PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

海賊キースとジョニー・デップ

Rolling Stone (ローリング・ストーン) 日本版 2007年 07月号 [雑誌]
B000R3W9SQ

 よくお邪魔するブログ「Hard Road To Babylon」のhiromerさんが「表紙が反則」と表現されていた「ローリングストーン日本版」の7月号。その反則の表紙はキースとジョニー・デップのツーショットだ。もちろん、二人のインタビューも掲載されていて、天下のジョニー・デップに先輩風を吹かせまくるキースが微笑ましいというか、コワイというか。

 ちなみに7月はファッション関係の記事が少なめで、かなりロック色が強い。
 巻末のインタビューブックもポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ニール・ヤングといったメンツで充実しているし、ニューアルバム「COYOTE」をリリースしたばかりの佐野元春のインタビューもあって、こちらも面白かった。「来日ミュージシャンが通う東京・飲食店ガイド」もミーハー心をくすぐる企画だ。

 さらに「伝説のCIAスパイが死の間際に明かした、JFK暗殺の真犯人」「イラク戦争はビジネスだ!その知られざる闇」といった硬派な記事も読み応えがあって、以前に紹介した5月号に比べると、雑誌としてのグレードが数段上がった気がする。
 「この雑誌、ひょっとしたら化けるかも」という予感さえ感じさせる7月は、おすすめの一冊です。

| BEATな読書 | 18:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

TBありがとうございます。
キースの喋りたがりな性格がよく表れているインタビューですよね。

本の内容自体は、「大人のロック」のテイストを含んだ「SIGHT」という感じになったかな、と思いました。
路線的には好きですね。

| hiromer | 2007/06/14 21:27 | URL | ≫ EDIT

hiromerさん、こんばんわ。
よく考えれば、キースが単独、またはストーンズのメンバー以外とインタビューに答えるってのは読んだことがないですもんね。
それだけでも、新鮮で読み応えがありました。

「SIGHT」は好きな雑誌ですが、本の大きさが変わってから、以前のようなロック臭さがなくなったような。
「ローリングストーン日本版」は本の作りが華やかなので、中身が伴えば、これからいい線行くような気がします。

| woodstock69 | 2007/06/14 22:51 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
これ欲しい! 7月号だからまだ売ってるんでしょうか。買いに行っちゃおうかしらん。ジョニーとキースの表紙&インタビューも楽しみですが、スパイ好きな私はそっちの記事もとても興味シンシンです。

そうそう、佐野元春ってこの前KinKi Kidsの番組に出演したんだそうです! woodstockさんは見ました? 私は見逃してしまいましたよ~。

| マルディちゃん | 2007/06/18 14:34 | URL | ≫ EDIT

マルディちゃん、こんばんわ。
この本、まだフツーに本屋さんに平積みされていると思いますよ。ぜひ、一冊どうぞ。
スパイがらみのJFKネタも、なかなか面白かったですよ。

KinKi Kidsと佐野さんが、トークでからむ番組、もちろん見ましたよ。
近ごろは、佐野さんも夜中のバラティー番組にレギュラーででているせいか、昔に比べて笑いのツボが分かってきたような。
あと、フカキョンのピアノがバックで鳴る「アンジェリーナ」は、後にも先にもあれっきりだろなあと思いました。

| woodstock69 | 2007/06/18 21:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/231-4b5e824e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。