PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

小ネタをどうぞ

 今回は前回、前々回のエントリーのフォローを含めた小ネタをいくつか紹介。

●現在のパティ・ボイド
 
 このページで現在のパティ・ボイドの写真が見られる。

 今のパティは、昔の面影を残したキュートな初老の女性という感じかなあ。
 写真の下の「Read more...」の下のリンクには、ビデオインタビューもあるけれど、さすがにカメラが近寄ると、小じわが目立つような・・・・。

●CDで聴くアンプ・ブック

ギター・マガジン CDで聴くアンプ・ブック  ギターの音はアンプで決まる!(CD付き) (リットーミュージック・ムック Guitar Magazine Soun)ギター・マガジン CDで聴くアンプ・ブック ギターの音はアンプで決まる!(CD付き) (リットーミュージック・ムック Guitar Magazine Soun)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 前のエントリーで家で使えそうな小さなアンプに的をしぼったムック「The Small Amplefier Book」を紹介したけれど、引き続いて「CDで聴くアンプ・ブック」というムックが発行された。この本のウリは、各アンプの音がCDで実際に聴けるということだろう。

 CDに音源が収録されているアンプはフェンダー、マーシャル、メサブギーといった有名どころから、BAD CAT、MATCHLESSといった高級アンプまで、38種類と多種多彩。「スタジオと家とじゃアンプの鳴りが違うだろう」とも思うけれど、各メーカーのトーンの傾向やセッティングのコツを知る意味では、役立つ一冊かもしれない。

●この店で一番高いギターを弾かせてくれ!

 ニフティーが運営している「Human Music Community」の中で見つけた「この店で一番高いギターを弾かせてくれ!」が面白い。
 タイトルのとおりに、全国の楽器店を訪ねて、その店で一番高いギターを弾かせてもらうという企画。59年のレスポールだろうが、ビンテージのストラトだろうが、弾く曲は「スモーク・オン・ザ・ウォーター」ってのが良い。短いながらも動画があって「ふーん、あのギター、こんな音がするのかあ」というのも分かる。

 同じサイト内にある「わかば対談-はじめての、佐野元春。」も素晴らしい内容。
 高校1年生の女の子に対して、同じ目線から真摯に答える佐野さん、ステキです。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ

| BEATな話題 | 18:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「コノイチ」面白いですねぇ。
勢いで全部一気に見てしまいましたよ。
明大前ハナムラ楽器に行ってみたいなぁ(笑)

| Noizy | 2007/10/18 22:41 | URL | ≫ EDIT

今晩は♪
>CDで聴くアンプ・ブック
これは非常に興味をそそられる本ですね。
早速チェックしてみたいと思います。
ご紹介ありがとうございます!

| kingbee | 2007/10/18 22:59 | URL | ≫ EDIT

Noizyさん、おはようございます。
「この店で一番高いギターを弾かせてくれ!」は、久々に大ヒットなコンテンツかも。

中でも、ハナムラ楽器のオヤジ、最高ですね。
キワモノかと思わせといて、実に含蓄のあることを喋るあたりは、すごい。
エプロンの着こなしからして、そこいらの楽器屋の兄ちゃんとは違うもんなあ。

でも、あの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」は、わざとへたっぴに弾いてる気がしません?

| woodstock69 | 2007/10/19 09:25 | URL | ≫ EDIT

kingbeeさん、おはようございます。
この本、一気に38種類のアンプを聞き分けられるという点では、貴重な一冊かもしれません。

でも、スタジオにいけば、必ずさわれるジャズコーラスが入ってるのは「?」でした。
ひょっとしたら、基準点、リファレンス用のチョイスなのかもしれませんね。

ちなみに同じアンプをレスポールとストラトで弾き分けているそうで、このあたりもなかなか良心的。

| woodstock69 | 2007/10/19 09:31 | URL | ≫ EDIT

この店で一番高いギターを弾かせてくれ!
は笑えますね。

昔、ギターの試し弾きの2大定番が「天国への階段」と「スモーク・オン・ザ・ウォーター」でしたよね。

未だにそれを実践している人がいるとは・・・。

わざとじゃなくて本当にへたっぴなのでは。

| Purple_Haze | 2007/10/19 20:18 | URL | ≫ EDIT

わざとぎこちないような
Purple_Hazeさん、こんにちわ。
今でも試奏の定番って「天国への階段」らしいですよ。
もちろん、ぼくも弾けますが、さすがにあのフレーズを楽器屋で鳴らす勇気はないなあ。

ぼくは「スモーク・オン・ザ・ウォーター」という学園祭の定番ソングという印象があります。
でも、最近になってあのギターソロを、改めてコピーしてみると、なかなか味わい深かったですよ。

例のHPの「スモーク・オン・ザ・ウォーター」。
ぼくには、わざとぎこちなく弾いているようにも思えるのですが・・・・。
ホントはどっちなんですかねえ。

| woodstock69 | 2007/10/20 11:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/264-84cbee3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。