PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

SGの美しさと80年代の日本製エレキの素晴らしさ

 今日は前々回のエントリーで、少し思わせぶりに「ギブソンのギターにしては、珍しく生産効率を考えて作られた」と書いたギターについて。
 詳しく紹介する前に、まず後ろ姿の写真を。

SGの後ろ姿

 そう、答えはギブソンのSG。
 自分のギターになってみて、初めて気付いたことだが、SGは後ろ姿が実にセクシーである。さらに、マホガニーの木目が薄らと透けて見えるチェリーレッドが、艶かしいギターなのだ。

 でも、このSGというギター、ギブソンというメーカーの中では、決して王道を歩んできたわけではない。最近、デレク・トラックスの活躍によって、少しは脚光を浴びているけれど、世間的にはレスポールや335のように名器という評価は受けていないはずだ。その理由はSGの誕生した背景にありそうな気がする。


 今でこそ、ストラトと並んでエレキギターの代表格のレスポールだが、過去に一度生産中止に追い込まれたことがある。
 1952年に、まばゆいばかりのゴールドトップに仕上げられ、当時の人気ギタリストであったレスポール氏の名前を冠せられたギターは、ギブソン初のソリッドギターとしてデビュー。57年には「PAF」と呼ばれるハムバッキング・ピックアップが搭載されることになり、現在まで続くレスポールの形が完成する。
 58年にはチェリー・サンバーストへと色を変えて、今ではとてつもなく高価なギターとなっている59年製のレスポールが誕生する。

 しかし、ウン千万円の値段が付いている今の状況からは想像も出来ないことだが、当時のレスポールは意外にも不人気で、生産台数は低迷。逆に58~59年にかけてダブルカッタウエイ化されたレスポール・ジュニアとスペシャルが、市場では人気があったようだ。

グレコ SS500CH そこで、ギブソンがレスポールの後継機種として開発したのが、大胆なダブルカッタウエイ・シェイプのSGである。

 設計に際しては、レスポールのメイプルとマホガニーをラミネートして、アーチトップを付けるという複雑な工程を省略することで、生産性を向上。
 さらに、3ピックアップのカスタムからエントリーモデルのジュニアまで共通のボディデザインを採用することで、ラインの合理化まで進めた。

 こうして、1961年にSGは誕生したのだが、当初はレスポールの仕様変更と位置付けられ、まったく異なるシェイプのギターにも関わらず、レスポールという名が付けられた。つまり、この時点でレスポールは一度生産中止となり、SGが新しいレスポールというふれこみで販売されたのだ。
 
 その後、63年には正式にSGと改名され、市場でもそれなりの成功を収めていくが、ロックという音楽の台頭にあわせるかように、クラプトンなどレスポールを弾きまくるギタリストが登場する。そして、レスポールの復活を望む声が高まっていく。
 1968年にはP90搭載という形ではあるが、レスポールの再生産が始まり、SGはギブソンの中で二番手、三番手のギターへと後退していくのである。

 と、ここまでの話が、ぼくが最初に「ギブソンのギターにしては、珍しく生産効率を考えて作られた」と書いた理由だ。さらに、SGからは王道を歩めそうで歩めなかった中途半端なギターという印象さえ感じる。

 だかこそ、少々へそ曲がりなぼくは、数あるギブソンのギターの中でSGが妙に気になっていた。
 さらに、何度も見た映画「ウッドストック」の中で、最後にSGを破壊するTHE・WHOのピート・タウンジェントと、SGからエキセントリックなフレーズをはじき出したデビュー直前のサンタナの姿が、いつもまでも忘れられなかったりもする。
 つまり、ぼくにとってSGはギターを再開してから、一度は手にしてみたかった1本であり、ギブソンの中で唯一欲しいと思わせるギターだったのである。

 昨年の夏以降、エピフォンやエドワーズ、バッカスと、何とか手の届きそうな値段のSGのコピーモデルを楽器屋で見かけるたびに試奏してみたが、どれもピンとくるトーンではなかった。ルックス的にも、ハムバッカー2発、チューンOマチックという標準的な構成では面白みに欠けるような気もした。
 かといって、個人的には最もSGらしいと感じるとトレモロユニット(ロング・ヴァイブローラ)が付いたギターはギブソン・カスタム・ショップ製しか見当たらず、シャレで買える値段ではない。

 「やはり、オレはギブソン系のギターには縁がないんだなあ」とSGをあきらめかけていた時に、いつものリサイクルショップ、ハードオフで見かけたのが、写真のギターだ。
 グレコのSGスペシャルのコピーモデルで、P90(ソープバー)ピックアップが2発に、シンプルなバーブリッジという構成。PRSのSEシングルカットで、P90というピックアップとバーブリッジの良さについて体感しているし、このシンプルなスタイルはぼくの好みにぴったりとはまった。おまけに、値段も手持ちで充分に間に合う程度だ。

SGのヘッドストック 「ここは冷静になれよ」と自分に言い聞かせ、店員に声をかけてから、手にとって時間をかけて品定めしてみたが、ネックが波打つこともなく、フレットも8分程度は残っている。金属バーツやネジの頭にはサビが浮き、ボディにも細かいキズや打痕もあるが、弾くのには支障はなさそうだ。

