PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

シンプルさが魅力、MXRのPhase90

 ちょっと前のブルースドライバーのエントリーで書いたように、ぼくは中古でエフェクターを揃えているから、どうしても流通量の多いBOSSの数が多くなる。
 だから、エフェクトボードの中身はほとんどがBOSSだが、そんな中で一度もライナップから外さずに、使い続けているエフェクターがある。MXRのフェイザー「Phase90」だ。

MXR Phase90

 MXRはコンパクトエフェクターの元祖のようなメーカーで、特に1970年代にはダイナコンプやフェイズ90などが、多くの有名ギタリストの足元に並んでいた。
 現在、販売されているMXRのエフェクターはジム・ダンロップによる復刻版だが、コンパクトなケースと少ないつまみ類というシンプルなインターフェイスは、昔と同じだ。

 フェイズ90に付いているのも、うねりのスピードを変化させるつまみがひとつだけだ。でも、これだけで何の不満もないし、スイッチを踏めば、心地の良いうねりをギターのトーンに付け加えてくれる。
 シンプル・イズ・ベスト。つまみが多くて、調整の幅が広いエフェクターばかりが良いというわけではないことを実感させてくれるのが、MXRのフェイズ90だと思う。

 フェイズ90の唯一の欠点は、踏み込むと音量が少し大きくなることだ。でも、ギターソロの時なら問題のないレベルだと思うし、カッティングにかける場合もギター側のボリュームを下げればいいだけの話だ。
 現在の至れり尽くせりのエフェクターに比べれば、何とも不便な一箱かもしれないが、シンプルなフェイズ90には、抵抗し難い魅力がある。だから、フェイザーに関しては「フェイズ90を使い続けるだろうなあ」という確信さえ持っている。

 ぼくはリサイクルショップで、MXRのフェイズ90の中古を5.000円で手に入れたが、よくお邪魔しているt_monkさんのブログ「Blog For Musician」には、こんなエントリーが。

 掲載されている写真は、おそらく1980年前後の雑誌の広告だと思うが、なんとフェイズ90の定価が43.000円!
 物価の上昇を考えると、今なら10万円くらいの値段に相当するような額なわけで、ぼくがギターを弾き始めた頃はフェンダーやギブソンのギターに限らず、輸入モノのエフェクターも高嶺の花、ショーケースの中に飾ってあるのを眺めるだけだったのが、よーく分かる。

 そういえば、今のフェイズ90のつまみには、取り外しできるゴム製のカバーが付けられている。なんと、これって足のつま先などで、つまみを操作するためのカバーらしい。
 試しにやってみると、確かにつま先でつまみを回せなくもない。ギターから手を離さなくてもいいという利点はあるけど、足を使うくらいなら、手で動かした方が早いし、操作も正確のような気がする。
 「アメリカの人たちの考えることって、何とも大雑把で大胆だなあ」と思ってしまうけれど、だからこそフェイズ90のようにシンプルで使えるエフェクターが産み出せるのかもしれないなあ。


MXR PHASE90

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材ランキングへ

| エレキギター、再び | 18:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

実際、
足でつまみをまわしますよ★
ライブのときとか。

エル・マロのアイゴンさんも
ギターマガジンの企画で
足でぐいぐい回しておられましたので、

正確さはないかもしれないけど、
感覚に結構直結してる気がします!!

| つばさ | 2008/02/05 22:44 | URL | ≫ EDIT

ヒ~!た、高い。
隣にちょっと見えてるダイナコンプも33,000円ですか。
今のPhase90のお手頃さと比べると隔世の感がありますね。

| Kin | 2008/02/05 23:04 | URL | ≫ EDIT

私も使ってます。
使いどころは限られますが、ハマるとすごい気持ちいい
サウンドですよね。
このペダルを踏むと、ストーンズのBeast Of Burdenが
弾きたくなってしまいます。

| hiromer | 2008/02/06 22:27 | URL | ≫ EDIT

やってみると
つばささん、こんばんわ。

フェイズ90のつまみ足回し。
エントリーでは正確さがないなどと書きましたが、実際にやってみると、面白い音が出てきますね。
グリグリすると、かなりエグイ音も出るので、飛び道具的なトーンとしても使えそうです。

つまみが1個なので、音量が上下する心配もないわけで、積極的に足で回しちゃうべきエフェクターなのかもしれませんね。

| woodstock69 | 2008/02/06 22:38 | URL | ≫ EDIT

Kinさん、こんばんわ。

ぼくも記憶が曖昧になっていましたが、昔は舶来モノのエフェクターって、めちゃくちゃ高かったんですね。
当時は国産のマクソンあたりしか買えませんでしたが、値段を考えると無理もない話ですね。

高校生の頃にながめるだけだったものが、手頃な値段で簡単に手に入る。
楽器に関しては良い時代になりましたね。

| woodstock69 | 2008/02/06 22:49 | URL | ≫ EDIT

hiromerさん、こんばんわ。

ぼくもフェイザーといえば「Beast Of Burden」です。
あれこそが、揺れモノを使ったトーンの理想のひとつかもしれませんね。

詳しくは、明日にでも書くつもりなんですが、実はフェイズ90にR28モデファイという改造を施しました。
意外に簡単な改造なんですが、これをするとスクリプトロゴの旧モデルに近づくらしいんです。
実際にやってみると、少し耳障りだった音のザラつきがなくなって「Beast Of Burden」のトーンに近いような感じがします。

| woodstock69 | 2008/02/06 22:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/299-055094b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。