PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

フェンダー・ジャパン、再び値上げ

 フェンダー・ジャパンのギターが3月21日の出荷分から値上げになる。

 既にフェンダー・ジャパンの発売元である神田商会のHPには「製品価格改正のお知らせ」が掲載されているが、今回の値上げの理由は「木材・塗料・金属パーツ他各種原材料の度重なる価格高騰」のようだ。
 フェンダー・ジャパンは2006年9月にも価格改定をしているので、わずか1年半で再び値上げに踏み切ったことになる。

 ホームページには新しい価格表(PDF)もアップされていたが、これまでフェンダー・ジャパンの型番の決まりであった「ギターの種類と年式・価格・ピックアップの種類」という表示も変更になるようだ。
 例えば、ぼくの愛用しているテレキャスター「TL52-78US」は、単なる「TL52US」という型番に変わり、値段も78.000円から88.000円に。なんと、1万円もの値上げになるようだ。


FenderJapan TL52-78US

 その「TL52-78US」も、わずか1年半前には「TL52-70US」という型番だったわけで、前回の価格改定と併せて考えれば、実に25パーセント以上も値上がりしたことになる。メーカー側としても、むやみに値上げに踏み切っているわけではないだろうから、これは異常な事態といえるかもしれない。

 この傾向はフェンダー・ジャパンに限ったことではなく、昨年あたりから多くのギターメーカーが次々と値上げに踏み切っている。原油の高騰に伴う様々なパーツの値上がり、森林資源の枯渇を原因とする木材の値上がりは、ギターの世界にも大きな影響を与え始めたようだ。

 ぼくは以前に「エレキギターから知る、森林の危機」というエントリーを書いたけれど、ホントにギターを取り巻く状況はハードになるばかりだ。
 素人のギタリストでも、ギターを通じて環境問題を考えずにはいられない。そんな時代が来たような気がする。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材ランキングへ

| エレキギター、再び | 19:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

壱万円の値上げですか・・。これから色々と機材を備えようという時なので辛いですが、仕方ないですね(悲)

昔ジミヘンなどがギターを燃やしたり、ピート・タウゼントがギターを壊したりしてましたが、これからはこんな事をやったら環境保護団体からクレームがきそうですね。

原油の高騰・温暖化についても色んな説が出てますが、地球の環境について今は変換期に来ていることはひしひしと感じます。とはいう自分も仕事でパソコンなどで電気を使いまくってるんですが(苦)、自分に何ができるかは常に考えていかないといけない状況である気はします。

| なたか | 2008/01/27 01:22 | URL | ≫ EDIT

なたかさん、こんにちわ。
フェンダー・ジャパンに限らず、昨年あたりからギター関連の値上がりは地味に続いています。
パーツの高騰だけではなくて、森林資源の枯渇も深刻なようで、木材も良質なものが希少になって、なおかつ高いといった状況のようです。
アコギで有名なマーティンは、森林資源を保護しながら、ギターを生産していく方向を真剣に模索しているようですね。

なたかさんがおっしゃるように、今はステージで派手にギターをぶっ壊すのがかっこいい時代ではないでしょうね。
数十年後に「ギターって、木で作られてたの」と言われないよう、できるところから始めるしかないと感じています。

| woodstock69 | 2008/01/29 09:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/297-8580969a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。