PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

一番好きなストーンズのライブ・アルバム

B000E6G4X2ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト!(紙ジャケット仕様)
ザ・ローリング・ストーンズ

 ローリング・ストーンズのファンサイトなどの情報によると、彼らは現在パリでレコーディング中で、ニューアルバムを発表後、9月からツアーに出るようだ。
 これまでと同じパターンだと年内は北米ツアー、そして来日は来年の3月頃だろうか。いずれにせよ、再びローリング・ストーンズの動きに一喜一憂し、チケットの手配に奔走する日々が来そうだ。

 ぼくが初めて聞いたローリング・ストーンズのライブ・アルバムは「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト」。確か中学三年生の時で「こんなん聴いてたら、不良になるわ」と感じた。ロックにまだあまり免疫のない少年には、それぐらい暴力的な音に聴こえたのである。

 今聴いても、暴力的でラフなサウンドは変わらない。ローリング・ストーンズのどのライブ・アルバムよりもエッジの立った音だと思う。
 彼らも若かったし、時代背景もあるだろう。しかし、ピンピンにとがった音の理由は収録されている「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」や「ミッドナイト・ランブラー」「悪魔を憐れむ歌」「ストリート・ファイティング・マン」といった今やストーンズ・クラシックともいえる定番ソングが、まだ湯気の出そうな新曲だったからではないか。
 とにかく、このライブ・アルバムが収録された1969年頃のローリング・ストーンズのパワーはもの凄かったのだ。

 ちなみに、この頃のセットリストを見ると、ステージで演奏するのは15曲前後、時間にして1時間半。これは今よりも1時間も短く、おそらくステージでは最初から最後まで全力疾走だっただろう。そんな濃縮されたスピード感を充分に感じられるアルバムである。ぼくは数あるローリング・ストーンズのライブ・アルバムの中で「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト」が一番好きだ。

| ローリング・ストーンズ | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/34-660b2408

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。