PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピックアップが簡単に取り替えられるレスポール

 今日、いつものようにネット上の楽器屋巡りをしていると、イケベ楽器で下の写真のレスポールを発見した。
 このナチュラルフィニッシュのレスポール、見た目はエスカッションとピックガードがないくらいしか普通のレスポールと変わりはないれど、ボディの裏から簡単にピックアップが換えられるそうだ。


Gibson Guitar of the Month Les Paul Push-tone

 ちなみにボディ裏の写真はこんな感じ。金属製のプレートが露出して、ちょっと不細工だが、おそらく裏からカチャンと差し込むだけで、ピックアップを交換できるようになっているのだろう。ハンダ付けも不要とのことだから、ピックアップ、ボディの両方に接点のあるカートリッジ式のようになっているのかもしれない。
 ピックアップは通常のハムバッキングの他に、P90タイプが付属しているので、ハムバッキング×ハムバッキングP90×P90P90×ハムバッキングハムバッキング×P90の四通りの組み合わせが楽しめる。1台のギターでこれだけのトーンバリエーションが楽しめるのは画期的かもしれないな。

 このピックアップ交換式のレスポールはギブソンが毎月千台だけ限定生産する「Guitar of the Month」の中の1台で、その他にもリバースのエクスプローラーがあったり、シルバーバージョンのSGがあったりして、なかなか面白い。
 自動チューニングのロボットギターといい、近ごろのギブソンは老輔らしくないアグレッシブなギター作りもしているような気がするなあ。

 でも、ピックアップをカートリッジ式にして、簡単に交換できるようにするという考え方は、実はそれほど新しいものでもない。
 1960年代後半に発売され、キース・リチャードが愛用したことでも有名なアンペッグのクリスタルギターには2種類のピックアップが付属し、さらに別売りで5種類のピックアップが存在したそうだ。この透明ギターの見た目のインパクトは、未だに強烈で、ぼくが密かにあこがれている一本だったりもする。

 アンペッグのクリスタルギターについては「ギター・ショップ・マロ」というHPに、かなり詳しいこと(左メニューの「その他-輸入」の「アンペグ・クリスタル」を参照)が書かれているので、そちらをご覧下さい。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材ランキングへ

| エレキギター、再び | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/332-ab9decd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。