PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビートルズをCMソングに

 Kinさんのブログ「guitars.grrr」で、ビートルズの曲のCM使用が解禁になったというエントリーを読んだ。

 詳細については、こちらのページにも詳しく書いてあるけれど、ビートルズがレコーディングした259曲の権利を所有する「Sony/ATV」という会社は「曲の使われ方に対して、生存するメンバーや遺族から承諾を得る義務はない」とコメントしているそうだ。
 つまり、これまではCMや映画の中では一切使用が許可されず(他のアーチストがレコーディングし直したものに関しては可。オリジナルの使用も例外的にはあったようだが)メンバーによって完全にプロテクトされてきたビートルズの曲が、この先は無制限にテレビから流れてくるということになる。

 ビートルズの初CMソングはおむつのコマーシャルに使われるようだが、記事の中では曲名については言及されていない。いったい、どの曲が選べるんだろう?
 パッと思い浮かんだのは「Cry Baby Cry」。でも、これじゃあ、赤ちゃんが泣き止まなさそうなので「お漏らしを気にさせずに、ゆっくりとおやすみ」ってことで「Good Night」かな。それとも、ご陽気なところで「Ob-La-Di, Ob-La-Da」か。柔らかな感じの「I Will」も似合うかもしれない。

 ぼくがイメージした曲は、なぜか「ホワイト・アルバム」の中の曲ばかりだったが、ビートルズとおむつCMって、やっぱり似合わないよなあ。

The Beatles (The White Album)The Beatles (The White Album)
The Beatles


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ビートルズのオリジナルバージョンの曲がCMに解禁されるようになったのは、イギリスの著作権と関係がありそうな気がする。おむつのCMのことが掲載されていた「BARKS」には、こんな記事もあった。

英国著作権の保護期間、95年間への延長はなし

 これによると、イギリスではレコーディング作品の著作権が50年で切れ、公共の共有物になるらしい。ビートルズの場合は、デビューから50年後の2012年から曲の著作権が期限切れが始まり、自由にビートルズの曲が使えることになる。
 つまり、ビートルズの曲をアップル以外の会社が勝手に編集したCDですら、合法的にリリースできる(但し、作詞作曲の著作権は作者の死後70年間保護されているので、使用料は発生する)ようになってしまうらしいのだ。
 自分が生きているうちに、レコーディングした曲が著作権切れになりそうなポール・マッカートニーやリンゴ・スターは「たまらん気分だろうなあ」と容易に想像できるが、どうやらこれは既定の事実のようだ。

 ぼくは今回のCMソングの解禁からは「著作権が切れる前にひと儲け」という感じを受けるのだが、もうすぐビートルズがデビュー50周年を迎えるという事実にも驚いた。でも、そんな記念すべき50周年を境にして、著作権が順番に切れていくのは、なんとも皮肉な話だ。


 ついでに、ビートルズの楽器に関する話も。
 最近はビートルズが使っていた楽器のリイシューも盛んだ。

 まずは、フェンダーのカスタムショップからリリースされたばかりの、オールローズのテレキャスター。


Fender USA LTD ROSEWOOD TELECASTER

 オールローズのテレキャスターは、フェンダーがジョージ・ハリソンのために製作したギターである。映画「レット・イット・ビー」で見られるビートルズの最後のライプ、通称ルーフ・トップ・コンサートでも使われていたので、記憶に残る1本だ。
 オリジナルは60年代の終わりにわずかな本数が作られただけなので、ビンテージギターの市場では高額で取引されているらしい。

 ローズウッドは比重の重い木なので、このギターはソリッドではなく、セミフォロー構造になっている。中をくりぬいたローズウッドの間に薄いメイプルを挟んで貼り合わせてあるのだ。それでも、重量は5キロ近いというから、かなり重いギターといえるだろう。
 いかにも良い音がしそうな雰囲気のオールローズのテレキャスターには強く惹かれるけれど、価格は60万以上。どうあがいても、手が出ないなあ。

 ちなみにオールローズのテレキャスターはフェンダー・ジャパンから発売されていて、こちらは10万円弱だ。
 雰囲気はよく出ているが、ボディのコア材がバスウッド、ネックもメイプルにローズウッドを貼ったものになっているなど、オリジナルとは仕様がかなり異なるのが残念。

 次はジョン・レノンのレスポール・ジュニア。


Gibson CUSTOM SHOP The INSPIRED BY Series JOHN LENNON LES PAUL

 このギターは、1972年にマジソン・スクエア・ガーデンで開催されたチャリティー・コンサートで使われたことで、有名になったギターだ。
 このLPジュニアは、様々なところに手が加えられているが、さすがカスタム・ショップ製、写真を見る限り、再現度はかなり高そうだ。

