PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ストーンズの新作は映画のサントラ盤

 スティール・ホイールズ・ツアー以降のローリングストーンズは、ニューアルバムのリリース→長期のワールド・ツアー→ライブDVD(ビデオ)のリリース→とどめにライブアルバムというパターンが定着している。

 今回も、まず新しいアルバム「A Bigger Bang」をリリース。

A Bigger BangA Bigger Bang
The Rolling Stones


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 そして、2005年8月から2007年8月まで2年間のワールドツアーを敢行、色んな意味でファン泣かせの4枚組みのDVDもリリースした。

ザ・ビッゲスト・バン(初回生産限定版)ザ・ビッゲスト・バン(初回生産限定版)
THE ROLLING STONES


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「よーく考えりゃ、ストーンズの商売って1枚のニューアルバムで、3、4回おいしいよなあ。まあ、喜んでのせられているファンがいるからなんだろうけど。おっと、次はライブアルバムの番だな、早く出ないからなあ」と思っていると、3月26日に映画「Shine A Light」のサウンドトラック盤がリリースされるとニュースが入ってきた。

M.スコセッシ監督、ローリング・ストーンズを追った映画のサントラが登場

 いつもは何の躊躇もなくアマゾンで輸入盤を買っちゃうのだが、今回はSHM-CD仕様の限定盤を予約しようかと思っている。

シャイン・ア・ライト(初回生産限定)シャイン・ア・ライト(初回生産限定)
ローリング・ストーンズ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この限定盤、どこが違うのかというと、音が格段に良いと評判のSHM-CDを採用しているところで、これは日本だけの企画になるようだ。

 ちなみに、SHM-CDとはスーパー・ハイ・マテリアル・CDの略で、ユニバーサルミュージックと日本ビクターが共同開発した新素材を使った高音質がウリのCDだ。
 このCD、素材を透明度の高いポリカーボネイトに変えただけなので、SACDやDVDオーディオのように専用のプレイヤーは必要がない。なのに、いつも使っているCDプレイヤーにセットして、音が出た瞬間に「良い音だ!」と分かるほど劇的な変化があるCDらしいのだ。

 既にユニバーサルミュージックからは、いくつかのタイトルのSHM-CDがリリースされているが、ぼくはまだ聴いたことがない。だから「シャイン・ア・ライト」の限定盤で、SHM-CDがいかほどのものかを体感したいと思っている。

 SHM-CDの詳細については下記のページなどを参考に。

ユニバーサルミュージックのSHM-CDページ

野村ケンジの「カー&AV道楽」誰が聴いても音のよさがわかるCD


 肝心の映画のほうは4月に全米で、日本では今年の冬に公開予定ということだ。
 2月7日に開幕したベルリン映画祭では「シャイン・ア・ライト」が、オープニング作品として上映され、記者会見にはストーンズの4人とスコセッシ監督が登場。
 ミックの「これは彼の作品の中で、初めて『ギミー・シェルター』が使われていない映画だね」と発言して、会場を笑わせたそうだ。

ベルリン映画祭にザ・ローリング・ストーンズ登場

 最後に以前に一度紹介したことがあるけれど「Shine A Light」の予告編をどうぞ。



 この映画、ビーコンシアターで収録されたストーンズのライブ映像がメインの映画だと思うけれど、随所に過去のインタビューが挿入され、予告編と同じく監督のスコセッシも登場するようだ。
 これは、ストーンズとスコセッシ好きのぼくには、たまらない映画になりそうな予感がする。今から公開が待ち遠しいぞ!

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| ローリング・ストーンズ | 21:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今晩は、woodstock69さん。

 ストーンズのサントラ盤は意外でしたね。それにしても映画のサントラ盤って今までありましたっけ? なんか記憶にないですが、実質、これが「ビガーバン」のライヴ盤となるのでしょうね。選曲が気になるところですが、できたら定番曲中心よりもコアなナンバーで構成して欲しいです。これはあくまで個人的な意見です。定番曲がそろそろ飽きてきたもので(笑)。映画のほうはクリスティーナ・アギレラやバディ・ガイの姿がチラッと見えました。こちらも興味深いですね。映画のほうは公開されたら久々に映画館に足を運ぼうかなと思ってます。サントラ盤はあまり買いませんが、ストーンズなら高音質で聴きたいぞ、って思います。これはどこまでもストーンズばかな男の言い分。勿論ぼくのことです。でもけっして恥ずかしいことではありませんね(苦笑)。

| 活字中毒 | 2008/02/13 21:53 | URL | ≫ EDIT

活字中毒さん、こんにちわ。

このエントリーを書いた直後から、少々多忙になり、せっかくコメントをいただいたのに、お返事が遅くなって、どうもすみませんでした。

ストーンズのサントラ盤ですが、映画「Let's Spend the Night Together」の公開に伴って「Still Life」がリリースされていますね。
今回は映画が公開された後に、DVDがリリースされたら、そっちも買っちゃうので、サントラ盤を買うのには少し疑問も感じるのですが、高音質とウワサのSHM-CDの限定盤を予約してしまいました。
分かっちゃいるけど、やめられないのが、ストーンズ・ファンってやつですね。

肝心の中身ですが、収録予定曲を見る限りでは、レアな曲もちらほらとありますね。
前のライブアルバムは、かなり編集の手の入ったものだっただけに、今回はできるだけ加工のない生に近いストーンズの音を聴きたいです。

| woodstock69 | 2008/02/17 15:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/301-0e4b3f23

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。