PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

フェンダー・ジャパンのツイード・チャンプ

 2年前にギターを再開した時から、ずっと欲しかったアンプがある。フェンダーのツイード・チャンプだ。
 これまで、色々なアンプを試してきたけれど、クラプトンが「レイラ」のレコーディングにも使ったというツイード・チャンプが欲しいという気持ちは、いつも心のどこかにあった。ぼくにとって、ツイードの生地をキャビネットに貼り付けた小粋で小柄なアンプは、常に魅力的な存在だった。

 でも、このアンプには手が届きそうで届かなかった。
 価格やメンテナンスを考えると、ビンテージのオールドアンプは論外だし、フェンダーUSAの現行モデルには、よく似たスタイルの「Pro Junior」「Blues Junior」があるけれど、どちらも残念ながらツイード張りではない。

 限定生産の「Blues Junior」のツイード版なんてのも見つけたが、これにはレリック加工してあるのが気に入らない。


Fender USA Blues Junior Lacquer Tweed “Relic”

 一時期は元祖チャンプの復刻版「Champion 600」の購入も真剣に考えた。
 これを持っている友人が数人いて、誰に聞いても評価の高いアンプなのだが、やはりツイード張りではないのがネックになって、買うまでには至らなかった。

 こうなると選択肢はフェンダーのツイードアンプの回路を部品や素材を含めて、精巧にリバイバルさせているヴィクトリアあたりのチャンプしかないとも思ったが、これはかなり高価な買い物になる。


Victoria Amp #518-T Champ

 うーん、すごくそそられる一台でしたが、さすがにこれは買えません。


 このように「ツイード・チャンプが欲しい、欲しいよお」と物欲ムラムラで、あーでもないこーでもないと考えていた、今年の3月の終わり。いつものようにハードオフをブラブラしていると、アンプのコーナーの片隅にツイード柄のアンプが見えた。
 「どーせ、どこかの安物のチャンプもどきだろう」と思いながら近づくと、アンプの正面にはまがいもなく「Fender」の金属製のプレートが!
 そして、プライスカードに書かれていた値段は31.500円。「これは何かのまちがいか」と、もう一度プライスカードを確かめると、メーカー名が「Fender Japan」となっていた。

Fender Japan Tweed Champ

 ネットや本を見て、エレキギターのブランク期間の約25年は必死に埋めたつもりだったが、フェンダージャパン製のツイード・チャンプがあったことは知らなかった。
 目の前にあるのは、まちがいなくフェンダーのツイード・チャンプ。でも、ぼくには日本製のチャンプがどのような素質を持ったアンプで、付けられている値段が適正なものなのかも分からなかった。

 一度、レジに持って行きかけたアンプを元に戻し、家に帰ってネットを検索してみると、フェンダー・ジャパンのツイード・チャンプは1990年前後に生産されていたもので、HPなどを見ても、ユーザーの方の評価が高かった。さらに、ヤフオクに出品された場合も35.000円前後で落札されているようだ。「これは買いだ!」。ぼくはあわててハードオフに戻った。

 このようにして、ようやく手に入れたツイード・チャンプだが、日本製のチューブアンプから出てきたトーンは、ひと言でいうと「クリーンで素直」。とにかく、クリーントーンが素晴らしい。
 特にシングルコイルのフェンダー系のギターによく似合う澄んだ音色は、惚れ惚れするほどの美しさだ。もちろん、ハムバッキングのギターをプラグインしても、甘くて太いトーンが出てくる。とにかく、このアンプはギターの持っているトーンを変に加工せずに、素直に出力してくれる気がする。
 ついでに、自分のピッキングやアタックのニュアンスなどもモロに出てしまうから、落ち込むことがありますが・・・・。

Fender Japan Tweed Champのコントロールパネル

 アンプの構成はナローパネルに8インチスピーカー、使われている真空管は6V6GTA×1、12AX7×1とオリジナルのチャンプと同じだが、コントロールパネルにはトレブルとベースのつまみが付いている。ひょっとしたら、このアンプは回路的には60年代に生産されていたブラックパネルのチャンプをコピーしているのかもしれない。
 ぼくは基本的にどちらのトーンもフルアップにしているが、テレキャスターなどハイの強いギターで、高音が耳につくような場合はトレブルを少し絞る。しかし、フルアップのままでも耳に痛いほどの高音にならないあたりは、さすがにチューブアンプだと思う。
 さらに、ボリュームを上げた時の箱鳴りにも、軽くリバーブがかかったような残響感があって、とても良い感じだ。

 唯一の欠点はフルテン近くまでボリューム上げないと、トーンがドライブしないことかもしれない。プリ管を換えれば、歪みのポイントが変化するのかしれないけれど、現状では目盛り9あたりでも、ようやく軽いクランチといったところだ。おそらく、普通の家ではクランチまでもボリュームは上げられないだろう。
 でも、ぼくはこのアンプに変な色付けをしたくないので、エフェクターなしで使うようにしている。クリーントーンで自分の弾き出すギターの音と素直に向き合うべきアンプだと思うからだ。

 今なら中古を比較的お手軽な値段で買えそうな、フェンダー・ジャパン製のツイード・チャンプ、これは隠れた名機かもしれないですぜ。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材ランキングへ

| エレキギター、再び | 23:11 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

待ってました!
私も「ツイードが欲しいよう」熱に苦しみましたが、とりあえずChampion 600で症状をおさめました。でもJAPAN製でこういうのがあったなんて・・・またまた「ツイードが欲しいよう」熱が再燃しそうです。

