PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

1億ポンドのオファーを蹴った男

 今日、毎日の巡回コースでもあるBARKSを見ていると、こんなニュースが。

ロバート・プラント、ツェッペリンのツアーを拒否?

 詳細はリンク先を読んでもらいたいが、そこには驚き内容が書かれていsた。

 昨年12月、一夜限りの再結成をしたレッド・ツェッペリンは、再結成ツアーに関するオファーを1億ポンド、日本円にすると約210億円で打診されたという。
 しかし、関係者によると、ロバート・プラントだけが巨額のオファーに動じず「お金じゃない」という結論に至ったそうだ。
 さらに、ジミー・ペイジとジョン・ポール・ジョーンズは再結成ツアーに乗り気だったのに、ロバート・プラントは「(昨年の再結成について)自分たちはまだできるってことを証明できた、それだけ充分だ」と考えてるとも書かれている。

 この先は記事がすべて事実だと仮定した話になるけれど、ホントなら期待してたワールドツアーは実現しないことになる。でも、ロバート・プラントの心意気はあっぱれで「これぞ、ロック」という感じがしないでもない。

 ただ、昨年の再結成も「ありえない」という推測の中で、密かにリハーサルが進められていたという経緯もあるから、ロバート・プラントが本当に「1億ポンドのオファーを蹴った男」になるかどうかを見極めるには、もう少し時間が必要かもしれない。

 さらにZEPネタをもうひとつ。「TARGIE」日本で行われたジミー・ペイジの記者会見の全文が掲載されていた。
 スポーツ紙などでは「別に」ばかりが強調されていたが、このページを読むとジミー・ペイジの正確な発言内容が把握できると思う。

 この記者会見でも、ジミー・ペイジは再結成ツアーについての明言を避けているが、一夜限りのライブの1ヶ月後にメンバーのミーティングあり、再結成について話し合いの場が持たれたことは明らかにしている。しかし、ロバート・プラントのスケジュールが今年の9月まで詰まっているために「現時点では、再結成がいつになるかは言えない」らしい。

 いずれせよ、ZEPがワールドツアーを行うかどうかの鍵は、ロバート・プラントが握っているようだ。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| レッド・ツェッペリン | 15:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

プラント氏のテンションの低さ加減からして望み薄ですねえ。

| Kin | 2008/03/06 21:32 | URL | ≫ EDIT

Kinさん、こんばんわ。
ロバートさん、乗り気薄のようですが、単純計算して、一人あたり50億円のオファーを蹴っちゃうなんて、すごいなあ。

最近、多くのバンドが再結成をして、ワールドツアーに出て稼いでますよね。
そんな中、ZEPの再結成がホントに一夜限りの夢だったとしたら、違った意味でかっこいいと思います。
もちろん、もう見られないとしたら、とっても残念なんですが・・・・。

| woodstock69 | 2008/03/06 23:10 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/306-968918ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。