PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャロル・キングの紙ジャケとDVD

キャロル・キング・ミュージック(紙ジャケット仕様)ミュージック(紙ジャケット仕様)
キャロル・キング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 いよいよ、11月に来日するキャロル・キング。
 彼女はどうしても見たかったアーチストの一人だが、今回の来日はジョイントコンサートである。おそらく1時間程度と予想される持ち時間。さらに東京、または大阪への交通費を考えると、残念ながら見送りするしかない。はたして次回があるのかと考えると、大きな「?」がつく人だけに、悩みぬいた末の苦渋の決断でもある。

 でも、未練がましくチケットピアのHPを見ていると、どの会場も安いチケットがソールドアウトの状態。高額の1万5千円の席には、まだ余裕がありといった感じだった。日本にも熱心なキャロル・キングファンはたくさんいらしゃると思うが「今回はジョイントだし、とりあえず遠くから彼女の姿を見ていようか」という感じなんだろうか。

 そんな悩ましい形で、久しぶりに日本にやって来るキャロル・キングの来日を記念して、2社から紙ジャケのCDが発売される。
 まず、オードレーベル時代の紙ジャケ。詳細はソニー・ミュージック内のキャロル・キング特設ページを参考にしてほしいが、初のソロアルバム「ライター」から「サラブレッド」、さらにザ・シティ名義の「夢語り」までが紙ジャケとなる。
 ただ、これらは既にすべてCDで持っているので、ぼくにとっては「記念にひとつぐらいは買おうかな」という程度のものだ。

 しかし、ビクターエンタテインメントがやってくれた。なんと「シンプル・シングス」「ウェルカム・ホーム」「タッチ・ザ・スカイ」の3タイトルが紙ジャケという形ではあるけれど、世界初CD化されるのだ。

 この3作をリリースした頃は、キャロル・キングにとって不遇の時代だったといえる。
 長年、公私共にキャロル・キングを支えてきたベースのチャールズ・ラーキーと離婚を機に、LAからコロラドに移住。さらに長らく所属したオードからキャピトルにレーベルも移籍もした。
 そして、三番目の夫なるリック・エヴァーズと組み、コロラドで活動するバンドのナヴァロをバックにリリースしたのが「シンプル・シングズ」だったのが、セールス的にも音楽的にも低迷する。さらに、次作の「ウェルカム・ホーム」のレコーディング直後には、夫のリック・エヴァーズがドラックによる事故で死亡するという不幸にも見舞われてしまう。

 これまで、この時代の曲は「タイム・ゴーン・バイ」というベスト盤にまとめられていたので、断片的に聴くことができたが、正直な感想を書くと、オード時代のきらめきや瑞々しさはないと思う。
 しかし、コロラドの片田舎に住み、すべてをスタートラインに戻して、一からやり直そうとするキャロル・キングのひたむきさは感じられる。この時代があったからこそ、現在も力強く唄い続ける彼女がいるような気もするのだ。
 いずれにせよ、来日を機会に3枚のアルバムが世界初CD化され、空白だったコロラド時代が完全な形で聴けるというのは、ぼくにとってはうれしい出来事だ。
 
 さら、既にCD化されている「リビングルーム・ツアー」のDVDも10月31日にリリースされる。CDが傑作だけに、こちらも大いに期待できそう。
 こりゃ、コンサートに行かなくても、チケット代くらいのお金は使っちゃうそうだ。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

| キャロル・キング | 11:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おぉー、すごい情報ですね!
「Time Gone By」って私も持ってるんですけど、ずっとこれ一体なんなのだ?って思ってました。低迷期のベストだったんですね。確かにほとんど聴いてないです…。

オードレーベル時代の紙ジャケっていうのは、確かに記念に欲しい! ビートルーズさんはどれ希望ですか? 私はジャケだけなら(タペストリーのレコードは飾ってあるんでパス)、「Music」かThe Cityの「夢語り」かな~。キャロルちゃんの横顔のやつもいいかも。内容的には「Fantasy」なんて大好きなんですけどね~。

ところで、私が予約抽選申込んでハズれたやつは確か高いチケットだったのに、余ってるですって~!?

| マルディちゃん | 2007/09/20 19:16 | URL | ≫ EDIT

これは
悩ましいです。
ソニー時代の紙ジャケも気になるけど初CD化も。
更にはリビング・ルーム・ツアーのDVD化ですか。
ボーナス出るまで待つしかないか。

| Purple_Haze | 2007/09/20 23:54 | URL | ≫ EDIT

高額席は◎
マルディちゃん、こんばんわ。
キャロルちゃんの人生も山あり谷ありみたいで、世界初CD化されるのは、どん底の時期のアルバムです。

で、その頃に最もヒットした曲が「ハード・ロック・カフェ」。
どっかの喫茶店の名前のような曲ですからね。
それも、ちょっとしたヒットで、曲自体のクオリティも大したことがない。
でも、ぼくとしては怖いもの聴きたさって、気分があるんですよね。

それと、チケットですが、ぼくがぴあのHPを確認した限りは高額席はどこも◎でしたよ。
うーん、なんなんだろうプレリザーブ。
前の方の特に良い席だけ抽選ってことなんですかね。

| woodstock69 | 2007/09/21 22:47 | URL | ≫ EDIT

チケット代わりに
Purple_Hazeさん、こんばんわ。
「チケット買わないなら、これを買ってね」といわんばかりに、キャロル関係の紙ジャケ、DVDが怒涛のリリースです。
なんとソニーからリリースされるベスト盤は、テレビでCMまでやってましたよ。

実に悩ましい事態ですが、ぼくはリビング・ルーム・ツアーのDVDを予約しちゃいました。

| woodstock69 | 2007/09/21 22:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/256-794622d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。