 グレコのギターにはそれほど詳しくなったので、その場で年代は特定できなかったが、値段と上の下から中の上といったコンディションを考えれば、充分に買いだと判断した。

 グレコのSGスペシャルのコピーモデルを家に持ち帰り、弾きまくる前にコンパウンドで金属パーツのサビを落とし、ローズ指板にオイルで潤いを与える。さらに若干順反りだったネックも調整した。
 この作業と並行して、ネットでこのギターの正体を検索してみると、グレコに関してはマニアックに研究されている方が多数いて、当時のカタログや雑誌広告をスキャンしたHPに、簡単にたどり着くことができた。

 それによると、このギターの型番は「SS 500CH」。1980年にスパーリアルシリーズの一つとして、ラインアップされたもので、当時の定価は5万円。ネックはマホガニーワンピース、ボディはマホガニー単板で、ピックアップは新開発のシングルコイル「ホットリック」と呼ばれたものらしい。ぼくが買ったのは、ヘッド裏のシリアルから82年製だということも分かった。

 数時間かけて、このグレコのSGのクリーニングと調整する中で感じたのは「このギター、実にていねいに作られてるなあ」ということだった。
 25年前のギターだというのに、ネックの反りも最小限で、ネックのバインディングの浮きもなく、フレットにしかっりと食いついて、最初の精度を保っている。さらにネックのジョイント部の滑らかでスムーズな仕上げも素晴らしい。
 チェリーレッドの下から透けて見えるマホガニーの木目もよく詰まっていて美しく、使われた木材の質の高さが分かる。ボディの乾燥も程よく進んでいるのか、ギターの重量も3キロをわずかに切るという軽さだ。
 ボディ裏のパネルを外して、配線関係もチェックしてみたが、パートのおばさんではなく、配線専門の職人さんが熟練した手つきで、ていねいにハンダ付けしたことが感じられる仕上がりである。

 実は、この時期のグレコのギターは富士弦楽器株式会社(現在のフジゲン)で作られていて、マニアの間でも「80年前後のグレコは最高だった」という評判があるらしい。
 もちろん、保管状態も良かっただろうが、このギターは「まさにジャパン・ヴィンテージだなあ」と思った。

 肝心のトーンだが、これまた、もろにぼくの好み。
 日本ではあまり人気のなさそうなピックアップのP90だが、ストラトよりファット、普通のハムバッカーよりもトレブリーで軽やか。薄くて、軽量なSGのボディとのマッチングも良くて、唯一無二のトーンが弾きだせるような気がする。
 何より、肩からぶら下げた時の軽さ、薄っぺらなボディーと薄めのネックによる体への密着感がたまらない。その昔、忌野清志朗は「レスポールが重すぎたんだろ」と唄ったが、SGはその後継機とは思えないくらい軽やかに弾きこなせるギターなのだ。

 ちなみに、これと同じスタイルのギターがギブソンのカスタムショップから発売されているが、こちらは25万円以上。
 とてもじゃないが、手が届かないお値段である。


Gibson CUSTOM SHOP Historic Collection SG-Special

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

| エレキギター、再び | 23:11 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おぉ!カッコイイですね~!
着々と味わい深いギターが増えてますね!!

グレコのSGスペシャルなんですね。ホントカッコイイです。
しかもスーパーリアル・シリーズの時代のでしたら
なおさら作りも良いのでしょうね。
アタシもリアルタイムで80年のスーパーリアル・シリーズの
EGF-850というレスポールを使ってました。
当時は作りウンヌンてのはあまりよくワカリマセンでしたが
すごく良いレスポール・レプリカでしたね。

woodstockさんのご近所のハードオフには掘り出し物が多いですねぇ…羨。

ウチの近くのハードオフは品薄でしかも価格が異常に高いので
(BOSSのBD-2中古がなんと¥8.400!!馬鹿にしてますよね)
ホトンド購買意欲は湧かないのですが、先日ブラリと立ち寄りましたら
GUYATONのFLIP GA-200FJがありまして以外に安かったので
つい購入してしまいました。
スピーカー交換と真空管交換をして楽しんでみようと考えてます。笑。

| shoo-G | 2007/09/14 09:22 | URL | ≫ EDIT

初めまして
こっそりと日記を読ませていただいております。
実はワタクシ、最近80年代の日本製エレキ(89年製モリダイラ・ハリケーン)を入手いたしまして、その素晴らしさに驚愕していたところであります。
娘がBill Lawrenceのストラトを入手した事に端を発して、日本製エレキに俄然興味がわいてきて、自分でも買っちゃったという次第なんですけどね。
そうしましたら、今日の日記でこの話題。
思わず「そうそう!」と思い書き込んでしまいました。
おじゃましましたm(_ _)m

| ボイス母 | 2007/09/14 10:29 | URL | ≫ EDIT

shoo-Gさん、こんばんわ。
スーパーリアル期のグレコって、ホントにクオリティが高いですね。
価格的にはエントリーモデルのギターですが、クラフトマン・シップすら感じますよ。
国産コピーモデル全盛期のギターってのは、競争が激しかっただけに、今とは違う勢いもあるような。