ところでそのChampion 600ですが、今ではその暖かみのあるクリーントーンを生かして電子ピアノにまでつないでる始末です。これがまたけっこういいんですよー、なんだかうまくなったような音がします。でもピアノまでミスタッチに鋭く反応するのでびっくりですが。

| baco | 2008/05/13 05:29 | URL | ≫ EDIT

おお、そんなのがあったのですね。私も知りませんでした。それとレリックはお嫌いなのですね。私も嫌いです。
>>レリック加工してあるのが気に入らない。
のくだりでニヤリとしてしまいました(笑)

| Kin | 2008/05/15 00:13 | URL | ≫ EDIT

bacoさん、こんばんわ。
この日本製のツイードチャンプ、90年前後のわずかに期間だけ生産されていたようです。
ただ、ネットで検索してみると、意外に愛用している方も多いことが分かりました。
それなりに売れたアンプなのかもしれませんね。

ちなみに作っていたのはロゴが「ELK」の懐かしのエルク電子です。
これは見た目も中身もなかなかのアンプですよ。

ところでチューブアンプですが、おっしゃるとおりに微妙なタッチにもよーく反応しますね。
良くも悪くも「うまくなんねーとなあ」と反省させられる機材なんですよね。

| woodstock69 | 2008/05/15 22:55 | URL | ≫ EDIT

kinさん、こんばんわ。
ぼくも実物を見るまで、こんながあったのを知りませんでした。
でも、値段の割にもクオリティーの高い1台だと思います。

レリック加工、アンプまでいくとやり過ぎ(ぼくはギターの場合も好きじゃない)ですよね。
いくらなんでも、スピーカーのネットまで破いちゃいかんと思うのですが・・・・。

| woodstock69 | 2008/05/15 22:59 | URL | ≫ EDIT

レリック化工は、新品を買って帰っても
「中古だ」
と誤魔化せるのが最大の利点ではありますが(笑)、
破けと錆びはちょっと嫌ですねえ。

| Kin | 2008/05/16 00:12 | URL | ≫ EDIT

Kinさん、こんにちわ。
レリック加工はギターを知らない人には理解不能の仕上げでしょうね。
「どうして、こんな汚くしたものを買うの」と思われるはずですよ。
その点では「これは中古だよーん」と言い切るには、ぴったりもかも。

でも、機能に関わりそうな部分まで汚すのはちょっとねえ。
やっぱり、ぼくはきれいなものを自分なりに使い込んでいきたいです。

| woodstock69 | 2008/05/18 14:31 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。
いまさらですが、ブルースjrはツイードレリックしてないのもあります。Pro Jr も。
最近出たのはラッカー付きで出てますね。
根気よく探せば見つかるかも。
10年前にはこれのラッカーしてないのが出てます。
フェンジャパチャンプホントにいい音しますよね。
こいつのwoodチャンプという木でできたやつも出てるんですがこいつはもっとなりますよ!
あと小さい音で歪ますのは可能です。
エフェクターかましますが・・・。
それでもいいエフェクター使ったらホントにこいつの音しっかり出してくれます。

ピアノにつなぐってのは初耳でした!
今度挑戦してみます!

| atushi | 2009/07/05 12:04 | URL | ≫ EDIT

atushiさん、はじめまして。

「Pro Junior」と「Blues Junior」のツイードでレリックなしがあったんですね。
さらにラッカーフィニッシュも発売されていたとは知りませんでした。

実はフェンジャパのチャンプにかなりの満足感があって、このエントリーを書いた以降、ツイード熱は一段落。
近ごろはマーシャルに浮気をしてました。
でも、ウッドチャンプというのは気になります。
キャビネットの造りはアンプの音に影響大ですからね。

そういえば、最近になってフェンダーから「57 Champ」というのが出ましたが、あれも良さそうですね。
値段もかなりのものですが、フィンガー・ジョイントによるソリッド・パイン材のキャビネット、ハンドワイヤリングというのは、実に魅力的な響きですね。

| woodstock69 | 2009/07/05 22:05 | URL | ≫ EDIT

迷います。
はじめまして、
やっぱりこのfen japのtweedchampと今売ってるchampion600では音が違いますかね~?
回路的には同じような感じだと思うのですが、真空管も同じだし…
今、どちらを買おうか考え中です。
かたや中古、かたや新品なので余計に迷ってしまいます。

| グーフィ | 2009/07/24 15:55 | URL | ≫ EDIT

グーフィーさん、はじめまして。
コメント、どうもありがとうございました。

フェンジャパのツイードチャンプと現行のchampion600の音ですが、厳密にいうとかなり違うと思います。
確かに回路的には良く似ているかもしれませんが、キャビネットの構造やスピーカーの種類が異なると、アンプの出音はかなり変わってきます。

ただ、どちらもフェンダーらしいトーンで、良いアンプだと思いますよ。
あとは好みの問題になるので、できれば実際に鳴らして、弾き比べてみるのが、一番でしょうね。

ちなみに、個人的にはトーンの付いているフェンジャパのツイードチャンプのほうがより使い勝手が良いと思っています。

| woodstock69 | 2009/07/25 18:03 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます!
さらに悩みますね~。
こう言う時が一番幸せなんですが…。
どこかで一度試奏してみます。

| グーフィ | 2009/07/26 12:23 | URL | ≫ EDIT

グーフィさん、こんばんわ。

アンプ選びは悩みますが、最後は自分の感性を信じるしかないと思います。
試奏してみて「これだ!」と思った1台を手に入れてくださいね。

| woodstock69 | 2009/07/31 19:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/324-4828b378

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。