PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

マルチエフェクターに悩む

 ギター、アンプと買い揃えたら、次に目が向くモノは、きっとエフェクターだろう。
 エフェクターは、エレキギターにおける調味料的な存在だ。でも、この魔法の小箱は、ジミヘンのファズやワウワウ、U2のエッジのディレイ、フュージョン系のギタリストの足元に必ずあったダイナコンプなどのように、時として主役の座に躍り出る場合もある。

 家で練習する場合には、特にエフェクターの必要はない。まず、クリーントーンでしっかりとした音が出せるようになるべきなんだろうけど、やはり魔法の小箱の存在は気になる。たまにはアンプの音に塩やコショウをふりかけて、ちょっと違った味にしてみたいし、コピーの元のギタリストになりきるためには、エフェクターの手助けが必要だ。

 ぼくもギターを再開して3ヶ月ぐらい経ってから、エフェクターが欲しくなってきた。そして「最初はディストーションとワウあたりから」と思っていたら、目にとまったのがマルチエフェクターってやつ。昔はこんなのなかったが、これひとつ買えば、どんなトーンでも作り出せそうだ。しかも、エントリークラスのマルチエフェクターなら、それほど高くない。
 メーカーや楽器店のHPを色々と見て「これが良さそうだな」と思ったのは、ZOOMの「G2.1u」というマルチエフェクターだった。


「ZOOM G2.1u」

 16種類のアンプモデリングと54種類のエフェクトが搭載され、すぐに使えるプリセットパッチが20種類設定済みで、PCM音源のドラムマシンも内蔵。ペダルでワウやボリュームの調整もできる。さらにUSB端子を装備、バンドルされているDAWソフト「Cubase LE」をPCにインストールすれば、DTMが始められる。これで1万円ちょいのお値段なのだから「まったく、すごいなあ。時代も変わったものだ」と思った。
 ZOOMからはさらに安い「G1X」や、べダルなしの「G2」といったマルチエフェクターも発売されているが、どちらもDTMができないので「G2.1u」を買うことにした。

 「G2.1u」を使い始めた当初は、プリセットパッチを呼び出して遊んでいたが、モデルとなったギタリストのトーンが、それなりによく再現されていると思った。デジタル臭いトーンといえなくもないけれど、値段を考えれば、充分に納得のいく出来だ。
 プリセットパッチは20種類もあるので、買ってすぐに変幻自在のトーンを楽しめるが、しばらくすると自分だけのトーンをユーザーパッチとして保存したくなってきた。でも、これがいじっくっているうちに、何をしているのやら、よく分からなくなるのだ。
 インターフェスは比較的シンプルだが、操作方法がなかなか覚えられず、未だに「G2.1u」を使う時は、マニュアルがそばにないと困るような状態。マルチエフェクターは多機能だが、使っている方の頭は単機能なのだ、きっと。

 さらにDTMにもチャレンジしてみたが、これまでPCでやってきた様々な作業とは少し毛色が違って、戸惑うことが多い。PCはそれなりに使いこなせるつもりだったが、DTMはちょっとハードルが高いのだ。
 それでも、少しずつ「Cubase LE」の使い方が分かってきて、時間はかかるけれど、リズムトラックを何とか作れるようになってきた。でも、自分の弾いたギターをハードディスクに録音して、PCで聴くってのは、なんだか変な気分だ。

 エレキギターの周辺機器も急速にデジタル化しているけど、ぼくの音楽センスは残念ながらアナログ度が強いようだ。結局、中古でディストーションやワウ、コーラスなどのエフェクターを単品で買い揃えてしまった。これだと何の抵抗もなく、すんなりとセッティングできるのだけれど・・・・。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

| エレキギター、再び | 22:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは
マルチってワカラナイです。笑。
ZOOMの最初期の頃のを買ったことがありましたが
色んな音が出て面白かったんですがすぐ飽きちゃった記憶があります。
色々と宅録されてる方には音も良くて便利なのでしょうが
なにせ使い方を理解するまでが大変でして…汗。

やはり音的にもアナログに落ち着いちゃいますよね。笑。

| shoo-G | 2007/07/24 11:24 | URL | ≫ EDIT

確かに便利なのですが
shoo-Gさん、こんばんわ。
いやはや、このマルチってやつは、いつまで経っても操作が覚えられないんですよね。
好みのトーンにたどり着くのにも、時間がかかるし・・・・。
どうしてなんだろう?
うーん、我々はアナログ世代なんですかね。

でも、ギターってのは、アナログな楽器の代表みたいなもの。
やっぱり、アンプは真空管、エフェクターも単品アナログですよね。

| woodstock69 | 2007/07/24 20:48 | URL | ≫ EDIT

今晩は
1年位前に同機種を買って、その後の経緯もまったく同様なので笑ってしまいました。
買った直後は楽しかったので多少遊んだんですが、今は新品同様状態で元箱に収まっています。

| kingbee | 2007/07/24 23:05 | URL | ≫ EDIT

便利そうだけど
多分使いこなせないだろうな。

私にはCry Baby、MXRのフェイザー、BOSSのChorusと
Over Driveがあれば十分かも。

| Purple_Haze | 2007/07/24 23:11 | URL | ≫ EDIT

まったく同じですか
kingbeeさん、こんばんわ。
あれまあ、同じ機種で同じような経過ですか。
機械はそれほど苦手ではないと思っているのですが、このマルチってのは、どうも使いづらいですね。

ぼくの場合、何とかDTMができるようになりたいので、オーディオインターフェースとしてPCの下に置いあります。
でも、エフェクターとして使うことはなさそうです。

| woodstock69 | 2007/07/25 18:09 | URL | ≫ EDIT

便利そうなんですが
Purple_Hazeさん、こんばんわ。
このマルチってやつ、便利そうなんですが、操作がかなり面倒です。

単品のエフェクターなら、いくつか組み合わせても、自分の好みのトーンに近いところまで持っていくのは、それほど時間はかかりません。
でも、マルチの場合は「これだ!」というトーンに辿りつくのが難しいんですよ。

ひょっとしたら、若い人たちは簡単に使いこなせるのかもしれませんが、ぼくもオーバードライブとワウ、コーラス、コンプあたりがあれば、充分なような気がします。

| woodstock69 | 2007/07/25 18:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/241-9dd0acf6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。