PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年、最後に届いたのは

 明日の大晦日は恒例の格闘技イベント(やっぱ、桜庭VS船木が楽しみ)があるので、昼は大掃除の続き、夜はテレビの前で過ごすだろうから、今年はこれが最後のエントリーになりそうだ。 
 来年も同じように、ロックやエレキギターに関するヨタ話をポツポツと書き続けていくつもりだけど、とりあえず今年の締めくくりとして、暮れも押し迫ってからようやく届いたDVD(かなり前に予約をしたにも関わらず、発売日を少し過ぎてからでないと発送できない最近のアマゾンは、ちょっと問題ありだと思うぞ!)を紹介します。

ベスト・ヒッツ・ライヴ~ウェルカム・トゥ・マイ・リヴィング・ルームベスト・ヒッツ・ライヴ~ウェルカム・トゥ・マイ・リヴィング・ルーム
キャロル・キング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今年の11月にジョイントコンサートという形ではあったけれど、久しぶりに来日したキャロル・キング。
 残念ながら、ぼくは会場には行けなかったが、ネット上のブログなどからは、生のキャロル・キングにふれることのできた喜びがひしひしと伝わってきた。そんなキャロル・キングの最新のライブ映像が納められているのが、このDVDだ。

 キャロル・キングの唄とピアノがメインを務め、曲によってはルディ・ゲスとゲーリー・バーのギターやベースが加わるアンプラグドなリヴィング・ルーム・ツアーの様子は、既に下のライブアルバムで発表済み。余計な虚飾を取り払ったシンプルなサウンドからは、キャロル・キングがとても身近に感じられるので、買ってから数年経った今でも聴き続けているCDだった。

The Living Room TourThe Living Room Tour
Carole King


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今月リリースされたDVDにはCDとは異なる翌年のステージの映像と音が収録されている。基本的に曲の構成などは変わらないが、CDとは別の音源なのがうれしいところだ。ぼくが「ちょっと、違うかも」と思ったのは、ステージの数を重ねた分だけ、2名のメンバーのコンビネーションも深まり、キャロル・キングから余裕を感じられるところだろうか。

 リビング・ルーム・ツアーは、その名前の通りにステージ上が、アメリカに行けばどこにでもありそうなリビング・ルームという設定になっている。ステージにはソファーや観葉植物が置かれ、ピアノの上にはランプシェードがある。ライト等の演出を含めて、派手さのないシンプルなステージだが、最小のメンバーによるアンプラグドなライブにはぴったりだと思う。
 収録されている曲にはCDで既に聴いていたものも多いけれど、DVDになって映像が伴うと「なるほど、こんなステージだから、あのリラックスしたムードが生まれたのね」と実感できた。さらに、キャロル・キングのMCも多めに収録されているので、ジョークや観客とのやりとりを含めて、ホントに彼女がリビング・ルームにやって来て唄っていると錯覚しそうなムードの中で、ステージが進んで行く様子がよく分かる。

 ジョイント・コンサートであることを理由に、生のキャロル・キングを見なかったのは今年の音楽に関する数少ない後悔のひとつだ。でも、今年最後に届いたDVDは、決して飾らず、自然体でステージに立てる60歳を過ぎたステキなキャロル・キングが、CDよりもさらに身近に感じられる名作だった。
 このDVDを見ると「やっぱり、このステージをそのままの形で見たかったなあ」と思うけれど、それは高望みってやつだな、きっと。


 最後になりましたが、今年も「BEATな日々」をご愛顧いただきまして、ありがとうございました。
 それでは、楽しいお正月と良いお年を!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| キャロル・キング | 18:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本年度も素晴らしくて、楽しい情報をいろいろとありがとうございました。
年度末に初めて書き込みさせていただきますが、
今年は一日も欠かさず毎日こちらのサイトを拝見しておりました。
来年も様々な音楽情報楽しみにしております。
今年一年お疲れ様でした。

| JJ | 2007/12/31 10:08 | URL | ≫ EDIT

JJさん、はじめまして。
今年の最後に初めてのコメント、どうもありがとうございました。
ポツポツとしか更新できないブログですが、これからもご訪問いただけると、うれしいです。

今は過去の名盤紹介とエレキギターに関する話が中心ですが、来年からは音楽の最新情報的なエントリーにも力を入れていきたいと考えています。

それでは、来年も「BEATな日々」をよろしくお願いいたします。
良いお年を!

| woodstock69 | 2007/12/31 11:27 | URL | ≫ EDIT

woodstock69さん
には特に楽器に関していろいろな事を教えてもらいました。
また、アルバムやDVDのレヴューも鋭い感性で語れているのをいつも楽しく拝見していました。
全ての記事にコメントは出来ませんが必ず目を通させてもらっていました。

キャロル・キングのDVD、僕はHMVでstuffと一緒に早くから予約していたせいか、発売日前日に
2枚揃って届きました。
思えばキャロルの来日情報を知ったのもwoodstock69さんのブログからでした。

来年もぜひよろしくお願いします。
良いお年をお迎え下さい。

| Purple_Haze | 2007/12/31 22:08 | URL | ≫ EDIT

幅広く深い見識に、「この人にはかなわん」的な位置づけでいつも楽しませていただいております。

また本年もよろしくお願いいたします。

| Kin | 2008/01/01 01:01 | URL | ≫ EDIT

Purple_Hazeさん、あけましておめでとうございます。

昨年はたくさんのエントリーにコメントをお寄せくださって、ありがとうございました。
ぼくも毎回コメントこそできませんが、Purple_Hazeさんのブログを毎日見させていただいてます。
特にレアの動画紹介が楽しみで、昨年一番驚いたのはドミノス時代の動くクラプトンでした。
あんなのが残っていたんですね。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

| woodstock69 | 2008/01/02 12:05 | URL | ≫ EDIT

Kinさん、あけましておめでとうございます。

昨年は、ぼくもKinさんのブログから様々な情報を教えていただきました。
特にZEPに関しては、素早い更新をされていたので、ブログを通じて、色んなことを知りました。
今年は「ワールドツアー決定!」のニュースを聞きたいですよね。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

| woodstock69 | 2008/01/02 12:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/289-761668ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。