PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジョージ・ハリスンとポール・サイモンのデュオ

 すっかり秋深しの北海道では、平地でも紅葉が始まった。
 ただ、今年の紅葉は少し彩りが悪い。本来は暑いはずの8月に低温が続き、9月の方が暖かかったせいだろう。

 毎年、この時期なると、ぼくは古めのジャズやアコースティックな音楽が聴きたくなる。もちろん、派手なロックも聴くけれど、秋の夜長はいつもより少し思慮深く、静かに過ごしたい。

 そんなことを考えながら、いつものYouTube巡りをしていて発見したのが、ジョージ・ハリスンとポール・サイモンのデュオの映像。
 まずは「Here Comes The Sun」を。



 この映像、1976年のサタディ・ナイト・ライブのものだが、2人の息もぴったりで、とても即席のデュオだと思えない。
 「アビー・ロード」に収録されている原曲は、もちろん名曲中の名曲。でも、ギター2本というシンプルな構成で、春や秋の穏やかな日差しを感じさせるデュオ・バージョンは、それすら上回るような曲になっていると思う。

 次はサイモンとガーファンクルの名曲「Homeward Boud」。



 この曲も最初から最後まで完璧。ジョージが二番を唄うのだが、まるで自分の持ち歌のようだ。
 こういうのを見せられると「この2人は『サイモン&ハリスン』でレコードの1枚でも作ればよかったのになあ」と思ってしまう。

 ついでに、ぼくが好きな2人のアルバムを紹介を。

 まず、ポール・サイモンは「グレースランド」。

GracelandGraceland
Paul Simon


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 南アフリカのミュージシャンを起用して製作されたアルバムで、リリース当時はアパルトヘイト政策に関連しての批判もあった。
 しかし、そんな政治的な背景も過去のことになった今では、このアルバムは単純に音楽として素晴らしくて、色あせることのない名盤だと思う。

 ジョージ・ハリスンの場合は代表作の「All Things Must Pass」や「Cloud Nine」ではなく、あえてこれを選びたい。

George Harrison
George Harrison
B00014TJ6Q

 原題は「George Harrison」と彼の名前のまんまだが、邦題は「慈愛の輝き」。
 日本で独自に付けられる邦題には的外れなものも多いが、これはアルバムの中身を見事に表現した素晴らしいネーミングである。

 「慈愛の輝き」はジョージの死後にクラプトンもカバーした「Love Comes To Everyone」から始まり「Here Comes The Sun」の続編ともいえる「Here Comes The Moon」、キャッチなーメロディの隠れた名曲「Blow Away」などが続くジョージらしい柔らかなムードに溢れた1枚。個人的には彼のソロキャリアの中で一番好きなアルバムだ。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
↑ にほんブログ村 音楽ブログ ロックランキングへ

| ビートルズとその周辺 | 19:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

woodstockさんこんばんわ。
いいもの見させていただきました!
とっても素敵な歌、ハーモニー、ギターですね。
このときのジョージってすごい男前。
ジョージはビートルズでなかったらもしかしたらあっち側(フォーク系というかなんというか)の人だったのかも、と思わせるくらいハマってますね。

久しぶりにYouTubeの映像をiPodに変換保存しましたよ。

| baco | 2008/10/25 04:43 | URL | ≫ EDIT

bacoさん、こんばんわ。

この映像、ちょっと前から何度か見ていたのですが、良いでしょ。
2人のハモリやアコギのからみは、とても即席だとは思えないんですよね。
ギターはお互いにマーティンだから当然かもしれませんが、声の質もよく似ているような気がします。

さらに、この時のジョージはヒゲがなくって、やけにスッキリしている。
繊細なフォーク系の好青年ってイメージが、唄にも合っているんでしょうね。

いずれにせよ、ジョージなき今では、静かな奇跡といえるようなセッションだったのかも。

| woodstock69 | 2008/10/25 21:14 | URL | ≫ EDIT

よろしければリンクお願い思案す。

| a juck | 2008/10/27 22:18 | URL | ≫ EDIT

woodstockさんこんばんはー。

ポールと言ったらサイモン!な私なので、
これはビデオで持ってましたー。(小さな自慢)
私もすごくお気に入りのデュエットなのですが、
当時のポールくんのレイラ姫(元嫁)ちっくな髪型が気になって、
あまり真剣に見てませんでした…。
でも、こうして2曲合わせて聞くと、
本当に「サイモン&ハリスン」が存在してたかのようですね。

北海道はもう紅葉してるのですね。
こちらも日中はまだポカポカしてたりしますが、
夜は冷え込むようになりました。
おかげでこの前はお腹壊してしまいました。
でも、紅葉にはまだまだ早いようです。

| マルディちゃん | 2008/10/30 18:44 | URL | ≫ EDIT

a juckさん、はじめまして。

リンクの件ですが、現在、諸事情により、他サイト様とのリンクを一時的に中止しています。
コメントをいただいたのに申し訳ありませんが、今回のお申し出は辞退とさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

| woodstock69 | 2008/10/30 22:35 | URL | ≫ EDIT

マルディちゃん、こんばんわ。

ぼくはポールといえば、マッカートニーかウェラーなのですが、もちろんサイモンも好きです。
そして、このデュオなんですが、最近のYoutube映像の中で、一番のお気に入り。
「どうして、この2人は一緒にレコードの一枚も残さなかったのか?」と不思議になるくらいに、見事なハマリ具合ですよね。
こういうのを見ると「エレキだけではなく、アコギもきれいに弾けるようになりたい」と思います。

この1週間で、平地でも紅葉がほぼ終わって、冬枯れの季節が近くなりました。
雪が降るまではホントに殺風景なので、ぼくは北海道の1年の中で、この時期だけが苦手です。
暗くなるのも、すごく早いので、早く冬至が過ぎろと願う日々といったところかなあ。

| woodstock69 | 2008/10/30 22:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beatbeat.blog72.fc2.com/tb.php/362-ac646573

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。