PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

友人手作りのエフェクター SUPER HARD-ON

「SUPER HARD-ON」

 今回紹介するエフェクターは、友人が自作したブースター「SUPER HARD-ON」だ。
 ぼくは電気的な知識など皆無なので、SAMURAI Soundのキットを買って「Crazy Fuzz」を作ったが、大阪に住んでいる友人が「1個作るのも、2個作るのも、手間は同じだから」と送ってくれた「SUPER HARD-ON」は、ネット上に公開されていた回路図を読み取り、一から部品を揃えたホントの自作エフェクターである。

 つまみが1個のみというシンプルなブースター「SUPER HARD-ON」は、「Z.VEX」というメーカーが作っている同名のエフェクターのコピーだ。


ZVEX Super Hard on

 ケースのペイントまで手書きというハンドメイドエフェクターらしいが、普通に買えば、とても高価なブースターだ。でも、自作すれば、材料費数千円で作れてしまうらしい。

 これまで、ぼくはブースターというエフェクターを使う意味がよく分からなかったが「SUPER HARD-ON」を使ってみて「なるほどね」と思ったことが、いくつかある。
 まず、単純に音量の切り替え。バッキングからリードに移る時、ブースターを踏んでギターの音量を上げて、ガッンと弾く使い方だ。
 でも、ぼくは「SUPER HARD-ON」を常にONにしたままギターを弾いている。これを使うとギターのトーンが艶やかになり、アンプがワンランクアップしたような気がするからだ。
 
 ぼくが使っている友人が自作した「SUPER HARD-ON」は、つまみが2時の位置あたりまではクリーンブースターとして使える。あるポイントまでは、ギターのトーン自体にそれほど味付けをするエフェクターではない。
 しかし、これをONにしているとギターのピックアップの力を増幅して、最後の一滴まで搾り出すような効果があるような気がするのだ。常時ONにしていても邪魔にならず、ギターの持っている性能を引き出す。ぼくにとって「SUPER HARD-ON」は、そんな役割をしてくれるエフェクターである。
 さらに「SUPER HARD-ON」を歪み系のエフェクターの前に置くか、後ろに置くかでも、トーンがかなり変わってくる。ブースターというエフェクター、追求していけば意外に深い世界がありそうだ。

 ちなみに「SUPER HARD-ON」の元ネタを作った「Z.VEX」を主宰するザッカリー・ベックス氏は「エフェクター界の奇才」と呼ばれているらしい。日本語の公式HPに掲載されているインタービューを読むと、その片鱗がうかがえる。


Z.VEX Fuzz Factory

 彼の作った「Fuzz Factory」は、かなりの「変態ファズ」らしく、慣れるまではまともな音を出すことすら難しいそうだ。
 しかし、使いこなせるようになれば、極悪な歪みからヴィンテージ・ファズのトーンまで出せるという「Fuzz Factory」。奇才の作った変態ファズってだけで、かなりそそられるものがあるぞ。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材ランキングへ

| エレキギター、再び | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/338-5e5445d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。