/29 21:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/23-6e5ce2b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。