PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

テレキャスターのフロントPUを交換

テレキャス、フロントピックアップの交換

 新しいギターを買うと、手に馴染むまで、そればかりを弾きまくってしまう。でも、2週間くらいして「なーんとなく、このギターのことが分かってきたなあ」と思い始めると、テレキャスターに戻りたくなる。

 かれこれ50年以上も前に設計されたテレキャスターは、今のギターに比べると、その構造上の問題から決して弾きやすくはないし、コンター加工のされていないボディは無骨のひとことだ。さらに、弾き込むしたがって、ごまかしが効かないギターだということも分かってくる。
 だからこそ「何とか弾きこなせるようになりたい」と思うのかもしれない。しかし、そんなちっぽけな意地とは無関係に、弾きたくなる気持ちにさせる何かがテレキャスターというギターのシェイプにはある。ぼくにとって、テレキャスターは最終的に戻るべきギターのような気がするのだ。


 ぼくの持っているテレキャスターはフェンダージャパンのTL52-78USだが、これまで様々な改造を施してきた。
 細々としたパーツ交換を行ない、最終的にリアピックアップをセイモアダンカンの「STL-1 Vintage 54 Lead」に換えて、自分なりに満足のいくトーンに仕上がった思っていた。

 でも、リアピックアップをグレードアップさせると、デフォルト状態のフロントピックアップのトーンが気になってきた。
 そもそも、テレキャスターのフロントポジションは鼻づまり気味のトーンが特徴だが、現状ではモコモコとしすぎて、とても使う気にはなれないのだ。「TL52-78US」に最初から付いているピックアップはUSビンテージというもので、これもそれほど素質の悪いものではないはずだが、リアのダンカンと比較してしまうと力不足は明らかである。
 「テレキャスターはリアが命、フロントピックアップは飾り」と割り切れば、このままでもいいのだが、何だかもったない気もする。

 ひよっとしたら、本質的にテレキャスターのフロントの音は使えないトーンなのかもしれない。だから、ピックアップをハムバッカーやP90に載せかえるギタリストが多いとも考えられる。でも「TL52-78US」に関しては、オリジナルのスタイルをキープしておきたいので、別の種類のピックアップにはしたくない。
 しばらく考えた末に選んだのが、リアの「STL-1 Vintage 54 Lead」と出力的にもトーン的にも、最もマッチングが良さそうな「Vintage For Tele STR-1」だ。

セイモアダンカン/Vintage For Tele STR-1

 カタログによると「Vintage For Tele STR-1」は『このリズム(ネック)ポジション用ピックアップは、ヴィンテージテレキャスターの持つ、ウォームな中低域と空気感のある高域を備えており、そのトーンはスムーズかつオープンです』とのこと。
 「ひよっとして、ウォームな中低域ってのはモコモコした音のことで、空気感のある高域ってのはハイトーンがスカスカってことじゃないの?」という疑問を感じながらも、オーダーしたピックアップが2日前に届いた。

 近ごろは、ハンダ付けにも慣れてきて、この手の作業はお手のもの。
 唯一の注意点であるホットとコールドの色の違い(ダンカンのテレ用PUは、白がホット、黒がコールド。オリジナルの配線とは逆である)だけに気を付けて、作業は10分ほどで完了した。

 早速、弾いてみると鼻づまりが解消して、鼻声程度のトーンになった。風邪が治って、すっきりといった感じの音である。もちろん、リアのようなパキパキ感はないけれど、フロントらしい甘めのトーンはソロにもカッティングにも充分に使える。
 やっぱり、ピックアップの交換はギターのトーンの改良の最終手段である。


 最後にぼくの個人的な意見を書いておくと、テレキャスターが本来持っているトーンを残した改造を考えているのなら、高出力のピックアップに載せ換えることは避けたほうが良いと思う。

Seymour Duncan STL-2


Seymour Duncan STR-3/Quarter-Pound

 セイモアダンカンでいうと、上のSTL-2やSTR-3が、出力がちょっと高めのピックアップになる。
 でも、これらを載せると、ピックアップの個性が前面に出すぎて、ギターが本来持っている鳴りというのが、よく分からなくなってしまう気がする。極端にいえば、どんなギターに載せても、同じような音がしてしまうのだ。
 もちろん、上手にセッティングできれば、独特のトーンを持つテレキャスターになるだろうし、ビンテージトーンなんて必要がなければ、積極的に載せ換える手もありだ。

 このあたりは、答えのない問題になってしまって、実に難しいところだが、個人的にはテレキャスターのピックアップをセイモアダンカンのモノに換えるのなら、フロントにSTR-1、リアにSTL-1、またはSTL-1bが無難な選択だと思う。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

| エレキギター、再び | 11:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

テレのフロントは、ミックスも含めてけっこう使ってます。
あの独特のトーンがハマるときがあるんですよね。

高出力に載せ換えてしまうより、敢えてあの音を楽しみたいですね。

| hiromer | 2007/10/22 22:42 | URL | ≫ EDIT

hiromerさん、こんばんわ。

ぼくはハーフトーンを含めて、フロントピックアップをほとんど使ってませんでした。
とにかく、テレキャスのリアの「ジャキン」としたトーンが好きだというのもありましたが、鼻づまり気味のフロントをどういう場面で使えばいいのか、よく分からなかったんですよ。

でも、最終手段としてピックアップを換えて、かなり抜けが良くなりました。
これからは、フロントも積極的に使うつもりです。

ちなみにビル・ローレンスのテレキャスは、フロントにディマジオのPAFを載せましたが、これも使い方が難しい。
テレキャスのフロントピックアップって、意外に難題のような気がします。

| woodstock69 | 2007/10/24 20:57 | URL | ≫ EDIT

テレキャスのフロント迷いますよね。もっともテキサススペシャルやダンカンのSTR-3とかであれば気にならないかもしれませんが、、、

よろしければ私のブログでもフロントピックアップについて
いろいろ書いていますのでぜひお越しくださいませ。

telemeister

| telemeister | 2007/12/15 16:10 | URL | ≫ EDIT

telemeisterさん、はじめまして。
コメント、どうもありがとうございました。

ぼくもテレキャスターのフロント、どう使えばいいかの悩みました。
答えはPUの交換だったのですが、ノーマルよりは使える音になったと思います。
高出力のPUに載せ換えちゃうのも良いんですが、あえてあのモコモコ感を使いこなしたい。
近ごろはそんな風に考えるようになってきました。

HP、拝見させていただきましたが、色々なトライをされていますね。
今後の参考にさせていただきます。

| woodstock69 | 2007/12/17 01:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/265-18b99554

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。