PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギター用の工具は100円ショップで

 エレキギターの簡単な調整、日常のメンテナンス程度ならドライバー、ペンチ、六角レンチくらいがあればできるけれど、もう少し踏み込んだ調整や改造を行おうとすると、その他にも工具が必要になる。
 ぼくもエレキギターをいじくりまわすようになってから、色々な工具を買い揃えた。それらの主な購入先は、家の近くにある100円ショップ。具体的な名前を出すと「ダイソー」だ。

 ひと昔前の100円ショップのモノは「安いけれど、あまり良くない」というイメージもあった。でも、最近の100円ショップの商品のクオリティは、かなり高い。少なくとも、ぼくが買った工具類に関しては、充分に使えるし、耐久性もありそうだ。

100円ショップでそろえた道具たち

 写真の工具はすべて100円ショップで買ったものだが、左から順番に紹介してみよう。
 まず、ノギス。プラスティック製で目盛りは1ミリ単位だが、ギターの調整用には充分な精度だ。次は六角レンチのセットで、これくらいの種類があれば、ギターに使われているネジには充分対応できる。
 その下のオレンジ色のはミニ万力だ。ハンダゴテで作業をしていると「小さな部品を押さえておく手が、もう1本欲しいなあ」と思う場面がよくある。そんな時、これにジャックやポットなどを固定しておくと、ハンダ付けもスイスイと進む。本体は吸盤でテープルなどに固定できるようになって、意外に強力にくっつく。

 その左隣はドライバーが2本。柄がオレンジのは大き目のマイナスドライバーで、フェンダー系のギターのトラストロッドを調整するときに使う。オールドタイプのストラトやテレキャスはネックエンドにトラストロッドの調整用のネジが付いていて、十字の溝が切られているが、回す時には大き目のマイナスドライバーを使うのが正解だ。
 ドライバーの上にあるのはミニリーマー。ボットやジャックのハンダカスなどを取り除く時に使う。柄の両端に丸リーマーと角リーマーが付いていて、これもなかなか便利。

 その下はケースに入ったミニボックスレンチ。ギターに付いているナットなら、これ一つで対応できる。続いて、ミニクランプと先が曲がったラジオペンチ。ミニクランプは万力のように部品の固定用にも使うけれど、挟む分がキズが付きにくいプラスティックなので、接着する時の固定用に使うなど、意外に用途が多い。
 そして、一番右にあるのはハンダ吸い取り器。これだけは200円だったが、ホームセンターで買うと千円近くする工具なので、充分に安い。余計なハンダを取り除く時にあれば、便利な工具だ。

 その他に写真に入れるのを忘れてしまったけれど、ネジや釘を入れておくマグネット付きの小皿は使う頻度が高い。ギターから取り外したネジはなくさないように、必ずひとまとめにしておくのが鉄則。もちろん、いらなくなった小さなケースや空き箱でも良いのだが、誤って手ではじいたり、机から落としたりした時には面倒なことになる。その点、マグネット付きの小皿なら、もし落としてもネジが飛び散ることはない。

 既に持っているので買いはしなったが、家の近くの「ダイソー」には、コテ先が細くて曲がっている使いやすそうな400円のハンダゴテ、200円のハンダゴテを置いておく台がなどがあった。
 ホームセンターなどに行かなくても、100円ショップでギターの調整や改造に使う道具がほとんど揃ってしまうとは、すごい時代になったものだと思う。

 ただ、100円ショップにも落とし穴がある。店に入るとアイテム数に圧倒されて「あ、これも100円。おお、こんなものまで100円かあ!」と、ついついいらないモノまで買ってしまうことだ。
 まあ、このあたりが100円ショップ側の狙い目なのかもしれないなあ。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

| エレキギター、再び | 21:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/273-7864658d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。