 昔はマジソン・スクエア・ガーデンのコンサートの様子を収録したビデオが発売されていたと思うが、どうやら未だにDVD化はされていないようで、アマゾンで見つかったのはCDのみ。ジョンの調子自体はいまひとつだが、ソロ時代の数少ないフルサイズのライブは貴重である。
 
Live in New York CityLive in New York City
John Lennon


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 最後はポール・マッカートニーのヴァイオリン・ベース。


Hofner 500/1 VINTAGE '62 ELECTRIC BASS GUITAR

 これもポールが使っていた62年製のヴァイオリン・ベースを詳細にリイシューしたものらしい。昔はグレコのコピーモデルを使っていた人をよく見かけたが、最近はホンモノのヘフナーが簡単に手に入るようだ(これも、ちょいと高いけど)。
 ちなみに中国製の廉価版のヴァイオリン・ベースもあって、これなら10万弱で買えます。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| ビートルズとその周辺 | 21:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど著作権に関してそういう背景があったのですね。2012年なんてもうあっという間ですよね。

で、私は全然考えが及ばなかったのですが、確かにどの曲が”おむつ”なのかが気になりますね。私には全く想像も及びません。

| Kin | 2008/01/12 00:27 | URL | ≫ EDIT

Kinさん、こんばんわ。
ビートルズに関しては、イギリスでレコーディング作品が著作権切れを迎えることによって、色々な動きがありそうですね。
それにしても、ビートルズのデビューから半世紀になるとはね。
デビューの年に生まれたぼくも、2012年には50歳かあ。

ビートルズのどの曲が「おむつ」になるんでしょう。
ただ、現在おむつが必要な人たちは、ビートルズ世代ではないわけで、ちょっと違うんじゃないという気もしますね。

| woodstock69 | 2008/01/13 22:06 | URL | ≫ EDIT

はじめまして、なたかと申します。
60~70年代のロックについて語っているブログを探しており、woodstock様のブログを閲覧させて頂きました。

自分はデビット・ボウイ、クィーンなどを高校時代に聞き、70年代のロックの魅力にはまりました。ビートルズでは「ペーパーブラックライター」「ノー・リプライ」「アイ・セイ・ハロー」等が好きです。

今回書かれた著作権の話ですが、当人たちの真情を察するとやはり複雑ですね・・。50~60年代の映画のほとんどは著作権が切れていて、「ローマの休日」やチャップリンの「黄金狂時代」が500円で売られているのが悲しいです。

非常に分かりやすく的確に伝えられていて、ブログをやっている自分も勉強になりました。また閲覧させて頂きたいと思います。

| なたか | 2008/01/13 23:41 | URL | ≫ EDIT

なたかさん、はじめまして。
コメント、どうもありがとうございました。

著作権ですが、ビートルズに限らず、どこまで保護されるべきものなのかは、とても難しい問題ですよね。
コピーや再配布が簡単なデジタルやネットの時代になったことも、この問題をさらに複雑にしていると思います。

でも、なたかさんがおっしゃっているように、著作権が切れた過去の名画が、本屋やコンビニなどで500円で売られているのは、ちょっと悲しい光景ですよね。
消費者にとっては歓迎すべきことなのかもしれませんが、そこにリスペクトの気持ちがないと、どんな名作でも単なる安い商品になってしまう気もします。

いずれにせよ、ビートルズの曲が同じような扱いを受ける日もそう遠くはないわけで、彼らのレコードを聴いて育ったぼくはちょっと複雑な気分です。

それでは、これからもよろしくお願いいたします。

| woodstock69 | 2008/01/14 20:32 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。
こちらは、「UK-Japan2008」公式WEBサイトの運営を行う
UK-JAPAN2008WEBサイト運営事務局です。

英国大使館およびブリティッシュ・カウンシルでは2008年に
「芸術・科学・クリエイティブ。新しいUKを体感できる一年、UK-Japan2008」を
開催いたします。
http://www.ukjapan2008.jp/
現在このUK-Japan2008公式WEBサイトに、
サポーターとしてご参加いただける公認ブロガーをスカウトしております。

このたび、woodstockさんのブログを拝見させていただき、
特に音楽関係のコンテンツがとても充実していると感じました。
よろしければ、「UK-Japan2008」にサポーターとして
参加いただけませんでしょうか。
ご興味を持っていただけましたら、以下までご連絡ください。
詳細をご説明させていただきます。

UK-JAPAN2008WEBサイト運営事務局
blog@ukjapan2008.jp
※UK-Japan 2008WEBサイト運営事務局は、株式会社読売広告社および株式会社
ライトアップで構成されています。英国大使館とブリティッシュカウンシルで
構成される「UK-Japan 2008」実行委員会より委託され、 BLOGサイトの運営を
行っております。

#突然コメントに書込みを致しました失礼をお許しください。
 こちらのブログにふさわしくないようでしたら、お手数ですが
 削除をお願い致します。

| UK-JAPAN2008WEBサイト運営事務局 | 2008/01/17 16:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/292-9c15276a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。