このSGはスペックからすると、それほど生産本数は多くないと思われますが、確かにウチの周辺のHオフは掘り出し物が多いです。
推測するに、これまでいらないモノを気軽に売れるリサイクル・ショップがなかったせいかも。
でも、Hオフの出現で、家の押入れの片隅で眠っていたギターやアンプが持ち込まれるようになった。
おそらく、こんな感じだろうと思います。

そういえば8月に札幌のHオフを何軒か回りましたが、昔の国産のギターに、当時の定価とそれほど変わらない価格を付けている店が、何軒かありましたね。
Hオフは基本的に骨董的な価値はあまり評価しないはずなんですが・・・・。
ちなみに、ウチの近くのHオフは古くて汚れているものは、基本的に安いです。

| woodstock69 | 2007/09/14 18:04 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございました
ボイス母さん、はじめまして。
いやあ、80年代の国産エレキって、ホントに良く出来ていますよね。
エントリークラスのギターでも「今の中国製とは、比べ物にならないくらいのクオリティを誇っていたんだなあ」と感心しちゃいます。

モリダイラ・ハリケーンは実物を見たことがありませんが、同じくモーリス製のビル・ローレンスのテレキャスターは所有していて、こちらもなかなかの仕上がりです。
今は中古以外に入手不能ってのも、妙に物欲をそそりますよね。

それでは、これからもこっそりとはいわず、何か関心をひくエントリーがありましたら、コメントをいただけると、うれしいです。

| woodstock69 | 2007/09/14 18:15 | URL | ≫ EDIT

80年代のgrecoですか・・・
え・・・?80年代??

80年代のgrecoって僕の記憶が正しければ韓国製のはずです

80年代のレスポールを試奏させてもらった時に店員さんが80年代のgrecoのギターは韓国製って・・・いってたんですが。

| ゴリ夫 | 2012/06/24 20:33 | URL | ≫ EDIT

ゴリ夫さん、コメントをいただき、ありがとうございました。

なにぶん30年近く前の話なので、今となっては諸説ありますが、グレコでは85年あたりから韓国製のギターが混ざり始めたようです。
それもすべてが韓国製に切り替わったわけではなく、低価格モデルに韓国製、高価なモデルは日本製といった時期もあったような気がします。
楽器屋でレスポールを試奏され、店員さんから話を聞かれたのは、80年代の後半のことではなかったでしょうか。

ちなみに、韓国製のグレコの最大の特徴は、ヘッドの裏などにシリアルの刻印がないことのようです。

| woodstock69 | 2012/06/25 18:25 | URL | ≫ EDIT

’70後期~’80前期日本製最高☆
日本製エレキが1番よかった頃ですね。
下手な本家買うより当たり外れがなくさすが国産って感じです。

自分はとくにグレコが好きです。
80年代のグレコは同モデルでも韓国工場(シリアルなし)と日本工場(シリアルあり)の製品が存在するみたいです。

ちなみにアンプもこの頃の日本製はいい音しますよ。

ちなみに今手元に所有しているギターは
グレコ’82レスポールスペシャルTV
グレコ’81ストラトSE700
バーニー70年代後期レスポールカスタム
アリアプロⅡ’79レスポールカスタム

過去所有
グレコ’77レスポールカスタム
グレコ’79レスポールカスタム
グレコ’75テレキャス
フェルナンデス’79ストラトSE750
グレコ’88レスポールカスタム(シリアルなし)

その他色々弾いてみましたが75、6年頃から前の日本製はいまいちのような印象がありました。。もちろんいい楽器も存在するのでしょうが。。。まだ熟成されてないって感じがしましたが70年後期頃の楽器はどれを弾いてもハズレに感じた事はいまの所ないです!!一番熟成されていた時期に思います。

そしてどうでもいい話なんですがいいギターって鳴らす前にひざに乗せてネック持った瞬間わかりませんか?(笑)

| まさ1/2 | 2012/07/31 20:24 | URL | ≫ EDIT

まさ1/2さん、こんばんわ。
コメントをいただき、ありがとうございました。
また、レスまでに少々お時間をいただきまして、申し訳ありませんでした。

ぼくも同じく70年代後半から80年代前半の国産ギターが大好きです。
一番の理由はもちろんギター自体のクォリティーが高いこと。
でも、年齢的に「あの頃、欲しかったのに手が出なかった」というのもありますね。

現在、所有のグレコはSGスペシャルの他に、78年と82年のレスポール、89年のファイヤーバードの計4本。
どれもお気に入りです。

アンプも同様で、あの頃のアンプには独特の良さがありますね。
ちなみに、今のメインアンプはローランドのブルース・キューブです。

最後に買ってしまうギターは、恋に落ちるかのように見た瞬間に分かるかも。
試奏や各部分チェックはおまけのようなものですね。
いずれにせよ、良いギターは持った瞬間に分かるというご意見には、激しく同意です。

| woodstock69 | 2012/08/07 19:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/254-e0a8282c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。